新型車のオートライト義務化から1年! オートライトのメリットとデメリットとは


 2016年10月に、国土交通省の保安基準の改正によって、オートライトシステム(以下オートライト)装着の義務化が発表され、新型車のオートライト義務化が2020年4月1日から始まった。

 早くも新型車のオートライト義務化から1年が経つが、都内を走っていると特に西日で前が見づらくなる薄暮れ時に対向車のライトが眩しいと感じることが多くなった気がする。

 最近ではコペンやアルファードなどが一部改良でオートライト義務化対応をするなど、2021年10月から始まる継続生産車の義務化への動きもみられる。

 オートライトの機能は、周囲の明るさに合わせてライトの点灯/消灯を自動的に行ってくれるが、ここで改めてオートライトのメリット、デメリットについてモータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーweb編集部 トヨタ ダイハツ

【画像ギャラリー】LED化やオートハイビーム……最近のクルマにみるヘッドライトの進化


近づく全新車のオートライト義務化

新型車は2020年4月以降、継続生産車では2021年10月からオートライトが義務化される
ダイハツは2021年4月7日、コペンに一部改良を実施し、全車にオートライトを標準装備した

 内閣府の調査によれば薄暮時は昼間と比べて、自動車と歩行者による事故率が4倍も上回るとされ、こうした背景から2016年10月から「道路運送車両の保安基準」を一部改定して、新車販売される車両の「前照灯の自動点灯機能」、すなわちオートライトが義務付けされることになり、あわせて日中点灯し続けるデイタイムランニングランプの装着も認可されることになった。

 新型車は2020年4月以降、継続生産車(5ナンバー、3ナンバー)は2021年10月から搭載が義務化され、定員11人以上の乗用車(バス)や車両総重量3.5トン超のトラックについては、新型車が2021年4月、継続生産車が2023年10月となっている。

 従来から日本では独自の立場で、夕暮れから夜間にかけての安全性向上のためにオートライトの義務化が検討されてきた経緯があり、合わせてデイタイムランニングランプは昼間の他車や歩行者などからの視認性向上を理由に解禁されたことになる。

 LEDランプの採用などによってヘッドライトが多機能化するなかで、この保安基準の変更について改めて整理してみよう。ちなみに、保安基準変更のポイントである「オートライトの義務化」は、正確には「すれ違い用前照灯の自動点灯に関する基準の導入」ということになる。

 内容をまとめて紹介すると、「すれ違い用前照灯(ロービーム)について、以下の要件に従って、周囲の明るさ(照度)に応じ、自動的に点灯及び消灯する機能を有さなければならないこととします」とあり、「自動点灯に係る機能については、「手動による解除ができないものでなければならない」ということだ。

これまでは基準がなくオートライトの設定ひとつをとってもメーカー間に違いがあった。できるだけ早く点灯する早期点灯派の日産、BMW、メルセデスベンツ。一方、トヨタ、ホンダ、マツダ、三菱の4社はドライバーの感覚にあわせて多くのドライバーが暗いと感じるタイミングにあわせて点灯

 オートライトとして要求される機能としては、ドライバーは常にヘッドライトを点灯して走行しつつ、条件として設定されている周囲の明るさが1000ルクス未満になると自動で点灯することだ。

 なお1000ルクスを下回る時間帯とは、屋外では日没とともに周囲が暗くなり、無灯火の車両がブレーキを踏むとブレーキランプが目につき始めるタイミングといえる。

 誤解してはいけないのは、2021年10月に完全にオートライト機能が義務化されるのは、あくまで継続生産車の新車に対してであり、販売済みの車両にはこれまで通り、警察庁などが昼間でのヘッドライトの点灯を推奨している。

 加えて、輸入車に見られるデイタイムランニングランプは、日中も暗い北欧などを含むEU域で2011年以降に採用および義務化された経緯があり(夜間は使用しないという前提)、デイタイムランニングランプとしての機能の設定がすでに進んでいるので、ヘッドライトがオートライト機能を備えていなくても、デイタイムランニングランプを昼間の点灯機能として使うなど、各ブランドで対応している。

機能で変わる呼称

写真はホンダ車のウィンカーレバー。「AUTO」のポジションに合わせると、自動で前照灯の点消灯が行われ、現在の国産車は同様の仕組みを用いているオートライトがほとんどだ

 ここからはそれぞれのヘッドライト(前照灯)の機能を改めて解説しておこう。確認しておくべきなのは、ハイビームが通常使用する「走行前照灯」、ロービームが「すれ違い時前照灯」と定義されていることだ。

●デイタイムランニングランプ(昼間走行灯:DRL)
 自動車メーカーによっては、デイタイムランニングランプ、デイタイムランニングライト、デイライトなどと呼び名が定まっていないのは、先の保安基準の変更で装着が認められるまでは、日本メーカーではアクセサリー類として扱われるなど、機能が正確に認知されていなかった要因もあるのだろう。

 保安基準では「昼間に車両“前方”からの視認性を向上させるもの」とされ、フロント部分に装着される。テールランプやナンバー灯など、リア部分の灯火類は同時に点灯せず、メーターやナビ画面など室内の光量も“昼間設定”が維持される。

 DRLを装着した車両では、昼間に走行中では、ライトスイッチをAUTOに設定することで、昼間はDRLが点灯、日没やトンネルなどにより暗くなるとヘッドライトが自動的に点灯といった作動となる。

●車幅灯(フロントポジションランプ)
 車両のフロント左右両側に備わる灯火類として、夜間に自車位置を周囲に認知させるために車幅を示す機能目的で点灯する。DRLと異なり、意図的にオン/オフを切り替えられる。

●スモールランプ
 車両に保安装備として設定されている幾つかの灯火類を組み合わせて点灯させる機能。実は保安基準には未記載というのが面白く、一般的にスモールランプのスイッチをオンにすると、車幅灯とともに尾灯(テールランプ:夜間に車両の存在を後方に示すための灯火器)なども点灯するので、こうした灯火類の総称ともいえる。これも任意でオン/オフの切り替えが可能であり、点灯時にはモニター画面やメーターなどの表示も夜間用に調光される。

次ページは : スイッチング機能の各メーカーの対応