旧車オーナーの悩み一発解消! 快適装備の後付けは可能か!?


 ガンガン効くエアコンやパワーウインドウ、リモコンドアロック、バックカメラ、ドラレコ……、こうした現代の快適な装備に慣れ親しんだ人にとって、こうした装備はなくてはならないもの。

 しかし、旧車オーナーにとっては、こうした快適装備はガマンガマンと諦めている人が多いのではないだろうか? ここで考えた。本当に旧車オーナーはこうした快適な装備は諦めるしかないのか、後付けで愛車に付かないのか?

 そこで、S30Z型240ZGのオーナーでもあるモータージャーナリストの岩尾信哉氏が、愛車にこうした快適装備を付けることができるのか、主だった製品をチェックした。

文/岩尾信哉
写真/岩尾信哉 STARROAD クロフネ・ショップ CEP

【画像ギャラリー】旧車オーナーにおすすめ! 後付けで装着できる便利なカー用品をチェック!!


旧車にクーラーを付けたい!

筆者、岩尾信哉氏が所有するS30型240ZG
岩尾氏が所有する240ZGのインパネ。このクルマに現代の快適な装備が付くのか?

 まずは筆者が所有しているS30フェアレディZを例として、後付けパーツとしては大物のクーラー(どうしても“エアコン”と口走ってしまうのはなぜ?)から、手に入られる製品を調べてみた。

 旧車に後付けクーラーを付けたいと考えるのなら、基本的にコンプレッサー、コンデンサー、エバポレーターなどの部品を組み合わせ、平成6(2004)年以前のR12フロン冷媒対応製品をR134aにコンバートする必要があるなどひと筋縄ではいかない。

 補機用12Vバッテリーへの負荷を考慮しつつ、取り付け作業についてもDIYに慣れた“手練れ”でもそう簡単ではないはずで、あくまで専門店での作業が必要になる。

 さらに後付けキットといってもその内容は千差万別、リビルド品から中古品、新品の輸入品まで、加工を含めて装着できるのかを確認しなければならない。

専門ショップのクーラーキット

STAR ROAD クーラーボルトオンキット。価格は21万円(税別)

 調べを進めていくと、米国からの輸入品キットも含めてクーラーキットは、助手席ダッシュボード吊り下げ式が基本、価格は5万円程度のようだ。

 基本は汎用(といっても旧車が対象)製品だが、対応車種として名前が挙がるのは、日本車では日産のハコスカ、ケンメリや初代Z、トヨタの初代セリカといったモデル。キット製品の多くの輸入先である米国のモデルなどが出てくる。

 加えて、空冷エンジン車のポルシェ911ならシボレー・コルベアなどでは電動コンプレッサーを使用する“電動クーラー(ヒーター)”も後付け装備として扱われている。

 とっかかりとして、ハコスカ、ケンメリ、S30Zを取り扱う、東京都江戸川区にある「STAR ROAD」に話を訊いた。同社が電装品を扱う部品業者にキットとして販売していることからも、広く信頼を得ていることが窺えたからだ。

 たとえば、楽天市場でも販売されている、STAR ROADの「クーラーボルトオンキット」は、リビルド品未使用を謳い、配管ジョイント部にOリングタイプを採用するなど品質の配慮が見られ、コンデンサー部品を独自に発注するなど、精度が要求される部品には日本製を採用(他の部品では輸入品を含む)する。

 こんなこだわりのためか、価格は21万円(税別、クランクプリーキットは別売:1万8200円)と、後述する輸入キットに比べ高めになってしまうのは致し方ないだろう。取り扱うショップによっても販売価格が変わる場合があるので確認してほしい。

 次にあたったのは、自動車部品通販を取り扱うクロフネ・ショップが販売する旧車用「汎用クーラー/エアコンキット」、正確にはダッシュボードに吊り下げる方式の汎用クーラーキットだ。

 輸入品とのことで、取り扱い説明書が付属しないというのはショップでの対応を前提にしているといえる。楽天の商品ページでは丁寧に写真にサイズ説明を加えて紹介しているのは、そういった理由もあるのだろう。価格は6万1000円(税別)とされている。

クロフネ 汎用クーラー エアコンキット。価格は6万1000円(税別)
助手席のダッシュボードに吊り下げて使用する

次ページは : パワーウインドウキットを後付けしたい!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ