あおる側が悪いのはもちろんだけど! あなた、「あおられ運転」してませんか!?

あおる側が悪いのはもちろんだけど! あなた、「あおられ運転」してませんか!?

 ドライブレコーダーが普及し、その動画をもとに妨害運転罪で検挙されたというニュースも流れているが、いまだにあおられたという発信がSNSなどを中心に見受けられる。

 もちろん頭に血がのぼってあおる側の非が大きいのは事実だが、それに至るまでの経過で、実は自分があおられる原因になっていなかったと言えるのだろうか?

 何かしらが原因で起きるあおり運転。こんな運転はあおり運転の原因となる! という、「あおられやすい運転」について、どのような例があるのか? またどのように自身の運転を改めるべきなのか、解説をしていきたい。   

文/国沢光宏         
写真/編集部、Adobe Stock           

【画像ギャラリー】運転している時に心がけるべきこと「運転マナー」集


■あおり運転が事件化すると報道されるが運転マナー全般の問題提起は少ない

 私は年間2万kmくらいクルマのハンドルを握っているけれど「あおられたこと」など“ほぼ”ない。正確に言えばまれにあるが、すべて「そうでしょうね~」と原因を特定できる。つまり相手を怒らせたから、その仕返しとしてあおられているワケ。こう書くと「どんな条件であってもあおる側が悪い!」と主張する聖人君子もいます。

 TVなどの報道もそう。あおるまでのプロセスを一切カットし、あおっているシーンだけ取り上げる。そして「厳罰化だ!」に結びつける。さて。考えて欲しい。人を殺したら死刑になる可能性あるのは誰だって知ってることだろう。なのになぜ殺人事件ってなくならないのか? もっと言えば、TVなどで正論を主張する人に言いたい。

あおり運転の厳罰化が施行されて以降、あおり運転がないかと言えば「ある」というのが現実。メディアも今は「する側」の報道は多いが、「なぜ」そうなったのか? についてはなかなか触れない 

 「歌舞伎町に行ってアブなそうの人の進路を塞いでみたら?」。そんなことしないでしょう。泥棒や強盗は絶対ダメ。けれど皆さん外出したり、自宅にいるときはドアに鍵をかける。かけない状態で押し込まれて強盗されたあと「ひどい!」と言っても、受けた被害は取り戻せない。あおり運転の根っこも100%同じだと考えるべきだ。

 そもそも追い越し車線をノロノロ走っていたら、それだけケンカ売ってるようなもの。今や3車線ある高速道路の大半で大型トラックは一番右の追い越し車線を通行しちゃいけないことになっているが、そこを100km/h以下で走っていたら、やはり歌舞伎町で進路塞ぐ行為と同じ。ケンカを売ってるんだから必ず怒るヤツは出てくる。

 繰り返すが「暴力は犯罪」とわかっていたって殴るヤツはいる。「殴られてからじゃ遅いので、殴られないようにすればいい」と私は言っているワケです。

 「外出するときはカギを2つかけましょう」や「録画機能付き監視カメラを付けましょう」も同義語。以下「あおられない運転の方法」についてもう少し詳しく考えてみたい。

■あおる、あおられる、それぞれ運転マナーに問題があることは認識すべき

 基本は「追いつかれたら譲る」こと。もちろん先行車がいるなら譲る必要なし(たまに先行車がいても車間距離積めてくる不届き者がいるけれどこれは天然。先に行かせて先行車をあおっているのを観察しましょう)。追い越し車線連続走行や、交通量少なく流れのよい道で後続車にストレス貯める走行はケンカ売る行為です。ノンビリ走りたいなら譲るべき。

高速道路はスムーズに走れるように、各ドライバーが気をつけることが、事故やあおり運転が起きない基本。ただ基本ができておらず、認識すらできない人もいるのでは?(naka@Adobe Stock)

 車線変更もあおり運転の導火線になる。最も不快に感じるのは、直前&急にウインカーもなしでの車線変更(こうなると割込行為に近い)。

 この3つが揃ったら大三元で、99%の人が「このやろう!」と思う。かなりの確率で嫌がらせをしてきます。100%あおらせた側が悪い。ハザードじゃおさまらないので、手やアイコンタクトで許しを請うべき。

 混んでいる道での上手な車線変更は、

【1】なるべく早いタイミングでウインカー出す

【2】減速してくれるクルマがいたらユックリと進路変更

【3】終わったらサンキューハザード

 これだけ守っておけば怒りはほぼ買わない。多少強引だったかな、と思うような車線変更でも、申し訳ないと考えるならサンキューハザード出しておくこと。これで怒るヤツは極めて少ない。

最近はその是非を問う声もあるが、相手の「イラッ」という気持ちを鎮める手段として「サンキューハザード」は有効と考えられる(hanack1@Adobe Stock)

 あおり運転される3大要素の三つ目は、優先道路への流入。「そいつぁ無理なタイミングでしょ!」という運転をされたら、誰だって不快だ。この行為をきっかけに怒りのスイッチ入っちゃう人って多いです。流入する側は悪いという意識がないため「なんであおられるんだ?」と思う傾向がある。空気読めない人って、どこにでもいる。

 かといって、完全にクルマがいなくなるまで待っていたら、自分の後続車の怒りを買う。適当なタイミングで流入しないと道交法の基本概念である「円滑な流れ」にならない。ということで、後続車がいたら適当なタイミングで流入。少し近かったかな、と思ったならサンキューハザードで空気を和ませることを強く推奨しておきたい。

 もちろん「あおってよい」という気持ちは200%なし。暴力や泥棒を推奨しないのとまったく同じこと。そもそも犯罪行為だ。いや、クルマという殺傷能力のある武器を使っての暴力なので、厳罰に処するべきだと思う。本当に危険な行為であっても、警察は立件が面倒なのか見逃す(一方、容易に取り締まるケースもあるから100%信用できない)。

あおり運転の罰則は上記のとおり。意図として危険運転をした場合、それによって事故が起きてしまった場合の法律だ。あおりをする側される側ともに、そのようなことがないように気をつけるのが基本だ

 いずれにしろ最悪のケースを考え、前後のドライブレコーダーは必須の装備になったと思う。装着したら必ず作動確認し、再生してキチンと撮影できているかチェックすること。自分に責任があるあおり運転であっても危険性あれば必ず警察に届けよう。ユーチューブなどで告発するのも被害者を増やさないという効能は大きい。あおり運転は悪い!

【画像ギャラリー】運転している時に心がけるべきこと「運転マナー」集