新型ノートが発売1ヵ月で受注2万台を突破! 三つ巴決戦を制することができるか?


 日産が満を持して投入した新型ノートe-POWER。2020年12月23日に発売され、発売1ヵ月後の受注台数は2万台を超え、幸先のいいスタートを切った。

 最新の2021年1月の新型ノートの販売データを見ると、7532台を販売し、総合6位。一方、同クラスのライバルとなるヤリスだが、1万8516台で総合1位。しかし、自販連のデータではヤリス(ハッチバック)とヤリスクロスを合わせたものとなる。この販売台数からヤリスクロスを抜いたヤリス単体の販売台数では9166台。フィット5889台で、総合10位だった。

 新型ノートを狙っているユーザーは、ヤリスHVとフィットe:HEVと、どう違うのか、気になっているのではないだろうか?

 そこで、動力性能、居住性、乗り心地、内装の質感、価格の割安感など、項目別に、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底比較した。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】ノート ヤリス フィット……最新コンパクト3台をじっくり見る


幸先のいいスタートを切ったノートの販売

2020年12月23日に発売された新型ノートはe-POWER専用車として登場した

 2020年12月23日に発売された日産のコンパクトカー、ノートは売れ行きが好調だ。12月の発売から1ヵ月で2万台を受注した。この台数は月販目標(8000台)の2.5倍に相当する。

 現行ノートの発売は12月23日だが、価格などを明らかにする発表は11月24日であった。したがって実質的には2ヵ月にわたり受注をしていた。しかも先代ノートは2012年に発売され(ハイブリッドのe-POWERは2016年に追加)、設計が古くなっていた。新型の登場を待っていたユーザーも多く、2万台の受注は驚くほど多くはない。

 ちなみに先代ノートは、2012年の発売後、2週間で2万2000台を受注した。2016年にe-POWERを加えた時も、フルモデルチェンジではなかったのに、発売後3週間で2万台に達している。

 先代型の実績も振り返ると、新型の2万台も納得できる。また2020年にはコンパクトカーのヤリスも発売されたが、発売後1か月の受注は3万7000台であった。

 そしてノートが堅調に受注した背景には、最近の日産の売れ筋車種が大幅に減った影響もある。ノート+セレナ+デイズ+ルークスの販売台数を合計すると、2020年に国内で売られた日産車の64%を占める。今ではスカイラインなどのセダンは売れ行きが大幅に落ち込み、ティアナは終了した。

ノートのパワートレインは1.2Lエンジン+e-POWER。価格は202万9500円~

 さらにかつて人気車だったエルグランドやマーチは、発売後10年を経過してもフルモデルチェンジされていない。エクストレイルは海外では姉妹車の新型ローグが発売されたのに、日本では安全装備などが劣る旧型を売っている。

 このような具合だから、多くの日産車が販売を低迷させ、一部の車種だけが国内販売を支えている。その基幹車種がノートだから、販売力も集中した。

 数少ない売れ筋車種となれば、新型も力の入った開発をするのは当然で、新型ノートはルノー・ルーテシアや海外で売られる現行ジュークとプラットフォームを共通化した。その上で国内専売車種として造り込み、内外装は上質でシートの座り心地は快適だ。

 注意したいのはグレード構成で、新型ノートには純エンジン車が用意されずe-POWERのみだ。開発者は「低価格(150万~160万円)のNAエンジンがあれば、ここまで質感を高めるのはコスト的に困難だった。e-POWERのみだから、上質に仕上げられた」という。

 ただしここにノートの難しさがある。e-POWERのみだから価格も全車が200万円を超えてしまう。開発者は「先代ノートもe-POWERの比率が75%前後に達していた」というが、逆にいえば25%はNAエンジン車が売れていた。この乗り替え需要は行き場を失う。マーチでは後席が狭く、質感も下がるから、ノートの代わりにならない。

 販売店では「先代ノートのNAエンジン車を使っていた法人などのお客様は、軽自動車のデイズやルークスに乗り替えることも多い」という。先代ノートに相当する実用的で割安なコンパクトカーが存在しないからだ。

新型ノートのコクピット。メーターは7インチのカラーディスプレイを採用

 純エンジン車を用意しないノートは、果たしてヤリスやフィットのライバル車なのか。ヤリスの場合、1.5L直列3気筒エンジンに加えて価格の安い1Lも用意するから、NAエンジンの販売比率が54%に達する。

 フィットはe:HEV(ハイブリッド)比率が高いが、それでもNAエンジンが約30%を占める。ハイブリッド専用車という意味では、ノートのライバル車はアクアという見方も成り立つ。

 しかしヤリスとフィットをハイブリッドに限れば、ノートと共通点が多い。全長が4m前後の5ナンバー車で、全高はいずれも立体駐車場を使いやすい1550mm以下だ。ライバル車と考えて良いため、この3車を機能別に比べたい。

ノートをヤリス、フィットと徹底比較

フィットのパワートレインは1.3Lガソリンエンジンと1.5Lエンジン+2モーターのハイブリッド。写真はハイブリッドの売れ筋グレード、e:HEVホーム


■視界と取りまわし性
1位:フィット
2位:ヤリス
3位:ノート
※対象車はすべてハイブリッド

 街中を中心に使われるコンパクトカーにとって大切な視界と取りまわし性は、フィットが最も優れている。全長はヤリスよりも長いが、フィットは水平基調のボディでフロントピラー(柱)にも工夫を凝らし、前後左右ともに視界が優れているからだ。2位はボディの短いヤリス、3位は全長が4mを超えるノートだが、2/3位は僅差になる。後方視界はヤリスよりもノートが勝るからだ。

水平基調に仕立てられたフィットのコクピット。フロントピラーを従来の半分の厚さに抑え、視界の良さを確保した


■内装の質感
1位:ノート
2位:フィット
3位:ヤリス

 内装の質感はノートが最も優れている。メーターは7インチのカラーディスプレイで、質を高めると同時に視認性も向上させた。質感の2位はフィット、3位はヤリスだがこの2車も僅差だ。フィットの2本スポークのステアリングなどは好みが分かれる。


■前後席の居住性
1位:フィット
2位:ノート
3位:ヤリス

新型フィットの後席に身長170cmの筆者が座ると膝先空間は握りコブシ2つ半、頭上空間にも握りコブシ2つ弱入る

 前後席の居住性はフィットが圧倒的に1位だ。特に差が付くのは後席の広さで、身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ半に達する。この余裕はミドルサイズセダンと同等だ。ウインドウの面積が広いので開放感も味わえる。

 2位はノートで、後席の足元空間を同様の方法で測ると握りコブシ2つ分になる。シートの座り心地も柔軟でリラックスできる。ヤリスは握りコブシ1つ少々と狭い。フィットとノートはファミリーで使えるが、ヤリスは1~2名の乗車に適する。


■荷室の広さと使い勝手
1位:フィット
2位:ノート
3位:ヤリス

フィット最大の特徴ともいえるのがコレ。後席をチップアップすると、ベビーカーや観葉植物など長尺物も積むことができる

 荷室の広さと使い勝手もフィットが1位だ。燃料タンクを前席の下に搭載して荷室の床を低く抑えた。リアゲートの開口下端部も3車の中で最も低いため、荷物を高い位置まで持ち上げる必要はない。

 荷室の横幅はノートに余裕があるが、奥行はフィットが長い。またフィットなら後席を床面へ落とし込むように格納できるから、2名乗車時には大容量の空間を得られる。

 後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。荷室の2位はノートで、3位はヤリスだ。ヤリスは天井を後ろに向けて下降させ、リアゲートも寝かせたから、荷室の高さも低めになった。

次ページは : 走りはノートが圧倒!?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ