ガバっと開きすぎて怖い…どうにかなり…ません!! クルマのドアの開く角度が調整できない事情


 あまり広くない駐車場でクルマを降りる際、クルマのドアが隣のクルマにあたって傷をつけてしまう、いわゆる「ドアパンチ」をしないよう、ドアを押さえながら身体をくねらせて降りることがあるかと思う。

 しかしながら、強風の日は風に煽られて予想以上にドアが開いてしまったり、また、お子さんが急に「バン!!」と開けてしまうなど、ドアパンチの危険は常に日常に潜んでいる。

 筆者も、なんと自分の目の前で、自身のクルマにドアパンチされてしまったことがある。大切にしているクルマにドアパンチをされると、ボディも凹むが、なにより気持ちが凹んでしまう。

 しかしそもそも、ドアがたくさん開かなければ、ドアパンチは防げる。クルマのドアの開放角度は調節できるものなのだろうか。

文:吉川賢一
写真:TOYATA、NISSAN、HONDA、SUZUKI、DAIHATSU、写真AC、Adobe Stock、エムスリープロダクション

【画像ギャラリー】後席はドアパンチの心配なし!! スライドドアが魅力の売れ筋モデル


開放角度は調節できない

 結論から言うと、クルマのドアの開放角度は調節できない。クルマのドアは、ヒンジを介してボディに取り付けられているが、最大開放角度は、ドア開閉時の節度と開度を一定に保持する「ドアチェッカー」によって規定されており、ユーザーが角度調節を容易にできないようにしている。

クルマのドアの開放角度は、ユーザーが任意に調節できないようになっている(PHOTO:写真AC_FineGraphics)

 ドアチェッカーとは、ドアを開くとすぐに見える位置にあるパーツだ。段付きの黒いアームをプレートで挟み込み、強弱の抵抗感を与えることで、ドアが2-3段階に分かれて開く「段付き開放」をするようにしている。

 ちなみに、この抵抗力の大きさによって、しっかり感や高級感を与えることもできる。また、ドアの最大解放角度を決めているストッパーが、このドアチェッカーについている。

ドアを開くとすぐに見える位置にあるドアチェッカー。段付きの黒いアームをプレートで挟み込み、強弱の抵抗感を与えることで、ドアが2-3段階に分かれて開く「段付き開放」をする

 ドアの最大解放角度は、自動車メーカーのエンジニアが、ドアの操作感などを、緻密な設計をして決めている。そのため設定されている最大解放角度だけを変えてしまうと、「最大解放位置でドアの保持が出来ない」や、「操作力が極端に重たくなる(逆に軽くなる)」など、色々な不都合が懸念される。

 もしも、最大解放角度を変えるならば、閉じ力や段付き開放を再設計して、ドアチェッカーごと変える必要があるのだ。

 そのため、万が一、ユーザーが自分で、他のドアチェッカーと交換するなどしてしまうと、最大解放角度は調節できても、操作力がめちゃくちゃになってしまうことにつながってしまう。小さくて地味な部品だが、設計段階で十分考慮されていることは、覚えておいてほしい。

ユーザーが自分で、他のドアチェッカーと交換するなどしてしまうと、最大解放角度は調節できても、操作力がめちゃくちゃになってしまうことにつながってしまう(PHOTO:AdobeStock_pathdoc)

余話「どこでも止まるドア」

 実は、このドアパンチを防ぐことができる、興味深い発明がある。それが「どこでも止まるドア」だ。「どこでもドア」を文字ったようなネーミングだが、実際に特許案件として出ている発明だ。

 インナー側、アウター側のドアに設けた機構により、ドアハンドルを握っている間、ドアは引っ掛かりがなくシームレスに開くが、ドアハンドルから手を離すと、そこで開放角がストップする。

 筆者は、この現物サンプル品を試したことがある。ドアの開放を止めたい場所でドアハンドルから手を離すと、しっかりとその場所で止めることができるのだが、ドアを開閉するときにはドアハンドルを常に握っていないとならない。

 通常クルマから降りる際、ドアハンドルを握ってドアをすこし開けた後は、ハンドルから手を離し、ドアハンドルをちょっとだけ押して、段付いて止まる位置を探ると思うが、それができないのだ。また、段付きの反力がないことで、「どの位置でドアが止まるのかが分からず、「不安感」があった。

 当然、そうした課題を解決するアイディアも出ているのだろうが、この「どこでも止まるドア」が世に出てはいないことを考えると、「それほどメリットがない」ということなのだろう。

次ページは : 強風の際は「窓を開ける」のがお薦め