今だからこそ挙げておきたい!! 日本のベストエンジン 5選【ターボ編】


 ハイブリッドカー全盛期 といえる昨今、各メーカーはそこからさらにPHVやEVの開発に力を注いでいます。もはや環境性能の向上を抜きにしては新型パワーユニットを語れない時代。

 しかしそんな現代だからこそ、「いいエンジン」を知っておきたい、という気持ちも芽生えたりします。ただただ走行性能を高めるために追加されたターボユニット、そのエンジンが生み出したクルマはどんな走行性能だったのか。

 環境第一の今だからこそ知りたい「歴代いいターボエンジン5選」をお届けします。クルマの楽しさって、やっぱり「走った時の気持ちよさ、楽しさ」が大きいと思うんです。

 その気持ちよさ、楽しさで選んだ「ターボエンジン」って、やっぱり知りたいですよね! ね!

文:片岡英明


■ 1機種を除いて、進化の止まった絶版機をセレクト

 1979年秋、日産がL20型直列6気筒エンジンに日本で初めてターボチャージャーを装着し、限られた排気量のなかで余裕ある動力性能を実現した。

 日本には2Lを上限とする小型車枠があるから、これ以降、ターボを搭載するクルマが一気に増えている。

 徐々に小排気量エンジンにまでターボが採用されるようになり、軽自動車もターボが百花繚乱となった。また、ディーゼルエンジンやロータリーエンジンにもターボを搭載するようになった。

 そんな歴史を振り返り、日本車史上、傑作といえるターボエンジンを5ユニット、その代表的搭載車とともに選んだ。

 今でも第一線で活躍している現役のエンジンは、今後も進化、発展が期待できる。そのため、本企画ではあえて絶版となったエンジンを基本に「名機」を選んだ。

 ただし、スバルのEJ型水平対向4気筒エンジンのターボ仕様は30年にわたって第一線で活躍を続けているので、絶版になるのを待たないで5ベストの1機に選んでいる。また、車格、排気量、クラスごとに分類し、小排気量エンジンにもチャンスを与えた。

■日産   RB26DETT/ R32 スカイラインGT-R

日産スカイラインGT-R
日産スカイラインGT-R

 2568ccの直列6気筒DOHC4バルブエンジンに、セラミックタービン採用のツインターボを組み合わせているのがRB26DETT型ターボエンジンだ。ご存じのようにR32型スカイラインのフラッグシップ、GT-Rに搭載されて1989年夏にデビューした。2568ccの排気量は、グループAレースから導き出されたものだ。RB20系のエンジンだが、ほとんどが専用設計となっている。

 過酷なレースでの使用に耐えられるようにシリンダーブロックなどを補強し、ラッシュアジャスターも省いてしまった。6連スロットルチャンバーや各気筒独立のシーケンシャル電子制御燃料噴射システムなど、最先端のメカニズムも導入している。

 ツインターボはムラなく高回転域まで軽やかに回り、レスポンスも鋭い。ターボが本格過給に入る4000回転から上の加速は刺激的だ。また、直列6気筒ならではの滑らかなパワーフィールと官能的なエンジン音も魅力のひとつに挙げられる。

  押しも押されもせぬ、日本車史上に燦然と輝く金字塔的なターボエンジンだ。

次ページは : ■マツダ 13B-REW/FDS3 RX-7

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ