新世代キャデラックの中古が狙い目!! 威張り度はレクサス以上!?

威張り度はレクサス以上! 中古の新世代キャデラックが狙い目!!

 その昔、アメ車といえばフワフワな乗り心地で大味なドライブフィールだった。それがアメ車の持ち味でもあったが、今時のアメ車はキャデラックのATSやCTシリーズなどはドイツ車のようにしっかりした走りで満、足感の高いモノとなっている。

 ただし、アメ車だけに、ドイツ車に比べたらマイナー車。そのぶん多数派の車種よりも個性が発揮でき、さらにキャデラックはアメリカの高級ブランドだけあって国産プレミアムのレクサス以上の風格がある。そんな新世代キャデラックは中古車だと今、いくらほどで手にいれられるのか?

 気になる中古キャデラックのATS&CTシリーズを調査した。

文・写真/伊達軍曹

【画像ギャラリー】アメリカの高級車で個性を発揮!! キャデラックATS&CTシリーズはいくらで手に入る!?


■キャデラックは希少性というカッコよさがある!

高年式キャデラックの中古車は割安な価格ではないが、外観の豪華さはライバル以上といえる

 今、キャデラックがアツい……ような気がする!

 もちろんキャデラックといっても「THE アメリカン・セダン!」といった感じなユルユルの雰囲気であった昔のフリートウッド ブロアムやデビルではなく、BMWやメルセデスベンツあたり仮想敵として開発された「CTS」や「ATS」あたりの世代のことだ。

 例えばキャデラックATSというのは先代F30型BMW 3シリーズとガチでぶつかる作りおよび雰囲気で、BMW 3シリーズのグレードでいうと「320i」に近い。

 で、ATSの上の「ATS-V」というのは最高出力470psの3.6L V6ツインターボエンジンを搭載する超スポーツセダンで、こちらはBMWの先代M3セダンになんとなく近いポジションにあるクルマだ。

 で、筆者の自宅界隈(東京の世田谷区と目黒区の境目ぐらい)でF30型のBMW 3シリーズを見かけても、あまりにも数が多くて「あぁ、そうですか」以外の感想はまったく抱かないものだが(特に白)、キャデラックATSを見かけた日には思わず「うおっ!」と、変な声が出てしまうだろう。

 単純にカッコいいし、そこには「希少性」というカッコよさもあるからだ。

 まぁさすがに白の320iではなくM3セダンを見かけた場合は、少しだけ「おっ?」と思うだろうが、キャデラック ATS-Vを見かけた場合の「うおおおおおおお!」という感動と比べてしまえば、言ってはなんだが次元が違う。

■マイナーゆえに安価だとしたら……レアで安いなんて超オイシイ!!

今回取材に協力していただいた「BUBUさいたま/シボレーさいたま南」 埼玉県さいたま市南区内谷1-7-1 Tel. 048-710-6226

 そんなキャデラックの欧州車チックな高年式モデルは、欧州車愛好家にもよく売れているようだ。

 『シボレーさいたま南』の国際認定シルバーセールス、大石祐蔵さんによれば、

 「長らくアメリカ車を乗り継いでおられるお客様だけでなく、BMWやメルセデスなどからATSに乗り替えられるお客様も多いですね。クルマとしての出来が欧州勢に匹敵しているというだけでなく、その『ありがちではない』という点を大きな魅力に思っていただけているようです」とのこと。

 さもありなんである。キャデラックATSやCTSのシブくてレアなたたずまいに「おっ?」と思ったのは、筆者だけではなかったのである。

 とはいえキャデラックは、日本では比較的マイナーな存在だ。まあまあ売れてるとはいえ、中古車の流通量はBMWやメルセデスの同クラスと比べればはるかに少ない。

 だが……マイナーであるがゆえに、中古車の相場は欧州勢よりも若干お安いのではないだろうか?

 そして、それでいてオーラはBMWやメルセデスに匹敵するというか、希少性というアドバンテージを加えて考えれば「欧州勢以上!」とも言えるゆえ、これはもう注目するしかないのでは?

 ……などと考えながらキャデラックATSおよびCTSの中古車相場を調べ、それと欧州勢同クラスの相場とを比較してみることにした。

次ページは : ■キャデラック ATSの中古相場と欧州勢との比較