なぜ光岡バディはここまでメガヒットしたのか? 売れた秘密はどこにある?

なぜ光岡バディはここまでメガヒットしたのか? 売れる秘密がどこにある?

 トヨタRAV4をベースに、シボレー顔に仕立てたアメリカン風SUV、光岡バディ。その反響はすさまじく、2021年に50台、2022年に150台という予定だったバディの生産台数は、たった2日で売り切ってしまった。

 そこで2022年以降から2倍となる年間300台の増産を決定した。しかし相変わらずの納期約2年待ちは変わっていないという。

 ベストカーwebでも、1月14日の記事は400万PVというケタはずれのアクセスを達成している。一般ユーザーの関心も非常に高いのである。

 なぜここまで光岡バディは大ヒットしたのか? 売れた秘密はどこにあるのか、モータージャーナリストの清水草一氏が解説する。

文/清水草一、写真/ベストカーweb編集部、光岡自動車

【画像ギャラリー】バディ画像集とアメリカンSUVとの比較はこちら!


■バディがこれほどウケたのは理由があった!

トヨタのRAV4をベースに、「オロチ」や「ロックスター」も担当した光岡自動車の青木孝憲企画開発課課長がデザインした「バディ」

 光岡バディは、なぜここまで人気なのか? 信頼性のカタマリであり、人気もあるトヨタRAV4をベースにしたことや、本物のアメリカンSUVに乗りたかったけれど、大排気量で燃費が悪くて故障も怖いと踏み切れなかった潜在層が、バディに飛びついた……という形だろうか。

 RAV4の信頼性が高く安心なのは間違いない。しかし、人気のハイブリッドグレードにオプションもそれなりに盛れば、バディの支払総額は700万円に達する。それがこれほどの人気となるとは……。

ガソリン車が469万7000円~549万4500円、ハイブリッド車が525万300~589万9300円。それぞれ2WDと4WDを用意する

 やはりバディはデザインで売るクルマだ。今回は、デザイン面に絞って、光岡バディを語ってみよう。

 光岡バディのフロントマスクは、ほぼ「シボレー サバーバン」のソレだ。1971~1991年の7代目もしくは1992年から1999年まで生産された8代目サバーバンに最も近い。同時期のK5ブレイザーにも似ている。

 といっても、ピンポイントで「8代目サバーバン最高!」と思っている日本人はごく少ないだろう。バディのフロントマスクは、ピックアップトラック系アメリカンSUVの最大公約数であり、漠然と「おおらかでカッコいい!」「こんなクルマが欲しかった!」と思わせる。

1989年式シボレーサバーバン
8代目となる1994年式シボレーサバーバン

 それは、ファミリーレストラン『デニーズ』の店舗外観に近い感覚である。

 日本でのアメ車人気は意外なほど根強い。日本人の深層心理には、バカデカくて大味で、ただひたすらおおらかなアメ車デザインへの憧れとも郷愁ともつかない何かがある。

 かく言う私も、アメリカンSUVが欲しいと思ったことはコレッポッチもないが、サバーバンを見ると、「ああ、いいなぁ」、「ああいうおおらかなクルマって癒されるなぁ」とは感じる。

 それは一種のないものねだり。日本で乗るのはムリだけど、アメリカっていいなぁ、という感覚だ。多くのクルマ好きが、同じような思いを抱いているのではないだろうか。

 その証拠と言ってはなんだが、本物のアメリカンSUVは、日本ではあまり売れない。いや、売れなかった。売れなかったがゆえに、今や正規輸入モデルは非常に限定されている。

1984年式シボレーブレイザー。この格子グリルの感じが光岡バディのグリルに最も近い?
シボレーK5ブレイザー。写真は3代目となる1992年モデル。ブレイザーはフルサイズの「K5」と少しコンパクトな「S-10」がある

 現在、シボレーブランドのラインナップは、コルベットとカマロだけ。サバーバンはただの一度も正規輸入されていない。GM車全体を見ても、キャデラックにしかSUVがない。

 フォードは日本販売から撤退し、人気のあったエクスプローラーも、現在は並行輸入に頼るしかない。ジープは非常に元気だが、ジープはジープであって、アメリカンピックアップ系SUVとはデザインテイストがまったく異なる。

 また、アメリカンSUVの現行ラインナップ(日本にはほぼ正規輸入されていない)を見ると、多くのモデルでデザインの洗練度が大幅に上昇している。かつてのようなおおらかで大味なデザインは、完全にノスタルジーなのである。

■「なんとなくアメリカン・ヴィンテージ」というデザインがウケた

光岡自動車がSUVを手がけるのはバディが初めて。発表は2020年11月26日。先行予約受付は同日から開始し、発売は2021年6月からとなる

 そこに突如として、新車で買える8代目サバーバンこと光岡バディが現れた。そのフロントマスクは、日本人にとっては「ほどよいアメリカン・ヴィンテージスタイル」なのではないか?

 まさにデニーズである。1990年代をヴィンテージと言うには若すぎるが、そういう細かいことはどうでもいい。なにしろデニーズなんだから。「なんとなくアメリカン・ヴィンテージ」であればそれでいいのだ。

 ということで、アメ車志向がゼロの私でも、バディのフロントマスクはカッコいいと思う。それは、中学時代、自宅近所にデニーズが開店した時のような感覚だ。

 デニーズは、店舗デザインも内装も、漠然としたアメリカン・ヴィンテージスタイル(本場アメリカのデニーズもほぼ同じ)で、入店すればアメリカンな制服を着たウェイトレスさんが、「デニーズへようこそ!」と迎えてくれた。それは夢の国の誕生だった。

バディのベース車となっている、現行モデルのトヨタRAV4。バディのフロントマスクは見事にモディファイされている

 私は今でもデニーズが大好きだ。が、フロントマスクを除くと、バディの外観はデニーズではなくRAV4そのものだ。特にサイドは完全にRAV4。フェンダーアーチの形状を見ると、「ああ、これはRAV4なんだ……」と天を仰ぎたくなる。

 いや、現行RAV4の角ばったフェンダー形状は適度にアメリカンではあり、それほどの違和感はないとも言えるが。リアは、シンプルな縦型テールランプとウッド調パネルでそれらしくしているが、やはりRAV4である。

 傾斜の強いリアウィンドウは、サバーバンっぽさを大いに損ねている。RAV4をベースにしている以上、どうしようもないことではあるが、RAV4はRAV4なのだ。玄関はデニーズでもその他は大戸屋、とでも言おうか。

ベース車のトヨタRAV4のリアフォルム
バディのリアフォルム。基本的な形状はRAV4を思わせるものの、縦型のテールランプやテールゲートのデザインなど、ディテールにこだわりを感じさせる
1994年モデルのシボレーサバーバンのリアフォルム。切り立ったデザインがいかにもアメリカン
1985年式シボレーブレイザー。リアのキャノピー部分が取り外せるモデル

 救いは、現行RAV4がもともと角ばったフォルムを持っていること。おかげで、フロントマスクの取って付けた感はそれほど強くない。それほど強くないが、取って付けたことは一目でわかる。それはこういったモディファイ車の限界だ。バディは、独立した自動車デザインとして評価すべき対象ではない。

 ただ、バディを見ると、私の中にも眠っているアメリカへの憧れのようなものが復活する。RAV4は全幅が1855mmあり、本物とそれほど大差ないので、ロードスターベースの光岡ロックスターより、ずっと入り込みやすい気もする。

■光岡バディ日本全国巡回展示中
 1月29日に福岡をスタートした光岡バディの巡回展示は中国地方、近畿地方、中部地方、東海地方、そして長野県、神奈川県横浜市、東京ショールーム、高崎ショールームの展示が終わり、4月2日以降のスケジュールは以下の通り。
●4月2日(金)~4月4日(日)
MITSUOKAさいたまショールーム(埼玉県さいたま市南区)
坂田自動車工業(埼玉県深谷市)
●4月9(金)~4月11(日)
BUBU MITSUOKA柏ショールーム(千葉県柏市)
BUBU MITSUOKA宇都宮ショールーム(栃木県宇都宮市)
●4月16(金)~4月18(日)
BUBU MITSUOKAつくばショールーム(茨城県つくば市)
●4月23(金)~4月25(日)
MITSUOKA仙台ショールーム
北海道ブブ(北海道札幌市)

光岡自動車のホームページはこちら!(リンク先)

【画像ギャラリー】バディ画像集とアメリカンSUVとの比較はこちら!