SUV人気のなか、なぜセダンが自動車教習所で採用され続けるのか?


 国内のセダンの販売台数は、SUV人気に押され年々厳しいものになっているが、こと教習車となると、マツダの『マツダ2』もそうだが、わざわざ海外生産のセダンを教習車にして販売しているくらい、セダン推しとなっている。

 SUVが人気で、セダンの乗る人が少なくなった中で、変わらずセダンが教習車として採用され続ける理由とは何なのか? そのナゾについて考察していきたい。

文/高根英幸
写真/MAZDA、TOYOTA、HONDA、Audi、Adobe Stock

【画像ギャラリー】世間の人気は郷愁漂うセダン。でも教習車は絶対にセダン!最新教習車コレクション


■現在教習車仕様として販売されているクルマは、セダン3車のみ

 筆者の自宅の周辺は道路環境が比較的整っており、近くの教習所以外の教習車もよく見かけるが、最近はほとんどがマツダの『アクセラセダン』だ。なぜアクセラなのかと言えば、まずはMTとATの両方が揃っているセダンが少ないことが、大きな理由だろう。今や普通免許用の教習車として販売されているのはトヨタ『カローラアクシオ』とマツダ『MAZDA2セダン』、ホンダ『グレイス』の3車種だけなのだ。

国産車で教習車仕様を販売しているのは3車種のみ。ただし、ホンダグレイスは既にベース車両の販売は終了しており、いつまで継続販売されるのか不透明である

 希望者は少ないとはいえ、AT限定免許のためだけに車両を設定する訳にはいかない。そうなると、MTとATでは同じ車種で教習をした方が、生徒には車両感覚が掴みやすくて、上達も速い。そう考えるとたとえ一般ユーザーへのMT車の販売比率は少なくても、教習車用にMT車を用意するのは、なかなかいい戦略なのではないだろうか。

 だが今はSUVが圧倒的に人気があり、免許取得後にSUVを購入したり、家族のクルマとしてSUVを運転する機会が多いハズだから、最初からSUVで運転の練習をしたほうが上達が速くて安全なのでは? そう思う人もいることだろう。

 実は教習車として使用できるクルマには制限がある。道路交通法で普通免許を取得する際に使用する教習車は車体の大きさが定められている。それは乗車定員5人以上の普通自動車(小型乗用車を含む)で、全長4400mm以上、全幅1690mm以上、ホイールベース2500mm以上およびトレッド1300mm以上となっているのだ。

教習所内を走る場合、様々なコースでの車両感覚の取りやすさや見切りの良さは大変重要。実際に視認しながら感覚を養っていく用途を考えると、教習車の選択肢は限られる(Josiah.S@Adobe Stock)

 しかしSUVでも車高が高いだけで、この数値自体はクリアしているクルマも多い。それなら使えるのではないか、と思うかもしれないが、教習の都合でSUVはあまり適さないのである。

■運転教習車としてセダンが優れているからこそ、教習所からも支持されている

 教習車としてセダンは優れた点が多いことが、まずはセダンが選ばれる理由だろう。低いボンネット高に低いシート高は、乗り降りしやすく、ボディの見切りや目の前の路面も見やすい。

 SUVでは既存の施設では見切りが悪いことが、運転を難しくしてしまう。一般道などと違い建物やガードレールなどがないS字カーブやクランクは、背の高いSUVでは路面の形状が掴みにくいのである。

今人気のSUVは意外に全長が短く、CセグのSUVすら教習車の条件を満たしていない場合もある。また着座位置がセダンにくらべて高く、路面状況の把握という点では不利になる

 ならばハッチバックや軽自動車で練習したい、という人もいるのではないだろうか。それは先の道交法で決まっている車体の大きさを満たさない可能性がある。それば昭和35年に定められた規格が古すぎるのが悪いのであって、それだけが問題なら改正すればいい、と思うかもしれないが、意外とそれは簡単なことではない。

 もし教習車が軽自動車やハッチバックだと、縦列駐車やクランクなどがだいぶ簡単になる。それは免許の取得基準が甘くなるということにもなるし、危険で不平等なことだ。もっとも昔は軽自動車限定の免許もあったのだから、今のように軽自動車の販売台数が乗用車の大半を占めるようなら、軽自動車限定の免許があってもよいかもしれない。

 ともかく教習車の場合、ドライバーからリアエンドまではある程度の距離を必要とするのだ。そして前方の見切りのよさなどを考えると、やはりほぼ5ナンバーサイズのセダンしか選択肢はないのである。

 そして「これまでと変わらぬ運転評価ができる」というのも教習所で運転を教える教官にとっては重要なことだろう。クルマの仕様が大きく変わってしまうと、これまでと同じ評価では運転の技術レベルが判断しにくくなる。

 各段階での運転評価の見極めを長年の経験で行なってきた教官にとっては、それはかなりの負担になり、現場は混乱することになるのだ。

 以上は教習する上での問題点だ。さらに教習所の都合というものも、当然考慮しなければならない。

次ページは : ■教習用の装備や耐久性を向上させた、教習車仕様をメーカーが用意