GT-R50 世界限定50台 価格1億円超!! 120馬力アップの実力は本物か?

GT-R50 世界限定50台 価格1億円超!! 120馬力アップの実力は本物か?

 至高の性能を持つR35GT-Rが、イタルデザインとのコラボレーションを経て、さらなる高みに到達した。

 究極ともいえるGT-Rの走りを、今明らかにする。

※本稿は2021年4月のものです
文/y.kimura/kimura-office 写真/NISSAN
初出:『ベストカー』 2021年5月10日号

【画像ギャラリー】全33枚 Nissan GT-R50 by Italdesignの画像をもっと見る


■最高出力720p、最大トルク780Nm すべての動きがソリッド&ダイレクト!

 GT-R50はイタルデザインの提案によってまとまったコラボレーション、すなわち50台限定のスペシャルモデルであった。

 しかし、このプロジェクトは深刻な新型コロナ感染拡大に伴って生産計画は大幅に遅延。今回ようやく量産体制が整い、試乗の案内が届いた。

Nissan GT-R50 by Italdesign。全長×全幅×全高は4784×1992×1316mm、ホイールベースは2780mm、総排気量3799cc、最高出力は720ps
Nissan GT-R50 by Italdesign。全長×全幅×全高は4784×1992×1316mm、ホイールベースは2780mm、総排気量3799cc、最高出力は720ps

 エンジンは量産モデルと共通の3.8LのV6だが、インタークーラーを含むツインターボシステム、そしてピストン、コンロッド、さらにはクランクまでが主にGT3マシンから移植され、イタル社内のエンジン・ソフトウエア・スペシャリストが新しくプログラムを行う。

 その結果、最高出力はスタンダードの600psから720ps、最大トルクも652Nmから780Nmへと向上している。

 前置きが長くなったが、いよいよ本来はホモロゲーション用の量産試作モデルだった試乗車が渡された。

ベースモデルの雰囲気は残しつつもカーボンパーツの多用で、より特別な外観に
ベースモデルの雰囲気は残しつつもカーボンパーツの多用で、より特別な外観に

 残念ながらクローズド・サーキットの使用はできず、主に公道でのテストになった。

 5cmも低くなったルーフを気にしながらスポーツシートに4点式シートベルトで締め上げられると、天地の狭まった前方の景色はまるでレーシングカーである。

 インテリアはほぼすべてアルカンターラとカーボンのトリムでオリジナルの安っぽさは消えている。

アルカンターラとカーボンが奢られ、価格に見合う質感とされたコックピットまわり。マルチファンクションディスプレイなどは不変
アルカンターラとカーボンが奢られ、価格に見合う質感とされたコックピットまわり。マルチファンクションディスプレイなどは不変

 ただし残念なのはインフォテイメントのOSは基本的には15年近く前のもので操作や反応の早さ、そして情報量にはかぎりがある。

次ページは : ■予想を超えた人気も納得できる超絶高性能 しかしそれに浸り切れない部分も

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ