ボルボ、ポルシェ、ランボルギーニ…流行りの超高額SUVに無理やり物申したい!!


 世界中にグワッと押しよせるSUVの流れ。勢いは弱まらず、ベントレーやマセラティ、ランボルギーニまでもがSUVを発売。価格はウン千万円クラスだ。欲しい人が買えばいい。買えないからってひがむ話ではない。でも何か言いたい。

 負け惜しみっぽいけど、愚痴りたい……と、ここで、「おいおいおい、ブランドだかブレンディだか知らね〜けど、でかい顔しすぎてねーか」と啖呵を切る、謎の江戸っ子おやじが当サイトになぜか登場。

 クルマのよさは認めつつも何か言いたい様子です! (かなり無理やりな企画ですが)聞いてやってください!!!!

文:ベストカー編集部
写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2018年3月26日号


■「ど〜せ買えないんだから、言わせてもらうよ!」

 「俺もよ、若い頃は初代ビッグホーンに乗っていたのよ。4駆好きでクロカン好き。アラカン(嵐寛寿郎)じゃねーよ。だから最近のSUV人気は悪くない気分よ。でもよ、舶来の超高額なSUVはちょいとな……」と江戸っ子おやじ。

 どうやら圧倒するブランド力でお高いSUVを輩出する最近の傾向について、なにか物申したいらしい。なるほど趣旨はわかった。モデルを挙げていきながら、江戸っ子おやじにガツンと語ってもらいましょうか。

■「速さに脱帽はするけどよ」 ランボルギーニ・ウルス [2574万円]

 まずは先日、日本初披露されたランボルギーニ・ウルス。担当、本物を見たがマジで格好いい。ウットリ……。4L V8ツインターボ搭載でモンスター級の走りを見せるSUVだ。

「ランボといえば池沢先生が起爆剤になったスーパーカーブームだろ。あの’70年代にまさかランボが背の高いクルマを出すとはお天道様でも見通せなかったけど、最高出力650psで最大トルクが86.7kgm。

 0〜100km/h加速が3.6秒で最速305km/hってな性能。SUVのなかでNo.1の速さが自慢らしいけど、オイラ(江戸っ子)の風呂みて〜に速ぇ〜な〜。

 でもよ、そんなに速くても狭い日本じゃ宝の持ち腐れってヤツよ。そうだ、おまえさんの導入を機に、国交省へ“高速道路の制限速度200km/h”を申し入れてみようか。ウハハハハハハ!」

 そんなウルス、速さ同様に価格も驚く。2574万円也。ご立派なことです。

【こんなSUVなのです】

〝速さ自慢とオフ走行を強調するウルス。直線デザインが格好いい。上写真はその室内。V8、4ℓエンジン、最高出力/最大トルク:650㎰/86.7kgm
“速さ自慢とオフ走行を強調するウルス。直線デザインが格好いい。上の写真はその室内。V8、4Lエンジン、最高出力/最大トルク:650ps/86.7kgm

次ページは : ■「格好いいけど2ドア?」 アストンマーティンDBX [予想価格:2300万円]

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ