エルグランドの翌日発売から早20年!? “後発”アルファードが人気車になれた訳

エルグランドの翌日発売から早20年!? “後発”アルファードが人気車になれた訳

 高級モデルとしては異例の人気を集めるアルファードがいま「なぜ売れているか」ではなく、「なぜ売れたのか」。後発ながらここまでの人気車に成長できた理由とは?

 日本自動車販売協会連合会が発表する『乗用車ブランド通称名別順位』において、2021年1~3月まで、3か月連続で3位に入ったトヨタ アルファード。エントリーモデルでも352万円のラージサイズミニバンが、毎月1万台以上の販売台数を維持していることは、驚きしかない。

 アルファードは、なぜここまで人気のクルマになれたのだろうか。そこには、初代からの地道な積み重ねが存在する。アルファードが人気車に成長できた理由を、筆者の営業マンとしての体験も踏まえながら、考察していく。

文/佐々木亘 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】トヨタアルファード&ヴェルファイアと日産エルグランドを見比べる!! 写真21枚


新型エルグランド発売翌日にデビューした初代アルファード

初代アルファード(販売期間:2002~2008年/全長4840×全幅1805×全高1935mm)

 2002年、ラージサイズミニバン市場を席巻していた日産 エルグランドが、フルモデルチェンジを発表した翌日、初代アルファードは発表された。

 FR(フロントエンジン・後輪駆動)ベース、V型6気筒3.5Lエンジンのエルグランド(2.5Lエンジンは2004年12月に追加)に対して、アルファードはFF(同前輪駆動)ベース。V型6気筒3.5Lエンジンに加えて、直列4気筒2.4Lエンジン(2.4Lハイブリッドは2003年3月に追加)を用意した。

 アルファードは、必要十分な2.4Lエンジンを武器にして、幅広いユーザーに受け入れられる。そしてエルグランドを、あっという間に抜き去り、ラージクラスミニバンの頂点に立った。

 初代アルファードは、確かにエルグランドを研究していた。しかし、それ以上に、経済・社会情勢に合わせたクルマ作りをしていたように筆者は思う。

 大きいクルマに大きいエンジンを積み込む、それが高級車の証だった。エルグランドも同様の手法で高級ミニバンをアピールし、上流層を取り込んだ。

 対して、アルファードは高級路線ながらも、引くところをしっかりと引いている。2.4Lエンジンや、エスティマからの流用部品を増やすことでコストカットをおこない、エントリーモデルの車両本体価格を下げた。大きな高級車ではなく、中流層でも手が届く上級車を作り上げたのだ。

 当時、平成不況が底を見せ、日本国内の個人消費は少しずつ回復の基調になっていた。大変な贅沢はできないが、少し背伸びができた国内経済に、アルファードの戦略はピタリとハマった形だ。あこがれの高級よりも、手が届く上級を目指したアルファードは、2代目以降も快進撃をつづけていく。

輸出不振で“日本の高級車”に成長した2代目

2代目アルファード(販売期間:2008~2015年/全長4885×全幅1840×全高1915mm)

 2008年5月、当時は対アメリカ・ヨーロッパへの輸出が減少していた時期である。輸出不調が要因か、アルファードは日本国内に軸足を置いたモデルチェンジをおこなう。親しみやすい上級ミニバンから、日本の高級車へと変わる瞬間だ。

 トヨペット店専売を決め、3.5Lエンジンのグレードを豊富に展開した。希少性を高め、高級車アルファードのイメージを強める。パワートレインには引き続き、3.5Lと2.4Lの2種類を用意するが、3.5Lをメインに据え、高級ミニバンの色を強く出してきた。

初代ヴェルファイア(販売期間:2008~2015年/全長4850×全幅1830×全高1850mm)

 対してネッツ店に投入したヴェルファイアでは、初代アルファードが作り上げた上級ミニバンの色を強めた。若者世代への訴求と、2.4Lエンジンの親しみやすさを武器に、ヴェルファイアは販売を拡大していく。

 これにより、ターゲット層の広いヴェルファイアの方がよく売れ、よりアルファードの高級感や希少性が高まる結果となった。2代目は、しっかりとしたブランドづくりをおこない、アルファードは成長を続ける。

次ページは : レクサスオーナーからも厚い支持受けるアルファード