アル/ヴェル、N-BOXらに増えるド派手顔!! 「好きに選べばいい」だけでは済まない理由


アルファード/ヴェルファイアをはじめとしたミニバン、それに軽ハイトワゴンのカスタムモデルなどのフロントマスクはモデルチェンジの度にギラギラしたメッキパーツを多用してド派手さを増し、さらにコンパクトカーまでド派手顔が出現している。

このドヤ顔デザインが増加している今の日本車の傾向。もちろん購入したーオーナーは満足しているようだけど、「日本に溢れてくるとさすがにちょっと恥ずかしい」と思う人も増えてきた印象。そこで自動車デザインやパッケージング、売れ筋車に詳しい自動車ジャーナリストの3人に、それぞれ「ド派手顔グリル、どう思いますか?」と聞いてみました!

文:清水草一、片岡英明、渡辺陽一郎
初出:『ベストカー』 2018年5月10日号「春の大激論」より


■清水草一「シンプルな機能美こそ究極の姿」

自動車デザインは人それぞれ好みの問題という見方もあるだろうが、やはりよしあしの面もある!

軽ハイトワゴンのワル顔は、「軽だからこそナメられたくない」というユーザーの潜在欲求に応えたことで爆発的に売れたわけで、そういう需要を掘り起こしたのはビジネス的には超エライ! が、ムリヤリ顔だけワルくしているモデルもある。

ホンダN-BOXカスタム。N-BOXは今や日本のトップセラーカー。そういうクルマがド派手顔を採用
ホンダN-BOXカスタム。N-BOXは今や日本のトップセラーカー。そういうクルマがド派手顔を採用

といっても全部ダメなわけではなく、ワゴンRはワルなスティングレーのほうがしっくりきているといった例もある。とはいえ、ノーマルモデルのほうがデザイン的に完成度が高いことが多い。

なにせ軽の本質は機能性。初代ワゴンRのような、シンプルな機能美こそが究極の姿だ。ワゴンR(欧州仕様)をわざわざ所有していたガンディーニ氏も、その点を高く評価していたのだ!

1994年発売のスズキ初代ワゴンR。確かにスマートで美しい
1993年発売のスズキ初代ワゴンR。確かにスマートで美しい

■片岡英明「日本だけの流行ではないが……」

最近はド派手なフロントマスクが好まれている。ただし、これは日本だけの流行ではないのだ。

欧米でもメッキ塗装を多用し、厚化粧したクルマが増えている。存在感をアピールするためだが、日本では欧米より至近距離で見ることが多いから、ドヤ顔が目立ってしまうのだ。

今は派手なフロントマスクの車種も多い背の高いミニバンやSUVがファミリーカーの時代である。歩行者保護の安全性を確保するために、ボンネットの位置を意識して高くデザインするようになった。当然、フロントマスクは大きくて目立つ。

「ド派手顔市場」の先頭を走り続けているトヨタアルファード/ヴェルファイア。ド派手顔は世界的な流行だが、この2台はその中でもさらに派手
「ド派手顔市場」の先頭を走り続けているトヨタアルファード/ヴェルファイア。ド派手顔は世界的な流行だが、この2台はその中でもさらに派手

しかし、そのいっぽうで薄型のLEDヘッドライトが主流になりつつあるし、ラジエターのいらないEVも今後は増えてくる。そのため、威圧的でド派手なグリルを捨て、スマートなフロントマスクのクルマがどんどん出現する可能性も高いのだ。

それを多くの人が支持すれば、ドヤ顔のクルマは減るはずだ。

次ページは : ■渡辺陽一郎「好きなデザインを選べばいいが」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ