ドライバー不足解消に期待のエース! でっかく運ぶ新型ダンプトレーラ続々登場!

■日本市場に最適化したドイツ製ダンプトレーラの最新バージョン! 上陣&ランゲンドルフ「SKS-HS 27/26-3E」

上陣が販売するドイツ・ランゲンドルフ社製ダンプトレーラ。写真の3軸モデルは最大積載量28t/連結全長 約12mのフラッグシップ。このほか最大積載量25t/連結全長 約10mの2軸モデル、最大積載量10t/全長 約7.5mの単車モデルもラインナップする
上陣が販売するドイツ・ランゲンドルフ社製ダンプトレーラ。写真の3軸モデルは最大積載量28t/連結全長 約12mのフラッグシップ。このほか最大積載量25t/連結全長 約10mの2軸モデル、最大積載量10t/全長 約7.5mの単車モデルもラインナップする

 世界的に有名なドイツ・ランゲンドルフ社製ダンプトレーラを日本国内で販売しているのが上陣だ。1996年に販売を開始し、2000年に土砂用を追加。日本市場向けのオリジナル設計を採用しているのが特徴で、現在は第4世代のダンプトレーラを販売している。

ランゲンドルフのダンプトレーラは超高張力鋼板製メインフレームに耐摩耗鋼板製ボディ、HYVA(ヒーヴァ)社製テレスコピックシリンダーを組み合わせた超軽量仕様が持ち味。最新の第4世代はGVW36t級の場合で最大積載量28000kgを誇る。

 船底型ボディはモノコック構造で、板厚や板の材質の変更などさまざまなアレンジが可能。油圧式テールゲートが標準装備で、電動スライドルーフもオプション設定される。

 足回りはBPW社製のドラムブレーキ車軸、SAFホランド社製のディスクブレーキ車軸が選択でき、どちらもエアサス・リフトアクスルなど欧州最先端の安全装備は標準装備となる。

【画像ギャラリー】通常の三倍だと!? 10tダンプ3台分に迫る最大積載量の新型ダンプトレーラーを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号