なぜタクシーはガソリンでもディーゼルでもなくLPG対応エンジンを採用したのか!?

なぜタクシーはガソリンでもディーゼルでもなくLPG対応エンジンを採用したのか!?

 走行距離に加え走行時間の長いタクシーは、LPG(液化石油ガス)に対応したエンジンを使うのが主流となっている。同じように燃費に有利なディーゼルエンジンもあるが、トラックはディーゼル、タクシーはLPGと二分化している。

 時々タクシーしかいないスタンドを見かけることがあるが、これがいわゆるオートガスステーションといわれるLPG給油施設だ。

 それでは、なぜLPGがタクシー燃料の主流となったのだろうか。LPGの優位性を考察する。

文/片岡英明、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】隠れた大ヒット車!? 新時代のタクシー車両 ジャパンタクシーを写真で見る


■ジャパンタクシーもLPG仕様のハイブリッド!

2017年に登場したジャパンタクシー。LPG燃料を使用するハイブリッドだ
2017年に登場したジャパンタクシー。LPG燃料を使用するハイブリッドだ

 日本のタクシーは、ここ数年で大きく様変わりしている。

 都市部で主役を務めているのは、ユニバーサルデザインを採用したハイトワゴン型のジャパンタクシーだ。コンパクトミニバンのシエンタをベースに、後席に座って快適なタクシーに仕立てている。

 ジャパンタクシーは、2017年秋に発売されるや瞬く間にタクシー業界を席巻し、隠れたヒット作となった。注目はパワートレインで、1.5Lエンジンにモーターを組み合わせたトヨタ自慢のハイブリッドシステムだ。しかも使用燃料は、LPG(液化石油ガス)なのである。

 ジャパンタクシーが登場する前の主役は、トヨタのコンフォート(クラウン・コンフォート)とXS10系クラウンセダンだった。

 小型タクシーとして開発されたコンフォートは、1995年にデビューしている。そのときの主役は2Lの直列4気筒OHVで、もちろんLPG仕様だ。また、2.4Lのディーゼルターボも設定し、こちらも人気が高かった。

ジャパンタクシー登場前のタクシー業界の主役はクラウン コンフォートだった
ジャパンタクシー登場前のタクシー業界の主役はクラウン コンフォートだった

 タクシー業界で人気を二分していた日産も、この時期にはセドリックのほか、小型タクシーのクルーを用意している。

 トヨタと同じように直列6気筒のガソリンエンジンもあったが、主役は2L直列4気筒のLPG仕様だ。タクシーだけでなく自動車学校の教習車にもLPG仕様が多い。ぜいたくな2.8Lの直列6気筒ディーゼルもラインアップしていたが、これは少数派だった。

 それ以前に誕生したクラウンやセドリックのタクシー仕様も、中心となっているのはLPG仕様だ。

 この時代は一般の乗用車をLPG仕様に改造する人も少なからずいた。LPG仕様は1960年代からあるが、一緒に市場を開拓してきたディーゼル車を蹴落としてタクシーの主役になっている。ディーゼルエンジンより静かで振動も少ないからだ。ガソリンエンジンと比べても経済性において優れている。

次ページは : ■安価な燃料代と優れた環境性能で実はエコなLPG

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ