スカイラインもフーガも凋落!?日産のFR高級車の行方

スカイラインもフーガも凋落!? 日産のFR高級車の行方

 日産のFR(前エンジン後輪駆動)車が、苦境に立たされている。現在、日産ブランドのFR車は、シーマ、フーガ、そしてスカイラインの3車種だが、どれもモデルが古く、一番新しいスカイラインでも、2014年2月登場と、すでに9年目に突入している。

 フェイスリフトや先進安全装備のアップデートなどの小改良はなされてはいるが、インテリアデザインなどの基本設計の古さは否めず、定期的にフルモデルチェンジを行っているライバルメーカーとの戦闘力の差は広がるばかりだ。

 なかでも重症なのが、プラットフォームだ。日産のFRプラットフォームは、軽量化や動性能の面で、世代遅れとなっていると言わざるを得ない。新しいプラットフォーム開発が進んでいればいいのだが、筆者はそれも難しいのではないか、と考えている。本稿では、筆者が現時点予想している日産のFR車の今後について、お話していく。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】日産伝統のFR車!! セドリック/グロリアの歴代モデルを写真で振り返る


クラウンは6年おき、かたやフーガは12年目…

 現在は、1980年代や90年代のように、4~5年おきにフルモデルチェンジを行う時代ではないが(軽自動車は別)、ライバル車は7~8年に一度はフルモデルチェンジをし、商品の鮮度を維持している。そう考えると、日産車のFR車のライフは熟成が極まった状況だ。

 冒頭で触れたように、2014年2月にデビューした現行型スカイライン(V37型)は8年が経過。また、現行型のシーマ(HGY51型)は、2012年4月に登場なので、この4月で9年目に突入する。

2019年9月にビッグマイナーチェンジしたスカイライン インフィニティ顔からGT-Rにも似たフロントフェイスにチェンジしたことで、かつての日産らしさを取り戻したと言われる
日産のフラッグシップカーであるシーマも、(HGY51型)は、2012年4月登場なので、この4月で9年目に突入する

 フーガにいたっては、2009年11月の現行型(Y51型)の登場から、2度のビッグマイナーチェンジを行いつつ12年目に突入。北米で販売されているフーガのインフィニティ版「Q70」は、2019年末に、とうとう販売終了となってしまった。Eセグメントの高級セダンが10年もモデルチェンジをせずに並べられていると、ブランド価値に悪影響を及ぼす、との判断からであろう。

インフィニティバッヂになったり、日産バッヂへ戻ったりと、あわただしかった現行フーガ

 ちなみに、他社メーカーのモデルチェンジ状況と比較をしてみると、トヨタのクラウンは6年ごとにフルモデルチェンジを行っている。レクサスは、フルモデルチェンジこそ少なめだが、限りなくフルモデルチェンジに近いビッグマイチェンを4年おきに行ってきている。メルセデスやBMWも必ず、6年~7年でモデル更新をしている。

メルセデスは、Sクラスを起点にC、Eへと技術を落とし込んでいく流れが構築されており、次にどの車種がいつごろ登場するのか想像がつく

インフィニティがSUVに特化するワケ

 インフィニティはこの10年、SUVに力を入れている。2016年にはミドルクラスSUVのQX50をモデルチェンジし、インフィニティブランドの稼ぎ頭に。2020年9月には3列シート7人乗りのSUV「QX60 Monograph(モノグラフ)」を公開。同11月には、2021年登場予定の「QX55」を発表、アメリカ、カナダで発売されたあと、他の主要市場へと導入される予定だ。

 インフィニティのSUV特化については、世界的なSUVの流れに乗っている、ということもあるが、これには、「SUVであれば、古いFRプラットフォームではなく、比較的新しいDプラットフォームを使うことができる」という事情もある。

 車体骨格剛性などに新たな知見を入れた新技術が盛り込まれていることに加え、エンジン縦置きFRのレイアウトと比べて省スペースで済み、海外にある現地工場でも製造ができ価格を抑えられるのだ(※FRプラットフォーム車は日産栃木工場がメインであり、そこから世界中へ輸出している)。

2021年登場予定の「QX55」、アメリカやカナダで発売されたあと、他の主要市場へと導入される予定だが、日本市場への導入の話は聞こえない

次ページは : もはや新しいFRプラットフォームは必要ない!?