もうなんちゃってとは言わせない!? 最新電動4WDは雪道でも使える本格派か


 ハイブリッド車の4WD事情に大きな変化あり!?

 かつては設定が少なく、性能的にもあくまで“簡易型”とされてきたハイブリッド車の4WDが、いま大きく進化してきている。

 直近では日産の新型ノート e-POWERが2020年末に4WD車を発売。従来型に対して後輪のモーター出力を大幅にアップさせるドラスティックな“電動4WD”をデビューさせてきた。

 そうは言うものの、やはり従来のイメージからすれば「いわゆる電動4WDって本格的な雪道でも使えるの?」という点は気になるところ。果たして最新の電動4WDは、雪道などでも使える性能を持っているのか? 以下、国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏 写真/NISSAN、TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】本稿で取り上げた日産ノートe-POWER 4WDとRAV4雪上走行写真をみる


HVの4WDはプリウスですら長らく未設定! 技術的なネックは?

歴代ではじめて4WDが搭載された現行型プリウス(販売期間:2015年~)

 ハイブリッド車などに採用されていた、いわゆる「e-4WD」は、これまで極めて限定的な効能しか持っていなかった。

 先代ノート e-POWERの4WDでいうと、後輪を駆動するためのモーターって僅か4.6馬力。46馬力じゃありません。プリウスの後輪モーターだって7.2馬力しかない。しかも走り出せば、後輪の駆動アシストはまったくなくなってしまう。

 もう少し詳しく説明したい。エンジンで走るクルマの場合、FF車のフロア形状と4WDのフロア形状は決定的な違いを持つ。

 4WDを作ろうとすれば、前に搭載するエンジンから後輪駆動用のドライブシャフトを床下に通す必要が出てきます。したがってFFと4WDに使う2タイプのフロア形状を作らないとならないワケ。

 けれど、ハイブリッド車は、基本的にフロア形状のバリエーションを増やしたくない。そこでプリウスでいえば3代目まで4WDの設定なし。現行アクアだって4WDなし。

 当然ながら降雪地域に住むユーザーから「4WDはないのか?」というプレッシャーを掛けられてしまう。そこで考えたのは、後輪に小さいモーター付けること。

 多くのケースでスタート時にホンの僅か前輪がホイールスピンするだけで走り出せなくなってしまう。そこだけ後輪も駆動してやればOK。

 滑りやすい雪道の発進性能を確保できればいいのなら、走り出しの数秒間、後輪を駆動してやればいい。圧倒的に発進性能は高くなります。ドライブシャフト不要。フロア形状だって変更しなくていい。ユーザーからすれば簡易型であってもFFより100倍安心ということになります。

かつての電動4WDはやはり性能面で本格派に届かず

 ただ、絶対的な性能まで考えたらどうかといえば、キッチリと後輪に駆動力を伝えるフルタイム4WDに届かない。

 走り出したらFFなので、後輪を常時駆動しているような安定感は出ないです。アクセル戻した時のエンジンブレーキだって前輪にしか掛からず。

 なかでも安定感がないのはアイスバーンの下り坂でアクセル戻した時。4つのタイヤにエンジンブレーキ掛ければ安定するけれど、e-4WDだと前輪にしか掛からない。

 雨の日の自転車で前輪だけブレーキ掛けるようなもの。e-4WD、必要最小限の4WDだと思っていい。4WDの安定感みたいなものは享受できません。

現行型アルファードはハイブリッド全車が4WDの「e-Four」。FFはガソリン車のみとなっている

 参考までに書いておくなら、アルファードやレクサスのe-4WD(e-Four)は、最初から大馬力モーターを後輪に採用していたものの、巡航状態になったら“ほぼ”FF(=前輪駆動)の制御。

 後輪をドライブシャフト使ったビスカスカップリングにしてきた歴代フィットのハイブリッドも、巡航時は“ほぼ”FF。フルタイム4WDの安定した走行性能を期待出来なかった。

次ページは : 従来の流れを払拭したハイブリッドの4WDとは?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ