クルマの燃費が2割変わる!? エコタイヤの「超進化」 10年で激変した性能と位置づけ


 ここ10年で劇的に進化!? クルマ全体の燃費のうち寄与率は実に2割以上ともいわれるタイヤの燃費性能がいま、大きく進化しています。

 特に直近10年間で進化した、低燃費タイヤの驚くべき性能とは?

文/斎藤聡 写真/YOKOHAMA、編集部

【画像ギャラリー】輸入車モデル別首位を獲得したMINIの特別仕様車「MINI Clubman Savile Row Edition」をみる


10年で大きく変わった低燃費タイヤの位置づけと進化

省燃費性能タイヤの開発は、1990年代から各メーカーで開始され、2010年代に大きく進化。写真のブルーアース(ヨコハマ)やエコピア(ブリヂストン)などのブランドが登場し、各社がしのぎを削る

 最近のタイヤは省燃費性能が大きく取り上げられています。いま世界的にもCO2削減が叫ばれていて、自動車もCO2低減=燃費性能アップに注目が集まっています。

 タイヤの転がり抵抗とグリップ性能がトレードオフの関係にあるというのはよく知られています。つまり、転がり抵抗を少なくするとグリップ性能が低くなって操縦安定性を悪化させてしまうということです。

 クルマの操縦安定性を確保する観点から、転がり抵抗の少ないタイヤの開発は、10年くらい前まではそれほど積極的におこなわれていませんでした。けれどもクルマのパワーユニットの改良だけでは燃費性能の向上にも限界があるため、転がり抵抗の少ないタイヤの開発に注目が集まるようになってきました。

 そして、トレードオフの関係にあるとされていた低転がり抵抗とグリップ性能をかなり高いレベルで両立できるようになってきたのです。

 これは結局のところ「低燃費性能」がタイヤの性能として注目されるようになってきたことで、低燃費タイヤの開発に予算が割けるようになった、ということなんです。

横浜ゴムでは、1998年にECOタイヤ DNAの販売から開始、2010年より“環境+人に優しい”をコンセプトに開発されたBluEarthが登場した

 以前からミシュランのグリーンタイヤシリーズやヨコハマタイヤのDNAシリーズなど低燃費性能を売りにしたタイヤが作られていたように、タイヤメーカーも、低燃費タイヤの研究をおこなっていたのです。

 それが2008年に開催され、CO2問題を大きく取り上げた洞爺湖サミットが大きなきっかけになって低燃費タイヤというカテゴリーが作られることになったのです。

客観的な認定制度でタイヤの燃費性能がハッキリわかるように

2010年、タイヤラベリング制度開始され、転がり抵抗がAAA~CでA以上、転がり抵抗がa~dの範囲にあるものが低燃費タイヤと定義して表示することが許可されている

 具体的には低燃費性能とウェットグリップを表示することで、タイヤの性能を表示するタイヤラベリング制度が始まりました。ちなみに、現在では消費者庁が定める「景品表示法に基づく公正競争規則」によって表示内容の正確さは厳しく規制されています。

 国産タイヤメーカーと主要輸入タイヤメーカーのほとんどがタイヤラベリング制度に参加し、テストを受けてグレーディング表示を行っています。新品タイヤのトレッドに貼ってある低燃費タイヤのラベルです。

 この表示は厳密なテストによって、同銘柄のタイヤであってもすべてのサイズをテストし等級分け(グレーディング)されることになっています。

 等級は、転がり抵抗はAAA~Cに、ウェットグリップはa~dに分類されています。このうち転がり抵抗がA以上で、転がり抵抗がa~dの範囲にあるものを「低燃費タイヤ」と定義して表記することが許されています。

 では実際に、転がり抵抗が少なくなるとどのくらいクルマの燃費はよくなるのでしょう。

次ページは : タイヤを替えるだけで燃費が4%改善する