【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.2】21年18万kmを一緒に過ごしてきたR32型GT-Rとの相思相愛の関係とは?

【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.2】新車から21年18万kmを一緒に過ごしてきたR32型GT-Rとの相思相愛の関係とは?

 一台のクルマには、縁あってオーナーになった人との歴史や思い出があり、物語になるほどのエピソードが生まれることもある。

 そんなクルマと人との関わりを、オーナーさんに直接取材して、リアルな生の声を紹介していきたいと思います。はたして、どんな生の声が聞けるのでしょうか?

 購入した動機から、愛車に対するこだわりのポイント、年間の維持費、故障箇所、愛車の主治医まで、これからそのクルマを購入しようと思っている人にも役に立つ情報満載でお届けします。

文/松村 透、写真/松村 透

【画像ギャラリー】R32GT-Rを購入したい方必見!! オーナーこだわりのポイントはココだ!


■グローバルで注目度抜群のR32GT-R Vスペックのオーナーさん

 早いもので、衝撃の復活から30年以上も経過したR32型スカイラインGT-R。伝統あるの車名を冠したこのモデルへの注目度は、日本はもちろん、海外でも高まる一方です。今回、そんな周囲の喧噪とは一線を画すオーナーさんを取材させていただきました。

 1993年式日産 スカイラインGT-R Vスペックと21年・18万㎞以上をともに過ごしてきた大澤哲也さん(55歳)の相思相愛の関係とは?

オーナーの大澤 哲也さん(55歳)と1993年式 日産スカイラインGT-R Vスペック(BNR32型)

■プロフィール&愛車紹介
・お名前:大澤 哲也さん
・ご年齢:55歳
・ご職業:会社員
・所有しているクルマ(年式、グレード名):1993年式 日産スカイラインGT-R Vスペック(BNR32型)
・購入時期:2000年 
・所有年数;21年
・購入時の走行距離:12000km
・現在の走行距離:200000km
・購入時の金額:400万円

■GT-Rを手に入れようと思ったきっかけを教えてください

 私はスーパーカーブーム直撃世代です。ランボルギーニに憧れたこともありましたが、いつしか幼少期の頃から大人になったらスカイライン、それもGT-Rを買おうと心に決めていました。

 これまでの愛車遍歴は、パルサー(N12型)や4ドアのスカイライン GTS-t type-M(R32型)やオーテックバージョン(BCNR33型)です。

 当時「MOTOR LAND 2」というテレビ番組でグループAの模様が紹介されていたんです。カルソニックスカイラインの縁石走りや、当時、日本車がなかなか勝てなかったインターテックで優勝したインパクトが強烈でしたね。

 R33は2年ほど楽しんだのですが、どうもしっくりこなくて、一念発起してR32GT-Rを手に入れることを決意。実際に所有してみて、数値上は30mmくらいですが、ノーマルのR32と比較しても、放たれるオーラがまったく違うという印象がありました。

購入時の見積もり書をはじめ、修理の明細などをファイリングしてきちんと保管している大澤さん

次ページは : ■愛車との濃いエピソードを教えてください