パトロールNISMO登場!! 日本でも見てみたい迫力の弩級モデルはどんな走りを見せる!? 

迫力の弩級モデルはどんな走りを見せる! ?日本でも見てみたいパトロールに、NISMOが登場

 2021年3月31日、日産自動車の中東法人は、大型3列シートのクロカンSUV「パトロールNISMO 2021年モデル」をデジタルワールドプレミアした。販売は中東地域限定となっており、日本や北米、欧州、中国などにも導入予定は現時点ない。

 まさに「中東スペシャル」な、「パトロールのNISMO」の詳細をお伝えしていくとともに、日産がパトロールにNISMOを追加した狙いについて、考察していく。

文/吉川賢一
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】NISMOブランドの中東向け戦略車!? パトロールNISMOを写真でチェック!!


■GT-Rエンジンの「匠」がエンジンチューニングを担当

『パトロール』は、かつて日本国内で『サファリ』として販売されていた、8人乗り5ドアの本格クロカンSUVだ。オフロード性能や耐久性能が高く追求されたモデルであり、砂漠地帯を駆け巡るような使われ方が多いという。2010年に発表された現行型パトロールは、全長5メートルを越え、全幅も2メートル弱、エンジン排気量は5.6リットルもある。

 そのパトロールも、デビューから10年が経ち、2020年マイナーチェンジをうけ、最新モデルへと進化をしている。今回発表されたパトロールNISMOは、このマイナーチェンジ版にNISMOが手を加えた、特別モデルだ。

2020年にマイナーチェンジした新型パトロール。5170×1995×1940(全長×全幅×全高[mm])というボディサイズでホイールベース3075mm、車両重量2780kgだ

 パトロールのエンジンは、5.6LのV8自然吸気ガソリンエンジン。NISMO仕様では、さらにチューニングが施されており、最高出力428ps/5800rpm、最大トルクは560Nm/4800rpmまで引き上げられている(ベースのパトロールは400ps/5800rpm、560Nm/4000rpm)。ず太いトルクで、車重3トンに迫る巨体を、猛烈なGで加速させていく。

 日産によると、今回、パトロールNISMO専用エンジンのチューニングを担当したのは、日産の横浜工場で、GT-Rのエンジンを手組していた4名の「匠」だという。「匠」とは、エンジンの組立だけでなく、そのエンジンの使われる場所や頻度などにも精通し、厳しい基準と、高い志がある者のみが任命される、正真正銘のエキスパートだ。

 その「匠」がチューニングをしたエンジン、というのだから、ファンとしてはたまらないし、中東の富裕層にとって、こうした付加価値はうれしいものであろう。

■NISMOのテクノロジーが詰め込まれた空力性能

 パトロールNISMOのエアロダイナミクスは、モータースポーツで活躍するNISMOのテクノロジーをベースに、基準車であるパトロールから改良が施されている。この手の大型SUVの場合、フロアの下に流れ込む空気の影響で、ボディにはリフト(揚力)が働きやすく、高速域になるにつれて、フロントタイヤの接地感が抜けてしまう現象が起きてしまう。そのため、揚力を減らして、ボディを接地させる方向へのセッティングが重要となる。

 パトロールNISMOでは、フロントバンパーにサイドダクトを追加し、バンパー下には、レッドに塗装されたリップスポイラーを追加することで、フロントから受けた空気が、ボディ下部へ流れる量を減らし、フロントのリフトを抑えている。

パトロールNISMOは、現在2019年型がスーパーGTのFRO(ファーストレスキューオペレーション)車両として運用されている。もし2021年型が導入されれば、日本でもその姿が見られるかもしれない

 また、リアに大型のルーフスポイラーを装備し、ルーフ面を流れてきた気流が、ボディから剥離して発生する渦の位置を遠ざけることで、ドラッグ(抵抗)を低減。大型リアバンパーの下部には、縦フィンが設けられたディフューザーが装備されており、整流効果を持たせている。

 さらには、NISMO専用デザインとなる2トーンカラーの22インチホイールや、このモデル用に仕上げたビルシュタイン製ショックアブソーバーを採用するなど、足回りのセッティングもぬかりなく施されている。こうしたパーツの効果もあり、パトロールNISMOは優れた高速直進安定性と、アジリティ(俊敏さ)を手に入れているそうだ。

次ページは : ■NISMOらしさ溢れるスポーティなエクステリア&インテリア