走りはセルシオよりも上だった!!? 秀作 日産 インフィニティQ45が陥った轍【偉大な生産終了車】

走りはセルシオよりも上!!? 秀作 日産 インフィニティQ45が陥った轍【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回は日産 インフィニティQ45(1989-1997)をご紹介します。

文/伊達軍曹、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】海外ではインフィニティブランドのフラッグシップモデルに成長! 日産 インフィニティQ45をギャラリーで見る


■「日本ならではの高級車像」を体現すべく登場したインフィニティQ45

 1980年代後半の未曾有の好景気を背景に、メルセデス・ベンツやBMW、ジャガーなどを仮想敵とする「大型高級サルーン」として開発をスタート。

 そしてそれは、先行して開発が始まっていた初代トヨタ セルシオも仮想敵とするモデルでもあった。

 だが結果としてさまざまな「読み違え」により人気を博すには至らず、日本市場からは1代限りで消えていったセダン。

 それが、日産 インフィニティQ45です。

 日産は1989年、北米市場向けの高級車ブランドとして「インフィニティ」を設立。そのフラッグシップモデルとして、日本では同年11月に「日産 インフィニティQ45」が発売されました。

日産 インフィニティQ45。金属バネを持たないフルアクティブサスを世界で初めて市販化するなど、従来とはまったく違う新しい高級車像を目指していた

 キャッチフレーズは「ジャパン・オリジナル」。

 欧米列強が作ってきた高級車とは異なる「日本ならではの高級車像」を創出しようと考えたのです。

 高級サルーンでは常識的に定番だった大型のフロントメッキグリルを排してグリルレスとし、そこに七宝焼きの専用オーナメントを装着。

 ボディには、グラファイトの作用により光源や角度に応じて色味が変わって見える「トワイライトカラー」が採用されました。

インテリアでは、これまた高級サルーンでは当たり前の装備であった木目パネルは使わず、インパネには漆塗りの「KOKONインスト」もメーカーオプションとして設定しました。

インパネ。KOKONインストは「エッグシェル」と呼ばれた、白いレザーシートとのセットオプションとして扱われた

 搭載エンジンは可変バルブタイミング機構とマルチポートインジェクションを組み込んだ新開発の4.5L V8DOHC。

 トランスミッションは、シフトアップとダウン時にエンジントルクが制御されるタイプの4速ATで、サスペンションは当時の日産 スカイラインやフェアレディZで高い評価を得ていた4輪マルチリンク方式。

 さらに、市販車としては世界初の油圧アクティブサスペンション装着車も用意されました。

 初期年式の主なグレードバリエーションは標準車のほか、本革内装と鍛造アルミホイールを採用する「Lパッケージ」と、Lパッケージに油圧アクティブサスペンションを合わせた「セレクションパッケージ」。

 価格は524万~634万円と、当時の日産車では最高価格帯に位置するものでした。

 そのような形でデビューした日産 インフィニティは、ほぼ同時期に登場した初代トヨタ セルシオに静粛性では劣るものの、スポーティに走らせる分には「セルシオより明らかに上」というのが、当時のジャーナリスト諸氏のおおむね共通する見解でした。

トヨタ セルシオ(1989-2006)。Q45よりわずか1ヶ月早く(1989年10月)登場したセルシオ。今なお名車として惜しむ声は多い

 しかし実際に発売されたインフィニティQ45は、ユーザーからは今ひとつ支持されませんでした。

 1993年のマイナーチェンジで七宝焼オーナメントと漆塗りインパネを廃止し、一般的なフロントグリルと木目パネルを採用するなど、明らかな「方向転換」が行われましたが、それでも日産 インフィニティQ45のセールスが上向きになることはありませんでした。

 そのため日産は、1997年5月にインフィニティQ45生産を終了。同年9月には、3代目日産 シーマに統合される形で販売も終了となりました。

■現在にも通じる「ジャパン・オリジナル」という轍

「ジャパン・オリジナル」を標榜し、そしてスポーティで優秀な走行性能も有していた日産 インフィニティQ45が、日本では人気薄なまま1代限りで終わってしまった理由。

 それは、「ジャパン・オリジナル」なるものの定義に失敗したから――であるように思えます。

 ジャパン・オリジナルとは、平たく言い換えるなら「日本ならではの良さ」といった感じになるでしょうか。

 では、「日本ならではの良さ」とはいったい何でしょう?

 なかなか難しい問題であり、浅学非才な筆者が簡単に「こう!」と言える話でもありません。

 しかし少なくとも、「フロントに七宝焼のエンブレムをくっつけて、インパネを漆塗りにするのが日本の美である」とは、絶対に言えないはずです。

マイナーチェンジ後のQ45。フロントにグリルが取り付けられ、それまでのイメージは鳴りを潜めた

 マンガ『美味しんぼ』のなかで主人公の山岡士郎と、その父である海原雄山が「日本の良さを料理に生かす」的なテーマで勝負を行うことになった際、士郎は「最高のアワビやイクラなど」をふんだんに使うことを考え、それは実際、審査員も「うまい!」と唸るほど美味しいものになりました。

 しかしそれに対して雄山は――ググらずに記憶で書いているため、細部は少し間違っているかもしれませんが――最高のトマトを使い、きわめてシンプルなスパゲティを作りました。

 そのシンプルな、というか貧相なビジュアルのトマトスパゲティを見て、士郎は「ふっ、俺の勝ちだな」と確信しましたが、審査員が全員一致で「これこそが日本の良さを体現した素晴らしい料理である!」と判定したのは、雄山が作ったシンプルな、しかし素材の良さをそのまま引き出したスパゲティのほうでした。

 本稿はマンガのあれこれを語るものではないためこれ以上の詳細は省きますが、「ジャパン・オリジナル」とは七宝焼や漆塗りそのものではなく、雄山が提示した「精神のあり方」であるはずです。その点でまず、インフィニティQ45はズレていました。

 そしてズレていたといえば、「メルセデスやBMWなどにも負けない高速域でのスポーティなドライブフィール」というのも、ジャパン・オリジナルの観点から言えばズレていたのかもしれません。

 欧州列強の高級サルーンにも負けない高速域でのフィールと安定性を生み出すこと自体は、もちろん素晴らしいことであると思います。

 しかし向こうは、場合によっては200km/h以上での巡航を行うためのクルマであり、そのための作りをしています。

 それと同等の安定感をもって走れる車を、公的には(当時)100km/hまでしか出すことができず、イリーガルな場合でもせいぜい130km/hぐらいまでしか出せない日本で走らせても、実はあまり気持ち良くはないものです。

 100km/hぐらいまでの範囲、つまり日本国内での使用を前提に考えるのであれば、コアな自動車マニアからは忌み嫌われることも多い、先代までのトヨタ クラウンの「きわめて乗り心地が良く、きわめて静粛である」というあの世界観のほうが、よっぽど「素晴らしきジャパン・オリジナル」だと言えるでしょう。

 欧米列強に食い込まんとし、同時期に発売された初代トヨタ セルシオに負けまいとした日産 インフィニティQ45の、気概そのものは立派でした。

 しかしその実際のアプローチは、少々微妙だったと言わざるを得ません。

■日産 インフィニティQ45 主要諸元
・全長×全幅×全高:5090mm×1825mm×1425mm
・ホイールベース:2880mm
・車重:1840kg
・エンジン:V型8気筒DOHC、4494cc
・最高出力:280ps/6000rpm
・最大トルク:40.8kgm/4000rpm
・燃費:5.5km/L(10モード)
・価格:634万円(1990年式 油圧アクティブサスペンション装着車 セレクションパッケージ)

【画像ギャラリー】海外ではインフィニティブランドのフラッグシップモデルに成長! 日産 インフィニティQ45をギャラリーで見る