元祖ハイソカー みんなが憧れたソアラの中古車今いくら?


 現在、50代以上の方は、「ハイソカー」と聞いて、まず思い浮かべるクルマはなんだろうか? 多くの人は、トヨタソアラと答えるはずだ。

 初代か2代目、どちらのモデルも、安くはない高級車だっただけに、当時の20代は憧れ、30代、40代はどうにかローンで手に入れ、モテモテなクルマ生活を送っていたことだろう。

 初代ソアラは1981年2月~1986年1月、2代目が1986年1月~1991年5月に販売された。初代ソアラが発売されてから早40年、2代目ソアラが販売終了になってから30年の月日が流れた。当時、ソアラに憧れた20代、30代の若者たちは、今や50代、60代。

 そんなおじさんのみなさん、当時を思い出し、当時買えなかったソアラを買ってみませんか? 

文/萩原文博
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】バブルを象徴する元祖ハイソカー トヨタソアラの秘蔵写真を見る


クルマでモテた ハイソカーブームが起きた時代が懐かしい

初代ソアラは1981年2月〜1985年12月まで販売。キャビンと同時にボディ全体に“踏ん張りスタイル”という安定感のあるデザインは新鮮な印象を与えた。さらに「トーン・オン・トーン」という上下に同系色の2色でまとめた配色も珍しかった

 1970年代のスーパーカーブームから現在のSUVブームまでクルマはさまざまな流行が起こった。今回注目したクルマのブームは1980年代に起こった「ハイソカーブーム」だ。

 50代の人は懐かしいと感じるだろうが、若い人はハイソカーって一体何? となるだろう。ハイソカーの語源はHigh society car。

 現代風にいうと、レクサスのようなプレミアムモデルを指すと言える。それはなぜかというとハイソカーブームの中心車種はトヨタ車だったからだ。

 一般的なクルマのブームはスーパーカーのようにブランドやそのクルマのもつ高いポテンシャルやミニバン、SUVのようなクルマのボディタイプで括られることが多い。

 しかし、ハイソカーはトヨタ車そして、スーパーホワイトと呼ばれるボディカラー。そしてツインカム24というエンブレムがマストアイテムだったのだ。

 そしてハイソカーと呼ばれた車種は60~80系のマークII、チェイサー、クレスタの3兄弟。S120~S130系のクラウンといったFRの駆動方式を採用したセダン。

 そしてスペシャリティカーの10~20系のソアラなどが該当した。1980年代、クルマは女性にもてるためのアイテムで、ハイソカーブームはそうした流れのなかで発生したものだった。

 以前、携わっていた編集部に、就職の際にスーパーホワイトのマークIIを勧められて購入した4歳上の先輩がいた。当時クルマにほとんど興味がなく、“もてる”ためにハイソカーである80系マークIIを購入したというハイソカーブームの生き証人だった。

 ただこのハイソカーブームをきっかけにトヨタ車の白(パール)人気は不動のものとなったことは紛れもない事実だ。

 他方、開発にあたった初代ソアラの開発責任者、岡田捻弘氏が白洲次郎氏からもらった手紙も逸話として残っている。初めて面会して数日後にゴルフボールとともに送られてきた白洲次郎氏から来た手紙には初代ソアラの問題点が箇条書きにしてあったという。

 少々話がそれてしまったが、今回はこのハイソカーブームを作ったスペシャリティカーの初代、2代目ソアラの中古車事情について紹介する。

ソアラの開発責任者、岡田捻弘氏が白洲次郎氏からもらった手紙

初代ソアラを作った男が白洲次郎からもらった手紙

初代ソアラ(1981年2月~1986年1月)/中古車市場には24台が流通、400万円オーバーも

初代ソアラ2800GTエキストラ。搭載される2.8L、直6エンジンは最高出力170psを発生する
デジタル表示のスピードメーターを備えた近未来的なコクピット
2ドアクーペながらも後席を備え、乗車定員は5名
1982年3月に追加されたソアラ2800GTリミテッド。専用本革バケットシートやテクニクス製オーディオを装備した最上級グレード

初代ソアラの中古車情報はこちら!

 初代ソアラは1981年2月に販売開始された、トヨタが手がけた初めての3ナンバーサイズのスペシャリティカー。ロングノーズ、ショートデッキの2ドアクーペで、フロントに6気筒エンジンを搭載し、後輪を駆動させるFRレイアウトを採用した。

 デジタルメーターをはじめ、ECT、TEMSといった当時最先端の技術が導入された。ボディカラーに従来の白塗装より明度を大幅に上げた「スーパーホワイト」を採用。

 このボディカラーが「ハイソカー」に必要な清潔感やクリーンなイメージを生んだと言える。初代ソアラに搭載されているエンジンは5M型の2.8L直列6気筒DOHCをはじめ、1G型の2L直列6気筒。

 そして、1981年に直6SOHCターボエンジンを追加。1983年に1G型2L直列6気筒DOHC4バルブエンジン。そして、1985年には2.8Lエンジンが6M型3L直列6気筒DOHCエンジンに換装されるなど、当時のトヨタの最強エンジンラインアップを誇った。

 筆者には初代ソアラには現在でもよく覚えている思い出がある。筆者が中学生だった時、学年で一番怖いと言われていた教師がなんと初代ソアラに乗っていたのだ。

 少年ジャンプの『よろしくメカドック』を愛読していた筆者にとってゼロヨンGP編に登場したチューニング界のカリスマ、露崎武士率いる紫電改のハイパーソアラのベース車が目の前にあるというだけで、毎日学校へ行く理由だった。

 しかし卒業式の日、そのソアラのボンネットやルーフの上に鉢植えが落とされた無残な姿を見たときには、まるで自分のクルマが傷つけられたような気分になった。

 1981年〜1985年まで販売された初代ソアラは現在24台の中古車が流通している。価格帯は約158万円〜約458万円で、価格応談という中古車も多い。

 ノーマル車のほうが高いということもなく、コンディションが価格を左右しており、チューニングカーもそれなりに高め。高価格帯は3.0GTや2.8GTのノーマル車となっている。

 F31型の日産レパードのようにフルレストアされたモデルはほとんどなく、当時のままということもあり、500万円以上という高価格車は流通していない。

 しかし、30年以上前の中古車が平均約250万円というのはプレミアム価格であることは否定できない。

次ページは : 2代目ソアラ(1986年1月~1991年5月)/流通台数は初代に比べると46台と倍増、ノーマル車が多い

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ