テスラ値下げで激戦!? 価格500万円以下で選ぶEVのお薦めは?


 最近EV(電気自動車)で大きな話題になったのがテスラモデルSの大幅値下げだろう。これによってグレードによっては150万円以上も値下げされ、400万円台の価格になった。

 そのほかにも昨年から、輸入車はベーシッククラスのEVが導入されていて、日本車もホンダe、マツダMX-30のEVが登場。500万円以下の実用的なEVが最近、充実してきている。

 政府の2050年カーボンニュートラル宣言から、EVへの世間の注目が急加速的にアップしてる今、一般ユーザーにとって現実的なEVとなると、日産リーフなど、価格が500万円以下のモデルではないだろうか。

 というわけで、ここでは500万円前後とそれ以下の価格の日本で買えるEV、7車種の特徴をガイドしていこう!

文/御堀直嗣
写真/ホンダ、マツダ、テスラ、プジョー、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】このくらいなら手が届きそう!? アンダー500万円の各社EVを見る


■近年は輸入車でも500万円以下のEVが充実してきた

プジョーe208は400万円を切る価格で登場した。輸入車最安のEVだ

 国内で購入できる電気自動車(EV)は、まだ価格が比較的高いのは事実だが、500万円以下の値を付けた車種がだいぶ出てきている。

 なかでも最近話題となったのが、米国テスラのモデル3の価格値下げだ。後輪駆動のスタンダードレンジプラスが、511万円から一気に429万円となった。4輪駆動の上級車種であるロングレンジAWDも500万円を切る499万円に改定された。最上級車種のパフォーマンスは、据え置きで717.3万円である。

 モデル3は、テスラ初の普及車種といえる位置づけだ。テスラによれば、材料の調達や製造原価の削減に常に努めており、世界各地で展開するリチウムイオンバッテリー生産のギガファクトリーもその一環だ。

大胆な値下げで500万円以下にまで価格を落としたテスラ モデル3

 ギガファクトリー上海は、モデル3専用の工場であり、品質が向上しているという。そして日本に近いため、輸送原価が下がった。逆に北米向けモデル3は運搬が遠距離となり、値上がりしているとのことだ。

 輸入車ではほかに、プジョーe208は、さらに400万円を切る389.9万円からとなる。輸入車でもっとも安いEVだ。同じプジョーのSUVであるe2008は、431万円からである。

 早くからEVを導入したBMWのi3は、廉価車種のエディションジョイ+(レンジエクステンダーなし)が499万円と、500万円を切っているが、ほかは500万~600万円台になる。ただ残念ながら、エディションジョイ+も、4月1日以降は値上がりして505万円となった。

 フォルクスワーゲンのeゴルフは、すでに昨年生産が中止されている。代わるiD3などがいつ日本に導入されるかは未定だ。

 輸入車は、近年急速にEVを充実させてきている。

■国産EVも500万円を切って続々登場

日産 リーフe +(イー・プラス)。上級クラスでも価格は500万円を切っている

 日本車は、三菱i‐MiEVが今年度内に生産をついに終了する。

 2代目へモデルチェンジをした日産リーフは、車載バッテリー容量で40kWhと62kWhの選択肢がある。バッテリー容量の少ない40kWhの仕様で332.64万円から、e+(イー・プラス)と呼ばれる62kWh仕様は441.1万円からで、いずれの上級車種も価格は500万円を切っている。

 ほかでは、昨年ホンダeが誕生し、今年からマツダMX-30にEVが追加された。ホンダeとMX-30は、価格帯が451万~495万円とまったく同じだ。

 この先は、今年日産からSUV(スポーツ多目的車)のアリアが発売予定であり、来年には三菱自とともに一昨年の東京モーターショーで日産が公開した軽EVが発売されそうだ。その価格は、補助金など考慮すると200万円を切るとの話が出ている。

次ページは : ■EV化に先んじた輸入車組は独自の魅力を押し出す