「純ガソリン車」でしか味わえない楽しさはあるのか?


 環境への対応が迫られ、世界的に「電動車へ」という流れにある自動車業界。日本でも、東京都の小池都知事が「2030年以降、ガソリン車の販売を禁止するよう制度改正したい」とするなど、特に最近、電動化への流れが加速している。

 本当に10年後にそのような状況にできるかどうかはさておき、クルマを「移動ツール」として考えている方には、電動化しようがしまいが(価格への跳ね返り以外は)どうでもいいだろう。むしろ、本当に環境にいいのであれば「めっちゃいいことじゃん」となると思う。

 しかしそうでない方、ハイブリッド車が登場するずっと前からクルマに乗り、クルマが好きで、カーライフを楽しんできた方々にとっては、もやもやする点もあるかと思う。筆者もそのひとりだ。

 「もやもや思う」理由については、時代が変わっていく寂しさや、電動化への疑問など、いろいろあるだろう。それももちろんあるが、今回は「ドライビングプレジャー」に焦点を置いてみようと思う。人によって、さまざまな意見があるかと思うが、以下では、筆者が考える「純ガソリン車でしか味わえない楽しさ」をお伝えしていく。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、SUZUKI、SUBARU

【画像ギャラリー】ノイズと振動が素晴らしい!! 情緒的な純ガソリン車たちギャラリーでチェック!!


過去にリーフを1年所有していた筆者

 筆者はリアルタイムの「イニD」世代だ。高校生時代に、『頭文字D』(しげの秀一著、1995年~2013年)の連載をリアルタイムで見て、大いに影響を受けた。同時に、2000年前後のWRCやJGTCにも惹かれ、モータースポーツ好きになった。18才で免許を取って初めて買ったクルマはマニュアルミッションのプリメーラ。週末に、山でクルマを走らせるのが何よりも楽しかった。

 似たような仲間が周りにいたので、クルマいじりも好きだった。幸運にも、クルマを造る側の仕事に就くことができ、様々なクルマに触れることもできた。生粋の運転好きな諸先輩方には、まだまだ及ばないかもしれないが、運転歴は20年以上。

 今は、ディーゼル車(尿素SCRシステム搭載のクリーンディーゼル)と、純ガソリン車(1.6L直4のMT)の2台を所有している。その前は日産リーフを1年間所有していた。ハイブリッド車は、今のところご縁がないため所有したことはない(試乗はたくさんさせていただいている)。

静かに移動することにおいては完璧なモビリティだったZE0リーフ 出張や移動の足として、急速充電をこなしながらほぼ毎日乗っていた

純ガソリン車の魅力は「音と振動」

 ハイブリッド車であっても、「クルマを操る喜び」や「爽快な加速」などのドライビングプレジャーは体感できる。むしろ、電動化されたことで、静かかつ滑らかで力強い加速フィールは、純ガソリン車よりも、「爽快感」を感じる人のほうが多いと思う。

ガソリン仕様、ハイブリッド仕様の2つを持つハリアー

 筆者も、電気自動車を初めて運転した際には、モーター駆動によるあまりの滑らかさに感激し、もう純ガソリン車に戻らなくてよいと思ったほどだ。そうした状況を元に、リーフを手に入れたという流れでもある(ちなみに、定額で充電し放題で、コスパが良かったことも気に入ってた)。

 だが、いざリーフを所有してみると、快適な無音走行がつまらなく感じるようになった境目があった。クルマが無機質な移動体のように感じ(実際のところ機械なのだが)、長年慣れ親しんだ「エンジンの音や振動がない」こともあり、愛情が注ぎきれなかった。

バッテリー容量も増え、航続距離も伸びたZE1リーフ 高速走行でもグイグイ走るその力強さには感動した

 航続距離の少なさや充電の手間などが問題ではなく、再びEVを買いたいとは思えなかったのは、慣れ親しんだ「エンジンの音と振動」に対する喪失感が原因だったのではないか、と思っている。自動車メーカーとしては、技術的には消さなければならないはずのノイズだが、それこそが「純ガソリン車の魅力」だと筆者は思うのだ。

 環境保全のため、そして人間の健康を阻害しないため、排ガス規制や車外騒音規制を厳しくするのは仕方がないことだ。そして、ハイブリッド車やプラグインHV車の動力性能と燃費には、本当に恐れ入る。試乗レビューなどで「お薦めは?」と聞かれれば、(もちろんクルマによるが)ハイブリッド車を推すことが多い。

 しかし、筆者にとっては、クルマの音(音色と表現したい)」とは、けっこう大切な「魅力性能」だ。昔のなごりでもある、スバルのボクサーサウンドや、第2世代スカイラインGT-Rの直6ツインターボの痛快なサウンドなど、クルマの「音と振動」は、クルマが呼吸しているような感じがするのだ(ちょっと大げさかもしれないが割と本気で思っている)。

 ポルシェがBEV(Battery EV)のタイカンを出したように、今後、残されている国産スポーツカーたちも、電動化やEV化は避けられないかもしれない。だが、GT-RやフェアレディZ、ロードスターのような国産スポーツカーがハイブリッド化しようとも、「サウンド」は残してほしい。

 五感のひとつである「音」を刺激されることに対して魅力を感じるのは、筆者だけではないはずだ

3.0リッターV6ツインターボを搭載するV37型スカイライン 久々に痛快なV6サウンドが聞けて、割と欲しくなった一台だ(ただし燃費は全くダメダメだが)

次ページは : ASCにはめっちゃ期待!!