車のオートエアコン その効能と上手なカーエアコンの使い方


 夏場に欠かせない車の装備といえばエアコンだ。その主流は自動で車内温度を調整してくれる「オートエアコン」だが、商用車などを除いて最近とんと見なくなったダイヤル式のマニュアルエアコンに比べてメリットはある? そして、エアコンの使用による燃費への影響は?

 夏本番の今、車内では特に熱中症や脱水症状に陥りやすいため、積極的にエアコンを使いたい。また、体調によっても熱中症等になりやすい場合もあるので、充分にエアコンを効かせることも重要になってくる。

文:永田恵一/写真:編集部、DAIHATSU


オートエアコンは絶対か、その長所と短所

今や写真のようなマニュアルエアコンは商用車や低価格車の下位グレードを除き少数派となったが、より高価なオートエアコンにする必然性はある?
今や写真のようなマニュアルエアコンは商用車や低価格車の下位グレードを除き少数派となったが、より高価なオートエアコンにする必然性はある?

 ここ10年くらいの車であれば、乗用車のエアコンは軽自動車を含め廉価グレード以外は、家庭用エアコンと同じように、好みの温度を設定すれば一定に保ってくれるオートエアコンが主流。温度と風量&風向を自分で調整するマニュアルエアコンは少数派となっている。

 オートエアコンは、調整の頻度が少なくて済む(推奨できることではないが、車内でエアコンを入れながら仮眠する時などには有難い)、価格帯の高い車になれば運転席と助手席の温度を別に設定できる、操作パネルがカッコいいといったメリットを持つ。

 しかし、昔ながらのマニュアルエアコンも以下のような捨てがたいメリットを持っている。

・オートエアコンで25℃ほどの無難な温度に設定しても、体調や服装などで数値的な温度はともかくとして快適に感じなければ調整が必要になり、マニュアルエアコンと比べても操作頻度は意外に変わらないこともある

・マニュアルエアコンの方が微妙な調整ができて有難い時がある(例えるならデジタルに0.1刻みで周波数を調整するラジオより、昔ながらのダイヤル式で周波数を決めるラジオの方が微妙な調整ができて音の入りがいい時があるのと同様)

・価格が安い

 これらを総合すると、スポーツモデルなどはグレードによってエアコンの種類が決まってしまうケースが多く、室内が広いミニバンなどではオートエアコンのメリットの方が大きいにせよ、総合的に判断してマニュアルエアコンを選ぶというのも決して悪くない選択と言える。

外気導入と内気循環、夏場こそ使い分けが重要

写真のように、外気導入と内気循環は手動で切り替えらるが、使い分けの
写真のように、外気導入と内気循環は手動で切り替えらるが、この使い分けは特に夏場などで重要になってくる

 車のエアコン、というより空調は外気を車内に入れる外気導入と内気循環を切り替えられる。その使い分け方としては以下のようなケースが挙げられる。

◆外気導入

・空気が綺麗な郊外などで外気を取り入れたい時
・空気の入れ替えをしたい時
・後述するデフロストとも関連するが、窓が曇ってしまう時

◆内気循環

・トンネルや先行車が古いディーゼル車など、汚い空気が車内に入ってくるのを遮断したい時
・夏場に駐車した後など、アツアツになった車内を素早く冷やしたい時

 また、マメ知識としては、

・高級車になると外気導入と内気循環もオートになるクルマもある
・現代のほとんどの車にはエアコンのフィルターが付いており、花粉の時期には特に役立つ。ただ、オイルフィルターやエアクリーナーのような消耗品なので、たまには確認して汚れているような交換が必要

といったことも覚えておくとよい。

次ページは : “曇り取り”は使えないケースも!?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ