【レクサス、リーフ、NSXら13台で検証】 国内と海外の評価を比べてみた!!


 昨今のSUVブームは、日本における「5ナンバーサイズ信仰」の破壊をもたらし、自動車メーカーは同一モデルをより世界中で販売しやすくなったわけだが、そうなると気になるのが、

 日本で高評価のモデルはやっぱり海外でも高評価なのだろうか? ということ。

 クルマは同じとなれば、評価の差は販売される国に住むユーザーの価値観の差ということになるはず。

 というわけで、日本、米国、欧州(主にフランス)における評価の差を検証していきたい。意外なクルマが高評価だったりして……。

 ※本記事は2017年6月時点のものです。

 文・写真:ベストカー編集部
国内評価:片岡英明、北米評価:桃田健史、欧州評価:フランス自動車誌『L’Automobile』
初出:ベストカー2017年6月26日号


TOYOTA C-HR(2017年4月の国内販売台数/1万3160台)

C-HR

 日本での評価…87点

 滑り出し好調だ。4月には2位に3000台の差をつけて販売トップになった。目立つデザインだし、クルマの出来もいいので当然か。

 北米での評価…80点

 日本では大人気だが、アメリカでは「ごく普通の新車」といった受け取られ方。デザイン的には米トヨタのデザインスタジオ、キャルティっぽさが強いので、アメリカ人好みではある。

 だが、ギトギト系なので、近年のヒュンダイやKIAっぽい印象を持って敬遠するアメリカンもいる。

 市場の関心は、いまだにコンパクトよりもミッドサイズやフルサイズのSUVに向いていることもあり、日本のように新車効果で一気に売れまくるというイメージではない。

 欧州での評価…60点

 日本車ばなれしたスタイリッシュなデザインもさることながら、ダッシュボードのプラスチックの質感も非常によいと思う。

 またシャシーもヨーロッパのクルマのような雰囲気を持っていて、ニュルブルクリンクでのテストが行われた事実を感じることができる。性能的には一種の望ましいSUVの形といえると思う。

 しかし大幅減点は高価な価格と、プリウスなどよりもハイブリッドが洗練されていないこと。逆にいえばそれを克服できればかなりの高評価につながるはずだ。

  • ・日本仕様エンジン…1.2L 直4DOHCターボ(116ps /18.9kgm)、1.8Lハイブリッド(システム122ps)
  • ・北米仕様エンジン…2L 直4DOHC(146ps/19.2kgm)のみ。タイヤはオールシーズンタイプを使用
  • ・欧州仕様エンジン…1.2L 直4ターボ(116ps)、1.8Lハイブリッド(122㎰)、2L 直4NA(148ps)

TOYOTA プリウス/プリウスPHV(2017年4月の国内販売台数/7940台)

プリウス

 日本での評価…80点

 プラットフォームを一新し、燃費だけでなく走りの実力を大幅に高めた。ファミリーカーとしての性能は高いが、人気は先代におよばない。

 北米での評価…85点

 アメリカではガソリン価格とハイブリッド車の販売台数の動向は同期する。よって、ガソリン価格が安定している最近、ハイブリッド車の王道であるプリウスの販売は伸びない。アメリカでのプリウスはコスパ第一のクルマなのだ。

 それを見越してプリウスプライム(PHV)は価格を日本より低く抑えており、さらに販売奨励金があるため「プリウスより安い」というコスパで、売れゆきがいい。

 欧州での評価…75点

 ハイブリッドカーの元祖として進化を続けてきたプリウスだが、第4世代のプリウスはこれまでよりもクルマの性能として、乗り味などは落ち着いた感じを受ける。

 ハイブリッド性能には文句はないのだが、印象として燃費や効率の追求が目につく。それがクルマのキャラクターだというのは理解できるが、市街地から一歩でも郊外に出たらそこにドライビングプレジャーはないに等しいのは残念だ。

  • ・日本仕様エンジン…1.8L 直4DOHC+モーターのハイブリッドシステム(システム出力122ps)
  • ・北米仕様エンジン…1.8L 直4DOHC+モーターのハイブリッドシステム(システム出力122ps)
  • ・欧州仕様エンジン…1.8L 直4DOHC+モーターのハイブリッドシステム(システム出力122ps)

次ページは : TOYOTA 86(2017年4月の国内販売台数/553台)