ミツオカ ロックスターの中古車価格が高騰中!まさかの800万円超えも!!?


 2018年12月に創業50周年を迎えた光岡自動車から200台限定で発売されたオープンカー『ロックスター』の価格が高騰しているという。新車価格で約500万円と高額ではあったが、4カ月ほどで完売したロックスター。

 手に入れられなかった人向けに、ミツオカが公式に中古車を希望する人向けに発信もしている状況だが、中古車市場ではプレミア価格が付き、最高値は800万円超えという車両も登場しているらしい。

 なぜここまで高騰しているのか? そのワケと、今後このプレミア価格は下がってくることはあるのか? など取材・レポートしていきたい。

文/伊達軍曹
写真/MITSUOKA、編集部

【画像ギャラリー】部屋に飾っておきたい美しさ! ミツオカ『ロックスター』を写真でチェック!!


■コルベットC2をオマージュして制作されたミツオカ『ロックスター』

 英国のタブロイド紙『ザ・サン』が報じたところによれば、偉大なロックスターであるザ・ローリング・ストーンズのギャラは、ライブ1回あたり約4億7000万円に上るという。

 日本でいう東スポに相当するザ・サンが流した情報の信頼性はさておき、そしてローリング・ストーンズのこともさておき、日本のロックスターの相場もかなり上がっている。

 光岡自動車が創業50周年を記念して200台限定で発売したミツオカ『ロックスター』の中古車相場が約800万円に達しているのだ。

 ミツオカ『ロックスター』は、前述のとおり光岡自動車の創業50周年を記念して作られ、2018年11月29日に200台限定で注文受け付けが開始された2座式のオープンスポーツ。ベースとなった車両は現行型マツダ『ロードスター』で、そこに2代目シボレー『コルベット(いわゆるC2)』を思わせるオリジナルデザインのボディを載せた記念モデルである。

NDロードスターをベースにC2型コルベットをモチーフに製作されたミツオカ『ロックスター』。60sアメリカンスポーツカーをうまく再現したニューレトロデザインが新鮮
1963年のデビューしたC2型コルベット スティングレイ。車名のスティングレイはアカエイを意味し、フェンダーの盛上りからエイのひれを連想させる

 パワートレーンはロードスターゆずりの「スカイアクティブG 1.5」+6MTまたは6速ATという組み合わせで、最高出力は132ps。

 ホワイトレター入りタイヤなどを備えたエクステリアは、前述のとおり往年のシボレー コルベットのオマージュで、リトラクタブルライトがポップアップしそうな造形ではあるが、実際のヘッドライトはバンパーの上に備わった小さなLED球だ。

エンジンはロードスターと同じSKYACTIVーG1.5(132ps/15.5kgm)で6ATと6MTを設定
デザイナーの青木孝憲氏が特にこだわったのがフロントマスク。本当はつけたくなかったというヘッドライトを目立たなくして、顔の印象をボンネットとフェンダーにした

 200台限定で注文受け付けとなったこの車の新車価格は「S(6MTのみ)」が469万8000円で、「Sスペシャルパッケージ」が498万4200円(MT)/518万4000円(6速AT)だったが、これが発売から4カ月で見事完売となってしまったのだ。

 しかし完売となったあとも「やっぱりロックスターが欲しい!」との声は収まらず、その結果として中古車相場が高騰してしまった――というのが、さしあたっての現状である。

■「限定200台」の希少性プレミアムはこのクルマの価値である

 で、ここで議題としたいのは「なぜロックスターの相場はここまで高騰しているのか?」ということと、「今後このプレミアム価格は下がっていくのだろうか?」という2点だ。

 まず最初の「なぜここまで高騰しているのか?」という疑問について。

 これはもう非情に簡単というかシンプルな話で、「カッコよくて魅力的なのに、台数はきわめて少ない」ということで、市場原理の働きによって相場が上がっているのだ。

 C2コルベットの模倣にすぎない――と斬って捨てることもできるミツオカ『ロックスター』だが、それでもやはりこの全体の造形は上手にまとまっており、「模倣でもなんでもいいからコレが欲しい!」と考える人の心に火を点ける力はある、なかなか素敵なデザインだとは言える。

 また、それでいてメカの部分はマツダの現行型ロードスターであるため、本物のC2コルベットと違って故障の泥沼にハマるリスクはきわめて低い。それゆえ、ミツオカ『ロックスター』は(ある種の層にとっては)きわめて魅力的なのだ。

 だが、そのようにカッコよくて魅力的なのに、販売台数はきわめて少ない。

 総数でもわずか200台であり、しかもその200台は一気に生産され、一気にデリバリーされたわけでもない。2019年にまずは50台、そして2020年と2021年にそれぞれ75台ずつ製造され、注文した人にゆっくりデリバリーされていく――というのが、小規模メーカーである光岡自動車が採った方策であり、またそうせざるを得ないのが、小規模メーカーというものである。

 そしてその「限定200台」という枠は、今後も拡大されることがない。

2018年11月29日に都内で『ロックスター』の発表会が行われた時の様子。光岡自動車は「限定生産」を価値と考え増産はしないと断言した

 これは筆者が光岡自動車の担当者から直接聞いたことだが、ミツオカは「注文が殺到しているからといって、ロックスターを200台以上作ることは絶対にありません。お客様は『200台限定』という部分にも価値を感じてご注文していただいたわけです。それなのに『売れたから、やっぱりもっといっぱい作ります』とやってしまったら、それはもうお客様に対する裏切りです。それゆえ、弊社がロックスターを予定数以上に製造することは“絶対に”ありません」と断言している。

 この「限定性」も、ロックスターという商品の相場を押し上げている大きな要因なのだ。

次ページは : ■短期的・中期的なロックスターの中古相場を予測する