シルビアよりこいつが欲しかった!! 日産180SXが走り好きの支持を集めた理由は?


 1990年代に人気を集めた日産のFRスポーツ「180SX」。S13型シルビアの兄弟車で、シルビアのほうもとても人気が高かったが、ハッチバックボディでリトラクタブルヘッドライトを採用した180SXもシルビアの約1年遅れで登場。

 シルビアが幅広い層に人気があったのに対して、こちらは走るのが好きな若者を中心に人気を集め、約10年間も販売されるロングセラーモデルとなった。180SXがそこまで根強い人気を集めた理由とは?

 その魅力についてまだ大学生だった当時、実際に180SXを新車で購入した元オーナーであり、モータージャーナリストの岡本幸一郎氏が振り返る。

文/岡本幸一郎  写真/NISSAN、岡本幸一郎

【画像ギャラリー】もう作れない!?日産のリトラクタブルヘッドライト搭載スポーツカー『180SX』を写真でチェック!!


■兄弟車だがシルビアとはまったく迷わなかった!

 中古車を検索すると、あんなにあったのにめっきり少なくなったことと、シルビアともどもかなり相場が高いことに驚く。こんなことなら大事に乗っておけばよかった……!?(笑)

 筆者は大学を卒業する間際の1991年の2月、当時マイナーチェンジしてまもない180SXを新車で購入した。これから社会人になるから大丈夫だろうと、頭金をなんとか用意して月々5万円のローンを組んだ。

筆者の岡本幸一郎氏とその愛車 180SXの写真。当時、バブル期の金利の高いローンを組んで20代の若者がふつうにクルマを買っていた

 60型セリカXXからの乗り替え。リトラ&ハッチバックが好きだった筆者は、最後までRX-7(FC3S)と本気で迷ったが、モデル末期vsマイナーチェンジ直後ということで、180SXに決めた。いくぶん後席が広かったことも理由のひとつだ。

 70スープラのターボRも考えたが価格が高いのであきらめた。当時、FC3Sや70がすでにやや古さを感じさせたのに対し、180SXのほうがモダンに見えたのも大きい。

 かたやシルビアとはまったく迷わなかった。シルビアもオシャレだしFRで好きな1台だったけれど、筆者にとっては普通のクルマというか、180SXとは別のクルマという認識だった。

 当時、自動車メディアの業界に身を置く前だった筆者にとって、自動車誌でシルビアといっしょくたに扱われたり、「主」と「従」的な扱いをされていたことには少々不満を覚えたものだ。

■シルビアの上位モデルに位置づけされていた180SX

 180SXのことは、シルビアから1年遅れて1989年に初期型が日本で発売される少し前に、こういうクルマが出るらしい情報をキャッチした頃からずっと気になっていた。

1988年にデビューしたS13型『シルビア』。ターボモデルのK’sとNAモデルのQ’s、廉価版のJ’sがあり、K’sとQ’sの価格差はおよそ30万円あった
1989年にデビューした日産『180SX』RS13型。1.8LのCA18DETターボエンジンを搭載、オプション装備で四輪操舵のハイキャスが付くとKRS13型になる

 意図的に遅らせたのか、販売サイドからの要望で後から企画されたのかはわからないが、前身のS110やS12シルビア/ガゼールにもノッチバックとハッチバックがあった流れからすると不思議ではない。ただ、リトラクタブルヘッドライトが付くらしいことがわかって一気に関心が高まった。

 シルビア系の輸出モデルに由来する「SX」という専用の車名が与えられて世に現れた180SXは、機構的にはほぼ共通ながら、シルビアではエンジンが自然吸気とターボが選べたのに対し、180SXが当初はターボのみとされたのは、シルビアよりも微妙に「格上」と位置づけられていたからだという。

 175psのCA18DETを積む前期型の中古車も検討したが、買うなら赤系ともとから決めていて、前期型はエンジっぽい色だったところ、マイナーチェンジで鮮やかな「スーパーレッド」になったのにも背中を押されて、やっぱり205psのSR20DETに乗りたいという思いも強く、お金もないのに思い切って新車を買ってしまった。

 それから3年ほど乗った。ちょうど筆者が自動車メディアに身を投じた頃の愛車でもあり、所属していた媒体に愛車が登場したこともあった。

次ページは : ■失速したS14シルビアと堅調に売れた180SX

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ