まさにミニSクラス! 新型ベンツCクラスの凄みとは?

まさにミニSクラス! 新型ベンツCクラスの凄みとは?

 輸入高級車の大定番モデルとして、長年、愛され続けているメルセデス・ベンツの中核モデル「Cクラス」の次期型が2021年2月23日にオンラインにて公開された。

 はたしてどんな進化を遂げたのか? なんと1月に発表された新型Sクラスに似たスタイルで登場! まるでミニSクラスだ。

 セダン受難の時代にあって、新型Cクラスには、どんな新機能が搭載されているのか、各部の進化のポイントをまとめて紹介しよう!

文/大音安弘、写真/メルセデス・ベンツ

【画像ギャラリー】激進化! 新型Cクラスの内外装がすごい!!


■待望の第5世代は若々しく刺激的!

新型Cクラスセダンのボディサイズは先代モデルに比べ65mm長く、10mm幅広く、9mm低い全長×全幅×全高=4751×1820×1438mm
新型Cクラスセダンのボディサイズは先代モデルに比べ65mm長く、10mm幅広く、9mm低い全長×全幅×全高=4751×1820×1438mm
こちらが先代モデルのCクラス
こちらが先代モデルのCクラス

 ドイツ・ダイムラー社は、2021年2月23日、メルセデス・ベンツのDセグメントセダン&ステーションワゴン「Cクラス」の新型をオンラインで発表した。第5世代となる新型の注目のポイントは、ずばり、新世代スタイリングと電動化だ。

セダンの荷室容量は455Lで、先代モデルと同じ
セダンの荷室容量は455Lで、先代モデルと同じ

 まずエクステリアを見ていこう。現行型CLSより採用されたシャークデザインを受け継いだスタイリングは、実にスポーティなものだ。

 フェイスリフトで最新スタイリングを取り入れたEクラス、そして新設されたAクラスセダンともよく似た雰囲気だが、よりアグレッシブでスポーティに映すスタイリングは、Cクラスの持つ小さくも大きすぎもしない、ジャストなサイズ感が生みだすバランスの良さだろう。

ワゴンの荷室容量は30L増えた490Lを確保し、後席シートバックを倒した最大時には先代モデルから30Lプラスとなる1510Lを実現した
ワゴンの荷室容量は30L増えた490Lを確保し、後席シートバックを倒した最大時には先代モデルから30Lプラスとなる1510Lを実現した

 ボディサイズ自体は、弟分Aクラスセダン誕生に配慮してか、サイズアップを断行。

 セダンの場合、全長4751mm×全幅1820mm×全高1438mm、ホイールベースが2864mmに成長した。これを現行型と比較してみると、全長が+65mm、全幅が+10mm、全高が-9mm、ホイールベースが+25mmの差となり、一回り以上大きくなっていることが分かる(共に欧州仕様値)。

 ただ現行型同様のFRモデルらしいロングノーズスタイルのプロポーションはしっかりと受け継がれているので、Cクラスファンも受け入れやすいスタイリングといえる。

次ページは : ■デジタル化を体現できるモダンなインテリア

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します