当時のトップドライバーが多数出演&協力!! カーレース映画の元祖『グラン・プリ』を観る!!

当時のトップドライバーが多数出演&協力!! カーレース映画の元祖『グラン・プリ』を観る!!

 本格的なカーレース映画の元祖といわれているのが、1966年に公開されたF1映画『グラン・プリ』だ。当時の名ドライバー、例えばフィル・ヒルやヨッヘン・リントが撮影に協力し、さらには作品中に登場している。

 今回はフランケンハイマー監督のレースに対する情熱が実現したこの歴史的な映画をご紹介しよう!

文/渡辺麻紀、写真/ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

【画像ギャラリー】レースごとに違うタッチの映像にも注目!! 映画『グラン・プリ』を観る


■コースごとにタッチを変える圧巻のレースシーン

レーサーたちを取り巻く人間模様がF1グランプリを中心に描かれる

 これまでこのコラムでも数本のカーレース映画を紹介してきたが、そのオリジンとも言える作品が今回取り上げるジョン・フランケンハイマー監督のシネラマ大作『グラン・プリ』(66)。

 本作以前にもカーレースが登場するような映画は作られていたとはいえ、「本格的」と断言できるのはこれが初めて。もっと言うなら、この後のカーレース映画のほとんどは本作を参考にしていると言ってもいいほどだ。

 物語はF1レースに参加するドライバーやその家族、恋人、オーナー等が織りなす群像劇。その中心になるのはBRMチームから日本のヤムラ・モーターズに移籍したアメリカ人ドライバー、アロン(ジェームズ・ガーナ―)と、フェラーリチームのエース、フランス人ドライバーのサルティ(イヴ・モンタン)。

 彼らを取り巻く人間模様が、モナコ・グランプリを皮切りにモンツァのイタリア・グランプリまで描かれる。

 正直、人間ドラマに新しさはないのだが、やっぱりというかさすがと言うか、レースシーンが圧倒的に素晴らしい。モナコ・グランプリから幕を開け、その後、フランス、ベルギー、オランダ、イギリス、イタリア等、6回のレースが描かれるのだが、それぞれちゃんとタッチを変えている。

 モナコでは音楽をつけず、俯瞰&至近距離から疾走する車を追いかけハードかつリアル、フランスでは音楽をつけ、サーキット周辺の草花や観客を捉えてリリカル。

 そして、オランダではスプリットスクリーン(マルチスクリーン/画面をふたつ以上に分割した表現方法)を多用してスタイリッシュにキメるというふうに、同じように車が疾走しているのにまるで印象がちがってくるのだ。

 しかも、デジタル全盛のこの時代に観ても、速さや重さ、事故シーンも見事に再現して昨今のレース映画に引けをとらないクオリティ。これは本当に凄い。

■センス溢れるオープニングシーンには当時のトップドライバーが協力

サーキットを駆け抜けるF1マシン。バンクのついたコーナーが今となっては新鮮だ

 また、本作のオープニングはレース開始直前のピットインの緊張と興奮を、人々の表情、車のボルトやタイヤ等をスプリットスクリーンで収めた驚くほどクールなデザインで、『GRAND PRIX』のタイトルロゴはマフラーの穴の部分に浮かび上がる。

 これを手掛けたのはヒッチコックの『サイコ』や『北北西に進路を取れ!』等で知られるタイトル・デザイナーのソウル・バス。いかに映画のオープニングが重要なのか、最初に知らしめてくれたその分野の大ベテランだ。

 その彼がスプリットスクリーンを採用したのは本作が初めて。実は本作、このスプリットスクリーンという表現を映画で最初に使用した作品としても知られている。

 バスは本作ではオープニングのデザインのみならず全体的なヴィジュアルコンサルタントとしてもクレジットされていて、レースによって表現が変わったのは、彼のずば抜けたセンスのおかげだと言われている。

 ちなみに、このオープニングの最初に登場するのはレーサーに扮した役者たちではなく、フィル・ヒルやヨッヘン・リントら、モナコ・グランプリに参加したリアル・レーサーたち。スクリーンに緊張感がみなぎっているのも当然なのだ。

次ページは : ■フランケンハイマーの地道な努力が実った名作

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ