人気車はオラオラ顔ばかり!? 優しい顔のデザインはなぜ受けない??

人気車はオラオラ顔ばかり!? 優しい顔のデザインはなぜ受けない??

 最新の人気車を見ると、トヨタ アルファードを筆頭に、大きなグリルで迫力を重視したクルマが多い。その一方で、親しみが湧く優しめのデザインは、ホンダ フィットを筆頭に、販売面で伸び悩んでいる印象がある。

 実際には、フィットはそれほど苦戦しているわけではない。販売台数でヤリスに大きく水を開けられているように見えるのは、ヤリスの台数にヤリスクロスが含まれているからで、ハッチバックのヤリスとの対比なら僅差……と思っていたら、2021年に入ってフィットの販売台数が大きく落ち、差が広がっている。どうしたフィット!?

文/清水草一 写真/編集部、FORD、AUDI

【画像ギャラリー】北米で最も売れているクルマ フォードF150 厳選写真22枚


事前予想と真逆だったフィットとヤリスの売れ行き

フィットは、「癒しの柴犬」のような親しみがある優しいデザインになっている。2021年2月の販売台数をみてみると、フィットが5,782台、一方ヤリスは20,559台と大差がついている
フィットは、「癒しの柴犬」のような親しみがある優しいデザインになっている。2021年2月の販売台数をみてみると、フィットが5,782台、一方ヤリスは20,559台と大差がついている

 私を含め周囲では、ヤリス対フィットに関しては、「走りや燃費ならヤリスだけど、内外装や居住性なら断然フィット」というのが結論だ。一般ユーザーにはフィットのほうがウケるはず! と思っていた。ところが現実は逆だった。

 ヤリスのデザインには、強烈な個性と毒がある。これを私は「毒虫顔」と呼んでいるが、癒しの柴犬よりも毒虫が売れているのである。

 私が最も衝撃を受けたのは、60代の姉夫婦が、昨年、「クラウンからヤリスに買い替えた」と聞いた時だった。

 典型的なクルマ無関心派である姉夫婦が、まさかあの毒虫顔のヤリスを買うとは! 私は内心激しい衝撃を受けた。

姉「ディーラーの人に、2年後には(クラウンの)下取りがゼロになっちゃいますよって言われたから……」

 それを聞いて、もはや「なぜヤリスにしたの?」と聞く元気も湧かなかった。たぶん、なんでもいいから小さいクルマにしたかったのだろう。

ヤリスは、強烈かつ個性的なデザインになっている。2020年2月に登場して以降、販売好調。
ヤリスは、強烈かつ個性的なデザインになっている。2020年2月に登場して以降、販売好調。

 そして、トヨタの新しい小型車だからということで、自動的にヤリスに決めたのだろう。ヤリスを見て、「このクルマは顔がイヤ!」みたいな思いは一切抱かずに。

 一般ユーザーは、もはや強烈な顔に慣れ切っていて、抵抗がないのである。
 ではなぜ、強烈な顔に慣れたのか。

 それはもう、街行くクルマの多くが、強烈な顔になったからである。日本のユーザーの大多数を占めるクルマ無関心派は、自分だけが目立つことは嫌うが、みんなが強烈なら赤信号も怖くない。

 かつて三菱 iは、自動車メディア絶賛にもかかわらず、販売不振に喘いだ。あの当時は、「田舎じゃこんな目立つクルマに乗れないよ」と言われたものだが、その状況は変わった。なぜなら、みんな目立つクルマになったから!

 ではなぜ、みんな目立つクルマになったのだろう。

次ページは : オラオラ顔が流行する理由として考えられる背景は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します