日産のタクシー専用車が生産終了へ! NV200タクシーがまさかの短命に終わったワケ


 2015年に「NV200タクシー」が日本国内で発売となったが、すでにオーダーを受けている分の生産のみとなっていて、2021年3月中には正式に生産終了となる見込みだという。

 JPNタクシーよりも先にデビューした「NV200タクシー」は、ユニバーサルデザインタクシーであり、ミニバンをベースにしているため大きな荷物も載せやすく、車いす利用者も使いやすいように設計したとして、日産も大きくアピールしていた。

 しかし、それがわずか6年で生産終了となったのには、相応の理由があるのではないだろうか。JPNタクシーに単純に勝てなかったのか? それとも日産の抱える事情によるものなのか?

 タクシーに参入するのはそれなりの覚悟あったはずだが、なぜ短命で終わったのか? そのワケと、日産の商用車戦略はどうなるのか考察していきたい。

文/渡辺陽一郎
写真/NISSAN、編集部

【画像ギャラリー】『NV200タクシー』ってどんなタクシーだったのか、写真でチェックしてみよう!!


■トヨタのJPNタクシー発売で流れが変わった

 日産の商用車、『NV200』をベースに開発されたタクシー仕様の『NV200タクシー』(発売時点の車名はNV200バネットタクシー)が2020年3月には生産を終える。

 NV200バネットは、前輪駆動ベースの商用車として、2009年に発売された。3代目の『マーチ』や『ティーダ』と共通のBプラットフォームを使い、前輪駆動によるミニバン感覚の商用車としてアピールされた。

 この後、2010年10月に5ナンバー車のワゴンを加え、同年12月にはタクシー仕様も設定している。2014年にはタクシー仕様の改良モデルを発表した。NV200の商用バンとワゴンは今後も生産を続けるが、タクシー仕様は終了することになった。

大容量ラゲッジスペースの『NV200タクシー』と車イス用スライド式スロープを装備した『NV200タクシー ユニバーサルデザイン』の2車種を設定している

 最初の発売から10年を経過したとはいえ、なぜタクシー仕様だけが生産を終えるのか。メーカーに尋ねると「ラインナップを最適化する観点から生産を終了することになった」と返答された。次は販売店に尋ねると、以下のようにコメントされた。

 「生産を終えた背景には、いろいろな理由がある。最も大きな理由は売れ行きの伸び悩みだ。NV200タクシーが発売された時は、車椅子ごと乗車できるタクシーは、この車種のみだった。その意味でNV200タクシーには、ほかの車種では得られない特徴があったが、トヨタから(2017年に)JPNタクシーが発売されると状況が変わった」

 「当初のJPNタクシーは、車椅子の乗降性が悪かったものの、乗車は可能にしていた。しかもタクシー専用車だから、外観もNV200タクシーに比べて立派に見える。最近はクラウンコンフォートなどトヨタのタクシーがJPNタクシーへ切り替えたこともあり、販売面で大きな差を付けられた。NV200タクシーは売れ行きが下がり、なおかつ新しい法規に対応する必要も生じたから、生産を終了する」

 そうなると今後の日産は、タクシー仕様車には、もはや力を入れないのか。

 「NV200タクシーは、発売から10年を経過したこともあって生産を終えるが、最近の日産はセレナのタクシー仕様に力を入れている。セレナは人気の高いミニバンだから、エンジンノイズが静かで乗り心地もよく、ドライバーや乗客の皆さんから聞かれる評判も優れている。このほかノートのタクシー仕様も用意する。今後はこのような乗用車ベースのタクシー仕様が主力になる」

■NV200タクシーへ業界からのさまざまな声

 ユーザーの立場では、NV200タクシーの廃止をどのように見ているのか。タクシー会社に尋ねると以下のように返答された。

 「NV200タクシーは、アメリカなど海外にも導入されたが、少なくとも日本では時期が早すぎたと思う。当時のタクシーは、日産『セドリック』、トヨタ『クラウンセダン』『クラウンコンフォート』などのセダンボディが圧倒的だったから、背の高い商用車ベースのタクシーには違和感が伴った」

イエローキャブ仕様の『NV200タクシー』。2011年にニューヨーク市と市内タクシーを10年間供給する独占契約を締結したが、紆余曲折ありうまくいかなかった

 「天井に社名表示灯を装着していても、お客様がなかなか手を挙げてくれない。停車するとセダンと違うので料金が高いのではないかと疑われたり、乗車を断わられることもあった。床の位置が高いので、乗り降りがしにくいと指摘されたこともある。それでもセダンに比べて背の高いトヨタ『JPNタクシー』の導入後に、日産が『NV200タクシー』を発売していたら、ある程度は人気を高められたかもしれない」

 JPNタクシーの全高は1750mm、NV200タクシーは1860mmだ。セダンがタクシーの中心だった時代に、NV200タクシーが導入されたので、確かに突出して背が高い印象を受けた。それがJPNタクシーが増えた今では、印象も違っている。

 またNV200は商用車だから、床を平らに仕上げている。そのために床の位置が高い。電動で収納されるサイドステップ(小さな階段)を設定したが、床の低いセダンに比べると前述の通り乗り降りしにくい。ドライバーの評判はどうだったのか。

 「当時のセダンに比べると、NV200タクシーは高い位置に座っている感覚があった。周囲の見晴らしはいいが、高速道路に乗り入れた時などの安定感は少し下がる。ドライバーから聞かれる乗り心地の評判もあまりよくなかった。そのためにコロナ禍の影響で、営業している車両の数を抑えた時は、まず最初にNV200タクシーの稼働率が下がった」

 NV200タクシーは商用車がベースだから、足まわりに変更を加えたものの、乗り心地はよくない。1390kgのボディに基本設計の古い1.6Lエンジンを搭載するから、ノイズも高まりやすい。確かに快適なタクシーではなかった。

 それなら逆に、NV200タクシーのメリットは何だったのか。この点もタクシー会社に尋ねた。

 「お客様が座る後席の足元空間がかなり広く、手荷物などを置きやすかった。後席は座る位置も高いので、周囲の見晴らしもよかった」

ミニバンタイプのため、高いヘッドルーム、広い足元スペースと快適な後席空間を実現している

 NV200タクシーには車内が広いなどのメリットもあった。ただし商用車がベースだから、ノイズや振動といった快適性の面において、旅客運送業に使われる車両には馴染まない。乗降性もよくないため、JPNタクシーに押されたのは仕方ない話であった。

 タクシーは公共性の高い交通機関だが、顧客が手を挙げて車両を停車させ、ドライバーと自分の占有空間において移動する。また一般の公共交通機関では、あらかじめ決められた目的地やルートの中から顧客が系統を選ぶが、タクシーでは顧客が自分で目的地とルートを決められる。

 いわばタクシーは、顧客の思い通りに運行される贅沢な乗り物だから、乗車料金も移動距離の割に高い。そうなれば顧客が「内外装や乗り心地がなるべく上質なタクシーに乗りたい」と考えるのは当然だ。

 ちなみにJPNタクシーの上級グレード「匠」には、メッキグリルやメタリック塗装のホイールキャップが装着され、内外装を相応に満足できる質感に仕上げた。NV200タクシーが生産を終えた経緯の本質は、「バスや電車とタクシーの違い」に対する解釈の仕方にあったと思う。

【画像ギャラリー】『NV200タクシー』ってどんなタクシーだったのか、写真でチェックしてみよう!!