マツダ ユーノス プレッソの7年間 5ch体制だからこそ生まれ得た個性派! 【偉大な生産終了車】

■悪名高きマツダ「国内5チャンネル構想」しかしそこからこそ生まれ得たプレッソ

 今見てもなかなか素晴らしいエクステリアデザインであると思えるユーノス プレッソが、鳴かず飛ばずの1代限りで終わってしまった理由。

 それは、ありきたりの話で恐縮ですが「バブルのせい」ということになるのでしょう。

 そもそも、ユーノス プレッソという車が誕生した背景にも「バブル」がありました。

 プレッソは、前述した1980年代末期からのマツダの「国内5チャンネル構想」があったからこそ生まれた車です。

 そしてプレスが困難な形状のリアゲートや、非常に高額なコストがかかる「リアの巨大な三次曲面ガラス」を躊躇なく採用できたのも、言わばバブルのおかげです(しかしエクステリアに予算をかけた分だけ、インテリアにかける予算がなくなったそうですが)。

エクステリアに予算をかけた反動か、「チープ」との評価を免れなかった内装(写真は欧州仕様のMX-3)
エクステリアに予算をかけた反動か、「チープ」との評価を免れなかった内装(写真は欧州仕様のMX-3)

 しかしその半面、当時のマツダの体力からすると無理があった国内5チャネル体制は、バブルとともにその「無理」が祟るようになってきました。

 ほぼ「車名が違うだけの水増しモデル」が乱発されたことで1台ごとのキャラクターは曖昧になり、前述のとおり姉妹車の1.5L 直4エンジンをプレッソにも積んだことで、そのキャラクターはさらに曖昧になっていったのです。

 そして世の中に不景気風が吹き始め、その後に絶望的なリアル不景気がやってくれば、ある意味「趣味の品」でしかないスペシャルティクーペというのは、真っ先にユーザーの購入検討対象から外れていきます。

 また、最高出力うんぬんではなく「4気筒とは明確に異なる上質な走りを提供したい」という意図で採用された新開発の1.8L V6エンジンが、「V6のくせに馬力が足りない」的な、見当違いの批判を受けてしまったのも、ユーノス プレッソの悲劇だったかもしれません。

搭載されたエンジンは前述の通り当初1.8L、V型6気筒のみだったが、発売からほどなく経った1993年に姉妹車であるAZ-3に搭載されていた1.5L 直4エンジンが追加されている
搭載されたエンジンは前述の通り当初1.8L、V型6気筒のみだったが、発売からほどなく経った1993年に姉妹車であるAZ-3に搭載されていた1.5L 直4エンジンが追加されている

 まぁ仮にそういった批判や「5チャネル体制」がなかったとしても、その後のスペシャルティクーペというジャンル自体の凋落は避けられなかったはず。

 そのため、「ユーノス プレッソは生産終了になるべくしてなっただけ」というのが、シンプルな結論なのかもしれません。

 しかしこの秀逸なエクステリアデザインは、1代限りでとっとと消滅させるには惜しい逸品だったと――2021年の今でも思うのです。

■ユーノス プレッソ主要諸元
・全長×全幅×全高:4215mm×1695mm×1310mm
・ホイールベース:2455mm
・車重:1100kg
・エンジン:V型6気筒DOHC、1844cc
・最高出力:140ps/7000rpm
・最大トルク:16.0kgm/5500rpm
・燃費:11.2km/L(10・15モード)
・価格:186万円(1991年式 Hi-X 5MT)

【画像ギャラリー】流麗なエクステリアに注目! マツダ ユーノス プレッソをギャラリーで見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!