バスやタクシーはいつどう変わる? 公共交通機関と自動運転【自律自動運転の未来 第11回】


■欧州でもタクシーの自動運転車両が参加

 こうした人と機械を結ぶHMIは将来的に訪れる本格的な自動運転社会にとって重要です。自動走行を行っている自車(タクシー)が、なぜ速度を落としたのか、どうして止まっているのかなど現状を乗客に知らせることで、自動運転技術に対する信頼感が抱け、安心して乗車できるからです。

 LiDARで有名な「ヴァレオ」(フランス・パリ)からは、外界センサーにLiDARのみを用いてレベル4相当の自動走行を行う実証実験車の同乗試乗メニューが提供されました。ヴァレオのシステムもティアフォー同様に、タクシーでの運用が開発視野にあると言います。

ヴァレオの実証実験車

 LiDARとは光(レーザー光)を使ったセンサーのことです。Honda SENSING Eliteを搭載したホンダ「レジェンド」や、Advanced Driveを搭載するトヨタ「MIRAI」やレクサス「LS500h」、さらにはアウディ各モデルにも搭載されています。

 LiDARのざっくりとした特徴は、物体の形や距離を複数同時に、そして正確に認識できることにあり、空間把握が得意なセンサーともいえます。

 ちなみに、Advanced Driveが使用するLiDARは波長領域 800ナノメートル台のレーザー光を用い、広範囲(メカスキャン方式で水平角120度)かつ長距離(200m以上)まで検知します。

 おおまかにいえば、これまでのミリ波レーダーや光学式カメラが得意としてきた分野も限定的ながらLiDARがカバーできるため、システム全体としての検知能力が高まります。これが最大のメリットです。

 デメリットはセンサー単体で10万円以上と高額であることや、センシングできる点群情報の量が膨大になるため解析に手間が掛かることです。

■小型バスでは乗組員はあくまでスタンバイ要員

 一方、小型バスにおける自動運転技術の開発も進んでいます。

 同じくSIPの会場では「コンチネンタル」(ドイツ・ハノーファー)が開発したミリ波レーダーを搭載し、これを主センサーとして自動走行を行う実証実験用の小型バスに試乗しました。この小型バスは2019年に日本国内でのナンバープレートを取得しています。

 ベース車両の小型バスはイージーマイル製(フランス)の電気自動車です。これにコンチネンタルが独自で開発した自動運転向けのソフトウェアを組み込み、立ち席の乗客としても安心できるスムースな発進/停止、そしてカーブ制御を行います。

コンチネンタルの小型バス。スタイルがキュート

 今回は、お台場周辺の一般道路を10分程度、レベル4相当の自動走行を行いました。運行時は15㎞/hを最高速度として、カーブは直線部分で12~13㎞/hまで減速して横Gを抑えます。車両前後の各所に配置したミリ波レーダー(77GHz)は市販車が搭載するものと同一規格です。

 コンチネンタルの小型バスはミリ波レーダーのほかに、信号機情報や車線情報、歩行者や他車の認識に光学式カメラを用い、V2Xには無線通信技術を使用します。

 光学式カメラが強い斜光を受けて認識率が著しく低下し、さらに無線通信にトラブルが発生するなど、自動走行に必要な情報が取得できない場合には、同乗するドライバーが一時的に運転操作を行います。このドライバーはこうした緊急時のみ運転操作を行うスタンバイ要員です。

次ページは : ■自動運転バスの課題は

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ