部品代安そうなのになぜ? コンパクトカーにボンネットダンパーが採用されないホントの理由


 エンジンフードを開けたとき、油圧で「すーっ」と開いてくれる「ボンネットダンパー」。ボンネットステー(鉄の棒)を使うこと無く、ボンネットを開けた状態を保持できるので、見栄えも作業性も良い。国産の高級車には当たり前につくようになったが、国産コンパクトカーではほとんど採用されていない。

 もちろん、「コストがかかるから」ということはあるだろうが、これひとつつけるだけならそれほどかからないのでは?? とも思える。ボンネットダンパーがコンパクトカーに採用されていかないのはなぜだろうか。

文/吉川賢一、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ダンパーで保持する……ステーで保持する……あなたの愛車のボンネットの開け方は!?


■メンテンナンスフリーとするため

NSXはボンネットダンパーを採用している

 一般のユーザーがエンジンフードを開ける機会は少ないかもしれないが、クルマに興味がある方や、自動車関連の仕事をされている方であれば、エンジンフードを開けることは日常的にあるだろう。

 筆者も常日頃、様々なクルマに乗せていただくため、必ずエンジンフードを開けて、エンジン周辺や、車体構造を、じろじろと見て回る。

 欧州系の高級車メーカーのDセグメント(BMW3シリーズ、メルセデスCクラス、アウディA4など)以上のサイズのクルマだと、ほとんどがボンネットダンパーを備えている。

 また国産車でも、クラウンやレクサス、フーガ、スカイラインなど、いわゆる「高級車」といわれるようなクルマは、大抵、ボンネットダンパーを備えている。

 なぜなら、こうした高級車系のエンジンフードは大きく、そして重たい(特にスチール製の場合)。昨今は軽量化のためにアルミ製エンジンフードの採用が増えてきており、質量は軽くはなっているが、それでも重たいエンジンフードを開け閉めするのは、作業性が悪い。

 一方、国産・輸入車問わず、コンパクトカーのほとんどは、ボンネットステーを採用している。その理由は、エンジンフードが前出の高級車系と比べて小さく、スチール製であっても比較的軽いことと、コスト削減。そして、最も大きな理由が、消耗による交換費用の削減だ。

■ボンネットダンパーはヘタるが、ボンネットステーはヘタらない

高級ミニバンのアルファードでさえもボンネットダンパーは採用されないなど価格帯に関わらず例外もある

 ボンネットダンパーのようにガスが封入されたダンパー(ガススプリングとも呼ぶ)は、放っておいても徐々にガスが抜けていくため、必ずヘタりが生じる。

 しかも、ボンネットダンパーの場合、リアのハッチゲート用のダンパーと違い、エンジンルーム内にあるため、走行中のエンジンの熱によって、高温環境にある。エンジン停止後には自然冷却されるなど、過酷な状況にさらされているため、劣化が早い。

 ダンパーがヘタるまでの期間は、クルマの使用状況やシリンダーの太さや長さ、メーカー(シール部材が異なる)などによって様々だが、10年、15年も経つと、エンジンフードが上まで上がり切らなくなる。

 新品交換にはそれなりの費用(工賃込で1~2万円程度)がかかるが、ユーザーとしては、普段あまりメリットを享受できないボンネットダンパーなんかに、「余計な出費したくない」と考えるだろう。

 その点、ボンネットステーだと、スチール製の棒自体が錆びたり、折れたりすることは稀だ(ボンネットステーを引っかけるプラスチックパーツが摩耗、劣化する場合はあるが)。そうしたことから、値段にシビアになるコンパクトカーでは、生涯メンテナンスフリーになるボンネットステーが使われるのだ。

 ボンネットステーを使わないことで浮いた予算は、必ず、「別のアイテム」へ回している。「コスト削減=利益追求=悪い」と捉えないでほしい。浮いた予算は、必ずどこか魅力的なアイテムの採用に使われている。

 クルマを造る側からいえば、できれば「魅力的な装備はてんこ盛りしたい」というのが本音であり、それらを予算とクルマの個性とを照らし合わせ、「優先度が低い」と思われるアイテムを泣く泣く削っていく、というのがホントのところだ。

 「消耗後の交換費を極力発生させない」ため、そして、「少しでも価値のあるアイテムへ予算を回す」ため、設計者は必ずこのふたつをよく考えている。コスト削減は必ず、「ユーザーへの価値還元」していることは、覚えておいてほしい。

次ページは : ■<余話>ダンパーには向きがある

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ