アクア、ヴェゼルなど怒涛の12台! 2021年のスクープ新車カレンダー上半期版

アクア、ヴェゼル、レクサスNXなど怒涛の12台! 2021年のスクープ新車カレンダー上半期版

 2021年に登場する新車を登場月順に紹介する、ベストカーでなければできないスペシャル特集! 1年間という長いスパンのため、上半期(2021年1~6月)と下半期(2021年7~12月)に分けてお届け! 今回は上半期のとっておき情報をご覧いただきたい!!

 コロナ禍で厳しかった2020年にも魅力的な新車が続々と登場したが、2021年はさらにスケールアップ! 1月から大物モデルがスタンバイしている。

 注目は電動化がどこまで進むかだが、日本車の場合、もはやハイブリッドは当たり前のパワーユニットとなっており、商品力、走りの楽しさをどう向上させるかがポイント。また、ピュアEVの新型車も増えていくのは確実だ。

 一方で、効率向上が目覚ましい内燃機関もまだまだ元気。「ガソリン車の販売禁止」が話題となっているが、純エンジン車の輝きは終わらない。2021年に登場する新車を見れば、これからの日本車の動きがわかる。渾身特集、ぜひ、お楽しみください!

文/ベストカー編集部
写真/MAZDA、NISSAN
CG/ベストカー編集部
※ベストカー2021年1月26日号

【画像ギャラリー】今年も熱いぞ! 2021年スクープ新車大全集(上半期)を一挙にチェック!!


■1月 本命のEVがついに登場 マツダ『MX-30(BEV)』

 2020年10月に2Lのマイルドハイブリッドで登場した『MX-30』にピュアEVが追加される。

 欧州では2020年9月から販売されており、もともとEVが本命というクルマ。2022年にはロータリーエンジンを発電専用に使うレンジエクステンダーEVの発売も予定されており、マツダの電動化戦略の先陣を切るクルマとなる。それらの総称としてパワーユニットは「e-SKYACTIV」の名称が付く。

いよいよ日本でも本命のEVが2021年1月に発売開始。日本COTYでデザイン・オブ・ザ・イヤーを獲得した外観とコルクを使った上質で個性的な内装はそのままに、新たな世界を提供する

 独自の観音開きドアを使った外観や内装はマイルドハイブリッドのMX-30と同じ。35.5kWhの小容量リチウムイオンバッテリーを搭載するため航続距離は200kmと短いが、マツダとしては、そこは割り切っているところ。欧州での価格は約410万円からで、日本でも約40万円の補助金を引いて300万円台に収まるあたりの価格が予想される。

 以前は法人リースのみの販売からスタートとされていたが、その後の電動車への期待の高まりに合わせ、一般販売の可能性も出てきている。その動向に注目したい。

※編集部注:2021年1月28日にマツダ初の量産電気自動車として、同日から『MX-30(BEV)』を発売することが発表された。価格は451万~495万円となっている。

■2月 ベーシック軽の進化型登場 スズキ『NEWアルト』

 9代目となる新型アルトが登場する。現行型から採用された軽量プラットフォーム「ハーテクト」の進化系とハスラーに搭載された新開発の直3、660㏄エンジンを採用し、マイルドハイブリッドも用意される。もちろん、徹底的なコスト管理がなされ、アルトの伝統であるコスパの高さを踏襲。市民の足として存在感を発揮する。

加速時にモーターでエンジンをアシストするエネチャージを採用する新型アルト。ベーシック軽の魅力を追求

次ページは : ■2月 シャープな顔の3列シートSUV 三菱『NEWアウトランダー』