これぞ“一台両得“の万能選手!? 走りと実用性を兼ね備えた優駿車 4選

これぞ“一台両得“の万能選手!? 走りと実用性を兼ね備えた優駿車 4選

 クルマ好きにとって何台も愛車が持てるのなら、「走りの良いスポーツモデル」、「スペースユーティリティの高いミニバン」、「ファッション性とオフロードを楽しめるSUV」、「乗り心地快適のセダン」とまぁ夢は膨らむのだった。

 しかし、実際に所有できるのは普通1台だろう。ということで本稿では、1台で走りと実用性のバランス度をチェックしてみようという企画なのである。

 そこでジャンルを「ホットハッチ」、「クーペ」、「セダン」、「ワゴン」の4種類のくくりの中からベストモデルをチョイスして解説してみようと思う。

文/松田秀士 写真/LEXUS、奥隅圭之、BMW、SUBARU

【画像ギャラリー】ひと粒で2度おいしい!! 走りと実用性を兼ね備えた優秀モデルたち


■ホットハッチの走りと実用性が高次元なのは?

メガーヌR.S./全長×全幅×全高:4410×1875×1465mm、エンジン:直4ターボ1798cc、最高出力:300ps/6000rpm、最大トルク:42.8kgm/3200rpm、価格:464万円

 まずはホットハッチから。ノミネートしたのは以下の5台だ。

・スズキ スイフトスポーツ
・トヨタ GRヤリス

・ルノー メガーヌR.S.
・VW ポロGTI
・BMW M135i

 スイフトスポーツ、良いよね! まず安い。コストパフォーマンスだけ考えれば筆頭株。乗り心地も良い。が、もう少しエンジンにパンチがあれば。

 GRヤリスも刺激的だが2ドアの実用性が。

 メガーヌR.S.はエンジンもトロフィーと同じ300ps仕様にアップデートされ、走りも良い。ポロGTIは、実用度はあるよね。迷うが。BMW M135iはホントに走りも実用性も高い。値段も高い! 641万円です。

 で、最終的にM135iとメガーヌR.S.のどちらか? ということに。軍配はメガーヌにしました。M135iは2.0Lターボで306ps/450Nmという出力&トルクに対してメガーヌは1.8Lターボで300ps/420Nm。パワーはほぼ同じ。

 トランスミッションはメガーヌR.S.が6速DCT、M135iは8速ATで4WD。

 メガーヌR.S.はFFだが後輪も操舵する4コントロールを採用している。これにより最小回転半径は5.2mでFFとは思えないほど小回りが利く。先日のマイチェンでACCも標準装備された。しかも価格は464万円とM135iよりお得感高し。ということでメガーヌR.S.をチョイスしたい。

 まず注目の4コントロールだが、60km/h以下のコーナリングでは後輪が前輪とは逆方向に最大2.7度切れる。これによって小回りが利くのだ。さらにタイトターンではステアリングを大きく切り込まずに気持ち良く曲がる。60km/h以上ではフロントタイヤと同じ方向の同位相に最大1.0度切れる。

 つまり、タイトコーナーではリアの振出しを大きくして(決して滑るレベルではない)フロントの切れ込みをヘルプし、中高速コーナーではリアを安定させコーナリングスピードを上げているのだ。さらに、これによってリアの安定性が増すのでサスペンションのバネレートを柔らかく設定でき、乗り心地が良い。

 もうひとつ、HCCというラリーの技術からキャリーオーバーされたセカンダリーダンパーを内蔵したダンパーを採用しているのでバンプストップラバーに頼らない、乗り心地も含め深いロール角でも操舵がリニアに効くのだ。

■後席の居住性も悪くない高性能クーペは?

BMW M4 クーペ/全長×全幅×全高:4805×1885×1395mm、エンジン:直6ツインターボ2992cc、最高出力:480ps/6250rpm、最大トルク:56.1kgm/2650〜6130rpm、価格:1298万円

 続いてクーペのノミネートモデルは、

・レクサスRC F
・GT-R
・BMW M4クーペ

 この3台、クーペゆえに2ドアモデル。RC Fは自然吸気の5.0L V8エンジンを搭載している。ターボエンジン全盛のなか、自然吸気の大排気量エンジンでV8のマルチシリンダー。自然吸気でマルチシリンダーは減速時にエンジンブレーキの効きが良く、コーナーターンインでのシャープなハンドリングが魅力。

 しかし、GT-Rの超高速域でのスタビリティと4WDによるコーナーコントロール性も魅力だ。しかもGT-Rは乗り心地も良い。だがしかし、先日フルモデルチェンジしたBMW M4に試乗してその魅力の虜になってしまった。

 ツインターボの3.0L直6エンジンは高回転域まで一気に、しかもスムーズでストレスなく回る。480ps/550Nmのパワーで中低速もドライブしやすいので市街地でもスムーズ。これはトランスミッションがAT(8速)になったことにも起因する。ちなみにコンペティションモデルは510ps/650Nmだ。

 4ドアモデルのM3と同じプラットフォームなので後席の居住性も悪くない。また4シリーズとも共通ボディだからトランクスペースもしっかり確保されている。超高級ではないがインテリアの質感はさすがにドイツ車だ。またADAS(運転支援)機能も進化していて高速道路でのACC+LKAによるアシストも最新版だ。

次ページは : ■セダンのベストは“ある条件”付き!?