踏み間違い防止の切り札!?? 愛車は吊り下げ式かオルガン式か アクセルペダル配置の長所と短所


 昨年2020年6月の登場以来、快進撃を続けている、トヨタハリアー。今年に入ってからも、1月の販売台数は、登録車全体の4位(9117台)にランクインするなど、いまだ好調な売れ行きを維持しています。

 ハリアーは、前型では、アクセルペダルに吊り下げ式ペダルを採用していましたが、今回のモデルではオルガン式ペダルとなりました。プラットフォームを共有するRAV4も、現行モデルはオルガン式です。

 国産車にも広がりつつある、オルガン式ペダル。今回はアクセルペダルの吊り下げ式とオルガン式それぞれの特徴やメリットデメリットについて、そしてどちらが安全なのか、考えていこうと思います。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、MAZDA、ベス、トカーWEB編集部、写真AC

【画像ギャラリー】オルガン式ペダルを採用する主要国産車をギャラリーでクイックチェック!!


宙に浮いている吊り下げ式と、床から生えているオルガン式

 文字通り、吊り下げ式ペダルは、上から吊り下がっている形式のペダルこと。ステアリングホイールのシャフトの下あたりを支点として、リンク棒に装着されたペダルを、足裏の上半部で操作するペダルです。

トヨタヤリスのペダル 慣れ親しんだ吊り下げ型で、アクセルとブレーキの踏み換えはしやすい

 一方のオルガン式ペダルは、ペダルがフロアから生えている形式。ペダルの下端を支点として、フロアに蝶番で固定されており、足裏全体で操作するペダルです。

V37型スカイラインハイブリッド オルガン式のアクセルペダルを採用

 当然のことながら、宙に浮いている吊り下げペダルを操作するのと、床から生えているオルガン式ペダルを操作するのでは、アクセルペダルを踏む際の操作感に違いがあります。

日本の交通事情に向いている吊り下げ式

 吊り下げ式ペダルのメリットは、ブレーキペダルのすぐ横に配置するため、ペダルの踏みかえがしやすく、ストップアンドゴーが多い日本の交通事情に向いている、といえます。

ストップアンドゴーが多い都心では、アクセルとブレーキの踏み換え回数も多くなる(PHOTO:写真AC@photoB)

 昔から国産車が採用している配置という理由もあり、日本人にとっては馴染みがある、というのもメリットです。軽自動車やコンパクトカー、ミニバンまで、多くの国産車が吊り下げ式ペダルを採用しています。

 また、アクセルペダルとエンジンのスロットルが、ワイヤーで繋がれていた時代には、(フロントにエンジンがある一般的なクルマの場合)吊り下げ式は、ペダルの動作機構や、ワイヤーの取り回しをシンプルにできたため、コストが安いというメリットがありました。

次ページは : アクセルの踏み加減を調節しやすいオルガン式