S660絶版でついに名門途絶える!! ホンダの原点「S」の系譜と珠玉のスピリット


 ホンダがビートに続いて久しぶりに放ったマイクロスポーツカーがS660だ。熱狂的なファンに支持されていたが、2022年3月をもって生産を終えることが発表された。

 これでホンダスピリットの走りの原点となる「S」シリーズの系譜がいったん途切れることになる。ホンダという自動車メーカーを知るうえで「S」シリーズは、これまでにも重要な役割を果たしてきた。

 本稿では伝統の「S」を車名にもつモデルが辿った系譜を振り返るとともに、そこに共通するホンダのスピリットを改めて考えてゆく。

文/片岡英明 写真/HONDA

【画像ギャラリー】幻のS360も!ホンダ歴代「S」全系譜


ホンダ四輪の原点でもある「S」の系譜

 ご存じのように、ホンダは2輪車の世界で勇名を馳せ、世界グランプリでも圧倒的な強さを誇っている。1960年代になるとホンダは4輪の世界への進出を目論んだ。この時代はファミリーカーが中心だったが、ホンダはオープン2シーターのスポーツカーを引っさげて乗用車メーカーへの足場を築いている。

 4輪業界への進出を表明したのは1962年1月だ。6月には鈴鹿サーキットでS360のプロトタイプと軽4輪トラックのT360を関係者にお披露目している。ボンネットの中に収められていたのは精緻な直列4気筒DOHCエンジンだ。

ホンダS500(販売時期:1963~1964年/全長3300×全幅1430×全高1200mm)

 軽自動車の枠に入れたS360は試作だけに終わったが、1963年10月にS500を発表し、販売に移している。

 エンジンは531ccのAS280E型直列4気筒DOHCだ。シリンダーヘッドからブロック、オイルパンまで総アルミ製で、レーシングエンジン並みの高回転を可能にしている。京浜製のCV可変ベンチュリーキャブを4基装着し、最高出力はグロス44ps/8000rpmだ。レッドゾーンは9500回転と、ライバルの度肝を抜いた。

 この時代、エンジンはシンプルなOHVが主流である。リッターあたり出力は50ps以下、回転数も6000回転あたりが上限だ。が、S500は時計のように精緻なエンジンを積み、レーシングエンジン並みに高回転まで回った。

ホンダS600(販売時期:1964~1965年/全長3300×全幅1400×全高1200mm)

 S500は1964年1月にS600へと発展し、さらに高性能なAS285E型DOHCを搭載する。独創的なチェーン駆動ならではの粋な走りもファンを魅了した。オープンだったが、1965年2月にファストバックのS600クーペを追加している。耐候性に優れ、快適なクーペの投入はホンダらしい決断だ。

ホンダS800(販売時期:1966~1970年/全長3335×全幅1400×全高1215mm)

 1965年になるとS800が登場する。心臓は791ccのAS800E型DOHCだ。排気量は小さいが、70psを絞り出し、最高速度は100マイルの160km/hをマークする。その実力は世界トップレベルだ。だが、基本設計が古くなったため1970年7月に生産を終了し、人々の記憶からも消えていった。

 第1期のホンダスポーツは、創設者の本田宗一郎の魂そのものだ。負けず嫌いのエンジニア社長の意地と心意気が、クルマに乗り移っている。独創的だし、破天荒だ。

 クラスを超えた質の高さを誇り、レーシングエンジン並みに高性能だった。高回転まで回すのが楽しいし、ビートの効いたエンジンサウンドも魂を揺さぶる。チャレンジ精神あふれるエンジニア魂、これが不屈の「ホンダイズム」だ。

久々に「S」を纏って復活したS2000

 世紀末になったころ、ホンダSシリーズを復活させようという機運が高まってきた。ホンダの創設50周年が迫っていたし、後輪駆動の操る楽しさを、もう一度ファンに味わってもらいたい、と首脳陣が感じたからだ。

 高性能モデルを開発することはエンジニアにとっても励みになる。また、新しい技術に挑戦できるチャンスも多い。こうした経緯から企画され、1999年春に送り出されたのがホンダS2000だ。

ホンダS2000(販売時期:1999~2009年/全長4135×全幅1750×全高1285mm)

 S800以来のフルオープンのFRピュアスポーツカーで、パワーユニットやボディ設計にも最新テクノロジーを数多く採用している。陣頭指揮をとったのは、初代NSXの開発リーダーを務めた上原繁だ。

 車名からわかるようにデビュー時のエンジンは、2LのF20C型直列4気筒DOHC・VTECだった。過給器に頼らず最高出力250psを絞り出し、リッター当たり出力は量産エンジンとしては驚異の125psを達成している。

 その気になれば9000回転まで使いきることができ、ショートストロークの6速MTは変速するのが楽しい。

 パワフルなエンジンに加え、クローズドボディ並みの高い剛性を誇るハイXボーンフレームやインホイールタイプのダブルウイッシュボーンサスペンションも魅力的だ。

 ボンネットとトランクも軽量なアルミ製とした。S2000はドライバーが操っている感覚が強く、ステアリングギアを可変式にしたタイプVは一段とクイックな挙動だ。軽やかな身のこなしが際立っている。

 ホンダ S2000は、ホンダスピリットがほとばしるピュアスポーツだった。エンジンはパワフルで、高回転まで回すと刺激的だ。ハンドリングもクイックで、狙ったラインを外さない。ホットに攻めても流して走っても楽しいのだ。

 もちろん、爽快なオープン・エア・モータリングも満喫できる。そして2005年には少しマイルドな性格の2.2Lエンジンに換装し、扱いやすさも手に入れた。走る楽しさに満ちたホンダS2000だが、9年夏に惜しまれつつ生産を終了している。再び「S」の系譜は途切れた。

次ページは : 21世紀の「S」として登場したS660