トヨタ人気のコンパクトSUVを買うなら…… ライズがいい? それともヤリスクロスがいいのか?


 最近、絶好調に売れているのがトヨタのコンパクトSUV、ライズとヤリスクロスだ。

 この2台、ライズは167万9000円~228万2000円、ヤリスクロスが179万8000円~281万5000円と、実は価格が意外とバッティングしている。そんなわけで、どちらかの車種をいざ購入しようと考えた時に迷う人も多いのではないだろうか?

 ただ、同じコンパクトSUVでもクラス分けされているので、予算に余裕がある人はヤリスクロスのハイブリッドを選ぶのかもしれない。とはいえ、ボディは小さくてもいいという人ならライズの上級グレードを買ったほうがいいのでは? と考える人も少なくないはずだ。

 この2台、買うならどっちがお薦めなのだろうか? さらにお薦めグレードを含めて、モータージャーナリストの岡本幸一郎氏に解説してもらった。

文/岡本幸一郎  写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ライズvs.ヤリスクロス 大人気SUVのデザイン、質感、実用性を徹底比較!!


■ライズもヤリスクロスも売れているのは上級グレード

コンパクトSUVのライズは2019年11月に発売。ボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm
明るさや楽しさを感じさせるライズのインテリア。小さいボディながら、後席もヤリスクロスと同等の広さが確保されている

 いつのまにかSUVの宝庫となったトヨタのラインアップのなかでも、特に旬を迎えているのが、いずれも価格がリーズナブルでサイズが小さめのライズとヤリスクロスだ。

 2019年11月秋に発売されたライズはすぐさま売れまくり、同月に登録車の販売台数ランキングで4位にランクイン。4294台の姉妹車ロッキーと併せると実質的に首位という華々しいデビューを飾るや、翌1月には単独で首位に立った。

 2020年8月にヤリスクロスが発売されても、9月~10月とライズがヤリスクロスの倍近い1万3000台を超える売れゆきを見せた。そして11月~12月にほぼ並び、その後はヤリスクロスが上回るという状況となっているが、ライズの勢いもまだまだ衰えていない。

 ヤリスクロスの売れ筋はハイブリッドが圧倒的で、グレードで見ると1位がハイブリッドの「Z」(50%)、2位がガソリンの「Z」(22%)、3位がハイブリッドの「G」(14%)で、一方のライズは1位が「Z」(50%)、2位が「G」(20%)、3位が「Z」の4WD(15%)となっている。

 どちらも上級グレードが売れているわけだが、この2台は価格もサイズも近く、実際にも購入者でどちらを選んだらよいのか迷った人も少なくないことだろう。

■購入の決め手はデザインの好み

2020年8月に登場したヤリスクロス。ボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mm
ヤリスクロスのインパネは落ち着いた空間に仕上げられている

 価格については、ライズが167万9000円~228万2000円、ヤリスクロスが179万8000円~281万5000円となっている。ただし、ヤリスクロスの低価格グレードは、まさに何もついていない状態なので、価格の下限を低く見せるために設定された印象もなくはない。

 一見すると価格帯がかぶっているように感じるものの、実質的にはやはりライズのほうが安い。

 中身について、まず基本的なところから述べると、TNGAとDNGAすなわち開発主がトヨタかダイハツかという違いがあるのはご存知のとおりとして、スリーサイズはライズが3995mm×1695mm×1620mm、ヤリスクロスは4180mm×1765mm×1590mmとなる。

 5ナンバーと3ナンバーという違いはもとより、ライズは全長が4mを切り、最小回転半径もMAXで4.9mと5mを切ることが特筆できる。実寸の差はそれほど大きくなくても、そのあたりを決め手に選ぶ人もいることだろう。

 むろん価格だけでなくデザインの好みも分かれ道だ。幸いこの2台では、RAV4の弟分的なライズとハリアーの弟分的(顔つきはだいぶ違うが…)なヤリスクロスではずいぶん雰囲気が違うので、好みが分かれて迷わないのではと思うところだが、どちらでもOKという人にこそ、ぜひ本記事を参考にして欲しい。

次ページは : ■ライズは軽快でパワフルな走りを発揮

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ