マイルドHV版とは大違い!? マツダ MX-30 EVが良い意味で予想外に「凄い」訳


 マイルドハイブリッド車(HV)の発売から約3か月。マツダ初の量産電気自動車(EV)として1月28日に発売されたMX-30 EVに予想以上の驚き!?

 先行して発売されたMX-30のマイルドHVモデルは、個性的なデザインやRX-8譲りの観音開きドアの採用など独創的なクルマである反面、パワーユニットのe-SKYACTIV Gに関しては、同じ車格のCX-30にSKYACTIV-Xが設定されていることもあって、性能や燃費面での個性はやや薄く感じられる面もあった。

 しかし、遅れて登場したMX-30 EVは、そんなマイルドHVモデルとは「徹底的に違う」モデルに仕上がっているという。予想以上に高評価な理由とは? 以下、国沢光宏氏が解説。

文/国沢光宏 写真/MAZDA

【画像ギャラリー】本稿未掲載写真含む20枚! 予想以上の高評価を得たマツダ初 EV MX-30 EVをみる


やや高価にみえたMX-30 EVながら予想以上の人気に

2021年1月28日に発売開始したMX-30 EVモデル(全長4395mm×全幅1795mm×全高1550mm)

 MX-30 EVの評判、驚くほど高い。すでにディーラーに試乗車を置き始めているけれど、MX-30EVのハンドル握った営業マンが「なんだこれは!」状態だという。

 当然ながら試乗に訪れたお客さんに対する説明も熱意を帯びる。心の底から良いと思っているからだ。受注までいくケースも予想以上に多いという。つまり売れてます!

 とはいえ売れたら生産が間に合わない状況。搭載するパナソニック開発のリチウムイオン電池の供給、今だRAV4 PHVの受注を再開しないのを見てわかるとおり順調と言えない。

 だからこそMX-30 EVの販売目標も、年間で1000台となっている。すでに余裕で1000台のオーダーを受けそうなイキオイだという。なぜ良いのか? 解説したい。

リチウムイオンバッテリーを搭載。バッテリー容量 35.5kWh/最高出力 107kW/一充電走行距離(WLTCモード)256kmである

 かくいう私もMX-30 EVに試乗して驚いた一人だったりする。もう少し詳しく書くと、試乗するまでは「イマドキ35kWhしか電池を積んでいないし何より高価!」と、あまり感心なし。

 今やMX-30 EVの倍近い電池積んだテスラ モデル3でも429万円~という価格。これに対し、MX-30 EVって451万円~なのだった。プジョー 2008より高価です。

ガソリン車と「徹底的に違う」MX-30 EVの走り

 ネガティブなイメージを持ちつつ走り出すと「あらら?」。良いクルマです。ガソリンエンジン積んだMX-30は走り出した瞬間から「厳しいですね!」と思った。

 ボディ剛性がまったく足りず、いろんなトコロから「揺れ」を感じる。エンジンフィールも濁っており、上質にほど遠い。同業者の皆さんの高い評価、私には理解できないほど。

 なのにMX-30 EVときたら、徹底的に違う。まずクルマの雰囲気からして良い! どうしてだろうと考えながら乗っていたら「なるほど!」。

 エンジンは重い。それをガッシリと車体に取り付けたら振動を伝えてしまう。そこで「マウント」という硬質ゴムの防振材を介して車体に搭載している。このマウント、けっこう動く。ボンネット開けて空ぶかしするとエンジン揺れます。走行中も同じ状態になっているということ。

新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を採用。バッテリー骨格を生かした構造になっている

 さらに車体先端に2Lのペットボトル3本分くらいの冷却液を入れたラジエターも、同じように防振材を介して車体に取り付けあるため揺れる。エンジンとラジエター、揺れる周期は違うだろうから、おそらく走り出せばバラバラに揺れているだろう。

 MX-30 EVはそういった好ましくない揺れが一切なし! 純米大吟醸酒のようにスッキリした乗り味だったりする。

 もちろん、モーターも防振材を介して搭載されているけれど、圧倒的に軽く、後で聞いたらGベクタリングコントロール(編注:ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させ、車両の挙動をスムーズにする制御技術)のモーター版を採用しているということで、車体の挙動全体の細かい動きをコントロールしているそうな。

Gベクタリングコントロールを進化させたエレクトリック G-ベクタリング コントロール プラスを搭載

 もうひとつ。これまた決定的だと思うのが、ボディ剛性。

 MX-30 EVは、ドライバーの下あたりからリアサスペンションあたりまで、事故でも変形しないほど強固な金属ケースに入っている電池が搭載されている。観音開きドアのためBピラーのないMX-30のボディ形状でもガッチリと補強されるのだろう。床からの安っぽい揺れ感なし! 

 結果、驚くほど強固な車体に、驚くほど揺れない補機類が搭載されたクルマとなった。

 また、最近のマツダ車にとって大きなハンデになっている「濁った音で回る個性のないエンジン」や「イマドキ6速AT」といった競合他社に遅れているユニットも付いていない。電気自動車作りなら横一線のスタートになる、ということなんだと思う。

次ページは : マツダの技術力示すMX-30はEVが「ベース」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ