昔は楽しかった!? 1990年代からハンドリングは進化したのか?


 今のクルマにはないスタイルや乗り味で最近もファンが増えている“旧車”。そんなちょっと古いクルマ好きは「旧車のほうがカッコいいだけじゃなくて、走らせても楽しい」という声もあったりする。

 でも、昔のクルマのほうが楽しいって、現在のクルマよりもハンドリングがいいってことなの? 

 ハンドリングといえば、国産車は特に1990年代に力を入れたスポーツモデルがいろいろ登場したが、その頃の国産車のハンドリングに比べて現代のクルマは進化しているのか? クルマで走る楽しさを追求している自動車評論家の斎藤 聡氏が解説します。

文/斎藤 聡 写真/ベストカー編集部、トヨタ、日産

【画像ギャラリー】旧車のほうが楽しい!? ハンドリングの変化と楽しく走れる歴代の名車たちを見る


■1990年前後はスポーツカーによる百花繚乱の時代だった!

1990年までにクルマ作りで世界一を目指そうという「901運動」のもと、エンジンやシャシー、サスペンション、そしてハンドリングの品質向上を図ったR32スカイラインGT-R

 1989年から1990年代前半は各メーカーから刺激的なスポーツカーが発売された、にぎやかできらびやかな時代でした。

 いま旧車がディープなクルマ好きに人気なのだそうです。理由は、「旧車のほうがかっこいいし、楽しい」から。

 そう言われると、旧車のほうがハンドリングがよかったの? とか、もしかしてクルマのハンドリングは1990年代から進化していないの? と思われるかもしれません。

 実際、日産では1980年代後半に901(キュウマルイチ)運動というのを展開していました。これは1990年までにクルマ作りで世界一を目指そうという目標のことで、エンジンやシャシー、サスペンション、そしてハンドリングの品質向上を図ったのでした。

 1989年に登場したZ32フェアレディZ、R32スカイラインGT-Rはまさに901運動を代表するクルマだったわけです。

 もちろん日産だけでなく、世界に誇るスポーツカーを作ろうという機運が高まっており、ホンダからはNSX、トヨタはスープラ、三菱からはGTO、マツダからユーノス・コスモ。さらにはWRC制覇を狙って開発されたランエボ、インプレッサというハイパー4WDが登場しています。

 文字どおり百花繚乱の時代でした。

■操縦性は途切れることなく進化している

衝突安全が向上するとともにボディ剛性が上がり、操縦性能も向上していった

 では操縦性もこの時代のほうが優れていたのか、といえばそんなことはありません。クルマの操縦性には「解」があるわけではなく、より優れた操縦性を求めて途切れることなく進化を続けているものだからです。

 1990年代のクルマに乗って、今のクルマと明らかに違いがわかるのはボディ剛性だろうと思います。

 1990年代後半くらいからでしょうか、クルマの衝突時の安全性がクローズアップされるようになり、衝突試験による障害地計測と評価が行われるようになりました。衝突試験によって、ボディ剛性を上げると、乗り心地や操縦性がよくなることが明らかになってきたのです。

 そんなことずっと前からわかっていたことじゃないの? と思われるかもしれませんが、実はそうでもなかったのです。

 いままで無駄だと思って軽量化されていた骨格の一部を衝突試験のために頑強にすると、乗り心地がよくなったり、操縦性がよくなるということが明らかになってきたのです。

次ページは : ■燃費重視がデザインの画一化を招く?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ