シルビアよりこいつが欲しかった!! 日産180SXが走り好きの支持を集めた理由は?

シルビアよりこいつが欲しかった!! 日産180SXが走り好きの支持を集めた理由は?

 1990年代に人気を集めた日産のFRスポーツ「180SX」。S13型シルビアの兄弟車で、シルビアのほうもとても人気が高かったが、ハッチバックボディでリトラクタブルヘッドライトを採用した180SXもシルビアの約1年遅れで登場。

 シルビアが幅広い層に人気があったのに対して、こちらは走るのが好きな若者を中心に人気を集め、約10年間も販売されるロングセラーモデルとなった。180SXがそこまで根強い人気を集めた理由とは?

 その魅力についてまだ大学生だった当時、実際に180SXを新車で購入した元オーナーであり、モータージャーナリストの岡本幸一郎氏が振り返る。

文/岡本幸一郎  写真/NISSAN、岡本幸一郎

【画像ギャラリー】もう作れない!?日産のリトラクタブルヘッドライト搭載スポーツカー『180SX』を写真でチェック!!


■兄弟車だがシルビアとはまったく迷わなかった!

 中古車を検索すると、あんなにあったのにめっきり少なくなったことと、シルビアともどもかなり相場が高いことに驚く。こんなことなら大事に乗っておけばよかった……!?(笑)

 筆者は大学を卒業する間際の1991年の2月、当時マイナーチェンジしてまもない180SXを新車で購入した。これから社会人になるから大丈夫だろうと、頭金をなんとか用意して月々5万円のローンを組んだ。

筆者の岡本幸一郎氏とその愛車 180SXの写真。当時、バブル期の金利の高いローンを組んで20代の若者がふつうにクルマを買っていた
筆者の岡本幸一郎氏とその愛車 180SXの写真。当時、バブル期の金利の高いローンを組んで20代の若者がふつうにクルマを買っていた

 60型セリカXXからの乗り替え。リトラ&ハッチバックが好きだった筆者は、最後までRX-7(FC3S)と本気で迷ったが、モデル末期vsマイナーチェンジ直後ということで、180SXに決めた。いくぶん後席が広かったことも理由のひとつだ。

 70スープラのターボRも考えたが価格が高いのであきらめた。当時、FC3Sや70がすでにやや古さを感じさせたのに対し、180SXのほうがモダンに見えたのも大きい。

 かたやシルビアとはまったく迷わなかった。シルビアもオシャレだしFRで好きな1台だったけれど、筆者にとっては普通のクルマというか、180SXとは別のクルマという認識だった。

 当時、自動車メディアの業界に身を置く前だった筆者にとって、自動車誌でシルビアといっしょくたに扱われたり、「主」と「従」的な扱いをされていたことには少々不満を覚えたものだ。

次ページは : ■シルビアの上位モデルに位置づけされていた180SX

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します