ルノー 欧州ナンバーワンを記録!! ドイツ車よりもルノーが売れている理由とは?

ルノー 欧州ナンバーワンを記録!! ドイツ車よりもルノーが売れている理由とは?

 2020年の欧州販売台数でルーテシアがBセグメントのナンバー1、キャプチャーもSUVモデルナンバー1を記録した。ルノーは欧州で売れまくっている。

 しかし、日本で売れている輸入車といえば圧倒的にドイツ車だ。そのため、欧州でもそれは似たようなものなのでは? というイメージがあるが、そうではなく、フランス車のルノーが人気なのだった。

 とはいっても、日本でフランス車のルノーは販売台数からみても一部の好きな人たちのブランドという印象は今でも強い。そんなルノー車が欧州で売れている理由は何か?

文/石川真禧照 
写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ルノー『ルーテシア』とそのライバルたちを一挙公開!


■ルノーは欧州のブランド別ランキングで2位につけている!

 2021年に入って、ルノーから届いたプレスリリースによると「ルノー ルーテシアが欧州Bセグメントモデルの販売ナンバーワンになった」という。さらにSUVのキャプチャーもナンバーワンになったというニュースが入ってきた。

 ルーテシアは昨年で連続8年も販売台数でトップを獲得しているらしい。

ルーテシアは全幅1725mmのボディに1.4L直噴ターボエンジンを搭載。WLTC燃費は17.0km/Lで価格は236万9000円〜
ルーテシアは全幅1725mmのボディに1.4L直噴ターボエンジンを搭載。WLTC燃費は17.0km/Lで価格は236万9000円〜

 日本では輸入車の販売台数ベスト10といえば、ブランド別では、1位メルセデスベンツ、2位フォルクスワーゲン、3位BMW、4位アウディ、5位BMWミニとドイツ勢が続き、6位にようやくスウェーデンのボルボが入っている。ルノーは10位だ。

 一方、欧州の市場を調べてみると、EUのなかでもっとも自動車が売れているのは、やっぱりドイツ。2019年の資料だが、ドイツは年間約360万台を販売して1位。2位はイギリスだが、販売台数は約230万台、3位はフランスで190万台だった。圧倒的にドイツの市場が大きいことがわかる。

 ルノーがEUでトップセールスを達成するのにはドイツで売らなければ(売れなければ)ならないことになる。しかし、ドイツだって本国のメーカーがルノー車の競合車種を作っているはず。

 ちなみにドイツ国内での販売台数をメーカー別に分けると、1位がフォルクスワーゲン、2位にメルセデスベンツ、3位がヨーロッパフォード、4位BMW、5位アウディという順位だった。ここでもルノーという名前は出てこなかった。

欧州車名別販売台数トップはゴルフ。全幅1800mmに達し、日本市場ではコンパクトとは呼ばれないサイズだ
欧州車名別販売台数トップはゴルフ。全幅1800mmに達し、日本市場ではコンパクトとは呼ばれないサイズだ

 しかし、EUでの車名別ランキングを調べてみると新たな事実が判明した。

 EUでの車名別トップはフォルクスワーゲン ゴルフだが、2位にルノー ルーテシアが入っているのだ。3位はフォルクスワーゲン ポロ、4位フォード フェスタ、5位フォルクスワーゲン ティグアン、6位プジョー 208となっている。

 さらにブランド別でもフォルクスワーゲンは1位だが、2位にルノーが入っているのだ。

次ページは : ■ルノー車はコンパクトなクラスで強みを発揮

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ