レクサスはデカいほうが売れるのか!? レクサスRXがUXよりも売れる理由とは?

 2020年、コロナ禍の影響を受けながらも売れ行きを伸ばした、トヨタ、そしてレクサス。なかでも、ラージサイズSUVのRXは、数あるレクサスラインナップのなかで、ダントツに売れた。

 昨今のSUV人気のなかにおいて、SUVがトップセラーであるのは理解できる。しかし、RXは車幅ほぼ1.9mと、日本で乗るには若干怯むボディサイズである。レクサスには、使いやすいサイズのミドルサイズSUVもあるのに、なぜラージサイズのRXが人気なのか、考えてみようと思う。

文/吉川賢一、写真/LEXUS

【画像ギャラリー】内装写真もあり!! 大人気のラージサイズSUV、レクサス RXを見る!!


■NXの約1.5倍も売れたRX

日本の道路事情を考えると選ぶのを躊躇するレクサス RXだが、実はかなりの売れ行きを見せている

 レクサスブランドのSUVは、上級からLX、RX、NX、UXといったラインアップで、クロスカントリー路も走破できる本格クロカンSUVから、コンパクトサイズのエントリーラグジュアリーSUVまで揃っている。

 なかでも、RXとNXはコンセプトが近く、2台はよく比較されるのだが、販売台数をみると、2020年はRXがNXの約1.5倍も売れている。

2020年(1-12月)は、UXを抑えてRXがレクサスで最も売れたSUVとなった

 ただ、よくみると、ハイブリッド仕様の販売割合が高いNXやUXと比べて、RXはガソリン仕様のRX300が、半分近くの割合となっている点も特徴的だ。

 そして、このRXのガソリン仕様が、NXのハイブリッド仕様と、たった5万円差の違いしかいない。この程度の価格差であれば、NXよりも車格がひとつ上のRXを選びたくなる心理も想像がつく。

 しかし、RX全体の販売台数の半数以上は、ハイブリッド仕様だ。NXのハイブリッド仕様との価格差だけでは、RX人気の説明はつかないように考えられる。

■デカさこそが魅力!!

堂々たる車幅を持つぶん最小旋回半径は大きく、日本の狭い駐車場ではかなり苦労するだろう

 RXのボディサイズは、全長4890ミリ、全幅1895ミリ、全高1710ミリ。ラージミニバンのアルファードでも、全長4950ミリ、全幅1850ミリ、全高1935ミリであり、RXのほうが45ミリも幅が大きい。

 RXは、このサイズをうまく生かした、シャープでダイナミックなエクステリアデザインを持っており、他のSUVにはない迫力がある。

 もちろんボディが大きくなれば、街中の取り回し性能や、小回り性能は苦手となる。

 また、RXの最小回転半径は5.9メートルと異様に大きい(200系ランクルと同じ)。FFもAWDも同じだ。全長4640ミリ、全幅1845ミリと、日本では標準的なサイズのNXの最小回転半径は5.3メートル(※17インチの場合。18インチだと5.6メートル。ハイブリッドだとさらに0.1メートル増加)だ。

全長はUX<RAV4<NX<ハリアー<RXの順列で大きくなるが、RXの他は、ほぼ1850ミリ前後に収まるサイズだ RXの幅広さが際立っている

 最小回転半径のこの差は、かなり大きく、RXの小回り性能だと、日本の狭い駐車場では、取り回しに苦労していることだろう。

 大きくて取り回しがしづらいRXだが、日本車離れしたダイナミックかつスタイリッシュなデザインは、あの車幅あってのことだ。これこそが、RXの最大の魅力なのだろう。

NXのインテリア。個々のデザインは良いが、センターコンソールの広さはRXと比べると明らかに狭い

 また、車幅の広さは、インテリアの造形にも影響を与えている。NXのインテリアは、RXと比較しても、装備面やデザインの面で、決して引けを取っているわけではない。

 しかし、NXに対して50ミリも車幅が広いRXは、ダッシュボードやインパネ周りが伸びやかに使え、ぎっちりとレイアウトする必要がないためか、優雅でおおらかな雰囲気が漂っている。

RXのインテリア。広いセンターコンソール上は、木目調パネルやパネル淵にあるアルミ調加飾などが施されており、豪華な印象だ

 NXやRXを購入する顧客層は、レクサスブランドが持つ上質な雰囲気を求めて、購入していることだろう。しかしNXは、いかに効率的なレイアウトをし、豪華素材を使おうとも、RXの余裕のある雰囲気を出すことはできていないように思える。

 インテリアを重視した選択をするならば、やはりRXのほうが断然有利であり、レクサスの「高品質感」を求める方には、RXの方が魅力的に映るのだろう。

■次期型にはラグジュアリーSUV最高のコスパを期待!!

2018に登場したコンセプトカー「LF-1 Limitless」は、最高級ラグジュアリークロスオーバーSUV ポルシェカイエンやランボルギーニウルスといった、名だたるラグジュアリーSUVと戦うことを目指している、という。このデザインテイストが、RXに行かされるのは間違いない

 現行型レクサスRXが登場したのは、2015年10月。そろそろ6年目へと突入するタイミングだ。2代目まで、RXとモデルを共用していたトヨタハリアーが、2020年6月にフルモデルチェンジをしたことから、RXもそろそろ次期型が登場するのでは!? と期待されている。そこで、次期型RXに期待することをあげてみよう。

 トヨタ/レクサスには、RAV4やハリアー、ESなどで話題となった最新技術がたくさんある。

 レクサスESから導入された、デジタルアウターミラーや、ハリアーに搭載した調光パノラマルーフなど、それらを次期型RXに投入し、さらにレクサス流の上質な内外装デザインが施されれば、次期型RXは全く隙のないクルマとなるにちがいない。

 あとは価格だが、ヒエラルキーで下に位置するUXやNXとの関係を考えると、現行RX以上の価格となると思われ、もしかするとNXとの人気の差は、次期型ではなくなっていくかもしれない。

 とはいえ、新型ハリアーを想定外に安く仕上げてきたトヨタである、期待はできるだろう。2022年登場とウワサされている次期型RXには、要注目だ。

【画像ギャラリー】内装写真もあり!! 大人気のラージサイズSUV、レクサス RXを見る!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ