昔のプリウスはなかった!? ハイブリッド車の「ヒュイーン」と聞こえる人口音 なぜ必要?


 ハイブリッド車や電気自動車がゆっくり走っている時、「ヒュー」とか「ヒュンヒュン」といった不思議な音が聞こえてくることはないだろうか。これは「車両接近警報装置」と呼ばれるもの。

 機械が発生するノイズではなく、人工的に作りスピーカーから流している音だ。音を発する目的は、歩行者などにクルマの存在や接近を知らせるためである。

 しかし、純粋なガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車からこの音を聞いたことがある人はいないだろう。なぜなら、音を発する装置が装着されていないからである。

 どうしてハイブリッド車や電気自動車には車両接近警報装置が必要で、純粋な内燃機関車には必要がないのか。

文/工藤貴宏 写真/TOYOTA、NISSAN

【画像ギャラリー】2010年に初めて車両接近警報装置が標準装備された日産初代リーフをみる


なぜハイブリッド車には「人口の音」が必要?

 なぜ、ハイブリッド車や電気自動車には車両接近警報装置が必要なのか? その理由は、エンジン音に関係する。

 純粋な内燃機関車であれば、走行時は常にエンジンがかかる構造になっている。だから走行中は常にエンジンが音を発し、周囲の人が音でクルマの気配を感じ取ってくれるのだ。

 いっぽうでハイブリッド車は、低速走行時はエンジンを止めて走ることもあり、その際はエンジン音を発生しない。そもそもエンジンを積んでいない電気自動車や燃料電池車も然りである。だから、あえて人工で作った音を、スピーカーを通じて車外へ流しているのだ。

 一般的に人間が周囲の状況を把握するために大きな役割を果たすのは視覚(目で見る)だが、視界に入ってこない後方の様子などを認知するのには聴覚(耳で聞く)に頼ることになる。

2代目プリウス(2003年~2011年/全長4445×全幅1725×全高1490mm)

 かつて、初代や2代目の「プリウス」には、車両接近警報装置が備わっていなかった。狭い道路において後方からまるでゴーストのようにエンジンを止めて無音で忍び寄るそれらに気付かず、振り向いたら近くにクルマがいて驚いたことがある人も少なくないに違いない。

 そんな安全面において好ましい状況を防ぐために、車両接近警報装置が組み込まれるようになったのだ。静かすぎるゆえのウィークポイントを解消するための対策といっていいだろう。

写真は車両接近音のイメージ。プリウスでは3代目モデルで初めて搭載された

 もっと深刻なのは、視覚障害を持つ方々である。視覚に頼れない彼らは、音で状況を認識することになる。しかしエンジン音を発しないクルマは認識が難しく、彼らの安全のためにも車両接近警報装置が必要とされたのだ。

 音はメーカーによって異なるが、モーターが発する音を模したもの。騒音にならないように配慮しつつ、クルマが走行していることをイメージさせる音になるように工夫している。

 また、車速の変化に応じて周波数を変えることで、速度変化も表す仕掛けになっている(車速に応じて音量が上がるタイプも存在)のもポイントだ。

「『車両接近通報装置』とは、低速でモーターによる走行をしている時に、エンジンルーム内に取りつけたスピーカーからモーターが回転するような音を出力させ、歩行者に車両の接近を知らせ、注意を促すものです」とトヨタはWEBサイトで説明している。

実はメーカーごとに違う!! 接近音が発生する「条件」

 そんな車両接近警報装置は、どんな状況で作動するのか。音を発生する車速域について各社の説明を見ると、

ホンダ:約20km/h 以下で走行しているとき。
トヨタ:時速25km以上になると止まります。
日産:発進時、車速が30km/h以内のとき。減速時、車速が25km/h以下になったとき。
スバル:発進時車両が動き出した時から24km/hまで音を発生し、速度に合わせて音量・音色が変化し、速度感を表します。減速時は速度が21km/h以下になったら鳴り始めます。
メルセデス・ベンツ:30km/h以下での走行時。
三菱:EV走行時、車速が約35km/h以下のとき。

 とそれぞれ異なるが、保安基準では「発進から20km/hに至るまでの速度域及び後退時」に音を発することが必要とされている。それ以上の車速域に関しては各社の裁量というわけだ。

 音を発するのはあくまで駐車場や狭い道などでクルマと人が混在するような状況を想定したもの(スバルは「車両の前後左右から2m以内の場所にいる歩行者にしっかりと音が届くように」と説明)であり、幹線道路などでは機能しない。

 車速が上がるとタイヤが発生するノイズが大きくなりエンジンを掛けなくても走行が無音でなくなることも理由のひとつである。

 また、エンジン音の代わりと考えているので、EVは常に作動するが、ハイブリッドカーではエンジンが作動していないときに音を出す(エンジン作動中は人工音を発しない)のが基本だ。

次ページは : 初の標準搭載は2010年発売の日産 リーフ! 接近音は昨年より完全義務化

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ