ファミリー必見!! あなたが座るのは? シートで選ぶミニバンベスト3


 家族を運ぶ、仲間を運ぶなど多人数乗車が前提のミニバンにとって、シートの果たす役割はとても需要だ。

 ドライバーの負担を軽減しつつ同乗者が快適に移動することができ、限られたスペースの中に3列シートを収める必要がる。

 また停車中にフルフラットにできたり、荷物を多く運ぶときはたたむことができるなどアレンジも大事である。

 今回は各シートの座り心地とシートアレンジ、そしてこれらの総合評価に優れたミニバンベスト3をご紹介しよう。ぜひ愛車選びの参考にしていただきたい!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、Honda

【画像ギャラリー】3列シートにフルフラット……快適&使いやすいシートを持つミニバンを見る!!


■前席の比較&ランキング

前席の1位はアルファード&ヴェルファイア。前席の座り心地は高級セダンを思わせる

 ミニバンは多人数で乗車できるクルマだから、2列目と3列目のシートに対する関心が高い。3列目を格納した時に得られる荷室の広さも注目される。

 しかし安全性を考慮すると重要なのは運転席だ。ドライバーが最適な運転姿勢を得にくかったり、長時間の運転で疲れやすいと、安全性を妨げてしまう。

 そしてミニバンは主に国内向けに開発され、価格競争も厳しいため、前席にコストを費やしにくい事情もある。

 その点で運転席が優れているのは、欧州市場で販売される車種だ。欧州では日常的に高速走行の機会が多く、安全のために低価格車にも優れた運転席が求められる。内装の質や快適装備を下げても、運転席はしっかりと造り込む。

ミニバンでは2列目、3列目に注目が集まりがちだが、安全性を考慮すると運転席の座り心地は重要なのだ

 この不利も踏まえてミニバンの前席を比較すると、最も優れている1位はアルファード&ヴェルファイアだ。シートのサイズに余裕があり、肩まわりのサポート性も良い。乗員の体が適度に沈んだところで、しっかりと支える。柔軟性が伴い、以前のクラウンを思わせるリラックス感覚のある座り心地だ。

 前席の2位は僅差でオデッセイ。アルファード&ヴェルファイアに比べて柔軟性は下がるが、背もたれの下側を少し硬く造り込み、着座姿勢を安定させた。アルファード&ヴェルファイアは日本車らしい座り心地だが、オデッセイには欧州車の持ち味を盛り込んだ。

 前席の3位はステップワゴンだ。ミドルサイズのミニバンながら、オデッセイに近い座り心地に仕上げた。

■後席(2/3列目シート)の比較&ランキング

後席の1位はトヨタ グランエースプレミアム(6人乗り)。簡素になりがちな3列目も、シートのサイズや座り心地は2列目と同じだ

 ミニバンの特徴は、前述の通り多人数で乗車できることだ。2列目シートに加えて3列目も大切だが、後者の座り心地には不満を感じる車種が多い。3列目はコンパクトに格納して、自転車などの大きな荷物を積む機能も重視されるからだ。

 2列目はミニバンの特等席だから、不満も生じにくいが、3列目は車種によって差が開く。3列目を使って5名以上で移動するユーザーは、3列目の頭上や足元の空間、着座姿勢、座り心地を確認したい。

 その意味で後席の1位はグランエースプレミアム(6人乗り)だ。

2列目のエグゼクティブパワーシート。足元の広さこそ違うが、3列目にも同じシートを装備する。走るファーストクラスといった雰囲気だ

 ほかのミニバンでは、例外なく3列目の座り心地が2列目に比べて劣るが、グランエースプレミアムでは、2/3列目の両方にアルファード&ヴェルファイアの2列目と同様のエグゼクティブパワーシートを装着した。シートのサイズや座り心地は、2/3列目ともに同じだ。

 厳密にいえば、3列目は2列目に比べて頭上空間が少し足りないが、むしろセダンのような囲まれ感が生じて安心できる面もある。ほかのミニバンに大人が多人数で乗車して長距離を移動する場合、時々席替えをしないと不公平になるが、グランエースならその必要はない。

 後席の2位はオデッセイの7人乗りだ。2列目にプレミアムクレードルシートが装着され、体をスッポリと包む座り心地に仕上げた。床と座面の間隔にも十分な余裕があるため、小柄な乗員は大腿部を押された印象になることもあるが、そこに違和感が生じなければ快適だ。

後席2位のホンダ オデッセイのシート。自然な着座姿勢はアルファード&ヴェルファイアにも負けてはいない

 さらにオデッセイは低床設計だから、3列目の床と座面の間隔にも余裕を持たせた。着座姿勢が自然で、Lサイズミニバンだから3列目の足元空間も広い。座面の長さにも余裕があるので、アルファード&ヴェルファイアよりも快適に座れる。

 3位はアルファード&ヴェルファイアだ。国産ミニバンでは、車内の広さはグランエースの次に広く、2列目はシートの造りも優れているから座り心地も快適だ。

 ただし3列目は、コンパクトに格納することを重視したからシートの造りが薄い。床と座面の間隔も不足気味で、座面の角度が水平に近いため、足を前方へ投げ出す座り方になりやすい。頭上と足元の空間は広いが、座り心地は安楽な2列目に比べて見劣りする。それでも頭上と足元の空間はタップリしている。

次ページは : ■荷室&シートアレンジの比較&ランキング

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ