ベンツAクラス 実質的な輸入車ナンバーワン!! 売れている理由とは?

実質的な輸入車ナンバーワン! ベンツAクラスが売れている理由は?

 JAIAが発表した2020年度外国メーカー車モデル別新規登録台数で、昨年度から2つ順位を上げてベンツAクラスが2位へとランクアップした。

 1位はミニだが、ミニは全モデル合計、つまりBMWミニブランド全体の台数と基本的に同数になっているので、実質的なモデル別新規登録台数の輸入車ナンバーワンは「Aクラス」といっていいだろう。

 最近、ベンツAクラスが売れている。その理由はどこにあるのか? 石川真禧照氏は次のように分析する。

文/石川真禧照  写真/Daimler AG、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ローワイド&スポーティに進化! 販売絶好調の輸入コンパクト ベンツAクラスをギャラリーでチェック!!


■今年度の登録台数が2位へジャンプアップしたベンツAクラス

2018年10月に発表、受注開始したベンツAクラス。BMWミニに次いで2020年度の輸入車登録台数ランキング2位と大躍進を遂げた。価格は362万~807万円

 2020年度(2020年4月~2021年3月)の外国メーカー車モデル別新車登録台数順位を調べてみると、1位はBMWミニ(2万836台)で、5年連続のトップ。2位はメルセデスベンツAクラス(8723台)で、2019年度の4位からジャンプアップした。

 BMWミニとトップの座を長年、争っていたVWゴルフは、ニューモデルの端境期だったこともあり6位にランクダウンした。

 1位BMWミニは、3ドア/5ドア/コンバーチブルのグループと、クロスオーバー/クラブマンのプレミアムグループが一緒になってのほぼミニブランド全体の登録台数。2位のAクラスもハッチバックとセダンがあるが、基本的に同一シャーシのモデル。

 ということは、単一モデルでの実質的なナンバー1はメルセデスベンツAクラス、という見方もできる。

 Aクラスは2018年度はランキング13位だった。それが2018年のフルチェンジで現行モデルになり、2019年度では4位まで順位を上げ、2020年度はさらに上昇してきたのだ。

■Aクラス大躍進までの系譜

Aクラスの歴史は1997年の初代登場にまでさかのぼる。床下にバッテリ-などを搭載するEV/FCVの生産計画もあったため二重フロアが採用され、全高は1600mmと高く設計された
2004年登場の2代目も初代のトールボディを踏襲した

 Aクラスが売れている理由はどこにあるのか探ってみた。

 Aクラスは1997年に同社としてははじめてのスモールサイズカーとして販売された。そのスタイルは全高が1600mmと高くワゴン車のようだった。全高だけでなく、フロアも高かった。

 これは、もともとAクラスは床下にバッテリーや水素タンクを搭載する新世代のタウンカーとして設計、開発された、という経緯があるからだ。しかし、設備やインフラの関係で電気自動車や燃料電池車は正式な販売はされなかった。

 そこでフロアが高いままのモデルがAクラスとして市販された。FFレイアウトで背の高いAクラスは、2004年登場の2代目にも踏襲された。日本でもコンパクトなメルセデスということで、人気モデルになり、販売ランキングでも同社のなかで上位に入っていた。

 大きく変わったのは2013年からの3代目。FF方式は継続したが、全高は1400mmになり、スタイリングもロングルーフの2ボックスになった。2018年に登場した現行の4代目もこの路線をキープして登場した。

 この4代目が現在のAクラス人気のベースになっている。

 人気の理由はバリエーションの多さだ。といってもボディバリエーションは2ボックスのほかには、コンパクトクラスでは珍しくトランクスペースが独立した3ボックスセダンを追加しているのがひとつのポイント。上級モデルからのダウンサイジングユーザーが小型のセダンに注目したのだ。

 パワーユニットは、4気筒1.4Lガソリンターボ、2Lディーゼルターボ、2Lガソリンターボだが、エコな小排気量ターボやクリーンなディーゼル、ハイパワーな2Lガソリンターボと多彩。ビギナーからクルマ好きまで対応している。

次ページは : ■ライバル車よりも一歩先を行く先進安全装備が魅力