日産の次期エースなるか? GT300王座戴冠もコツコツ進むのみ! 奮闘する藤波清斗の現状と今後

日産の次期エースなるか? GT300王座戴冠もコツコツ進むのみ! 奮闘する藤波清斗の現状と今後

 2021年も開幕戦から白熱した戦いが繰り広げられている国内モータースポーツ。その中でも若手ドライバーの活躍が各カテゴリーで見られ、各陣営でも“世代交代”の波が少しずつ訪れようとしている感がある。

 ホンダでは、大湯都史樹や福住仁嶺、牧野任祐の活躍が目覚ましく、トヨタでは坪井翔や宮田莉朋、阪口晴南が上位に顔を出してきているという印象だ。

 もちろん日産勢にも将来を背負って立ちそうなドライバーがいる。それ2020年のGT300王者である藤波清斗だ。

文/吉田知弘、写真/塩川雅人

【画像ギャラリー】国内モータースポーツの将来を背負って立つか!? 日産の若きホープ藤波清斗


■スーパーGTそしてスーパー耐久とカテゴリーをまたいで活躍

今シーズンはオリベイラと組んで56号車リアライズ日産自動車大学校GT-RでGT300クラスに参戦する藤波清斗。第1戦岡山では優勝を飾った

 今シーズンもスーパーGTはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラと組んで56号車リアライズ日産自動車大学校GT-RでGT300クラスに参戦。第1戦岡山では運も味方につけて優勝を飾る幸先の良いスタートを切った。

 またスーパー耐久ではST-Xクラスの81号車DAISHIN GT3 GT-Rからフル参戦している。

 今年からプラチナドライバー区分となり、チーム内でも重要なポジションとなったのだが、第1戦もてぎ、第2戦SUGOともにチームを引っ張るような素晴らしい走りを披露。第3戦富士24時間では自身3度目となる総合優勝を成し遂げた。

今でこそどのカテゴリーにおいても安定したパフォーマンスを披露している藤波選手だが、そのキャリアは決して順風満帆ではなかった

 今では「GT-RのGT3車両といえば、藤波清斗」と言っても過言ではないくらい、どのカテゴリーにおいても安定したパフォーマンスを披露しているのだが、そのキャリアを振り返ると、決して順風満帆とは言えないものだった。

 藤波はカートでの実績が評価されてニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム(NDDP)の一員に選ばれるが、そこで結果を残すことができず育成メンバーから外れてしまう。その後はスーパー耐久でシートを獲得して活躍するが、そこでも失敗の連続。一時は“もう後がない”というところまでいった。

■過去の失敗から学び、GT300王者へ

スーパー耐久でも力を発揮する藤波選手。2018、2019、2021年と三度のシリーズチャンピオンに輝いている

 そこで、過去の失敗を振り返り、改善点を見出した藤波。着々と力を発揮するようになっていった。特に印象深かったのは2018年の富士24時間レース。1人で合計10時間30分もの走行時間を担当したのだが、それまでの彼にあったようなミスは全くと言っていいほどなく、チームの総合優勝に貢献した。

 その流れで2018年のシリーズタイトル獲得に貢献すると、翌年の富士24時間も連覇し、ST-Xクラスも2年連続の王座を手にした。

 この活躍が認められ、2020年にGT300クラスの56号車のシートを獲得。シーズン後半に2勝を挙げる快進撃を見せ、見事GT300王者となった。

スーパー耐久での活躍からGT300クラス56号車のシートを獲得。見事GT300王者となった

 一躍脚光を浴びることとなった藤波だが、2021シーズンはさらなる進化をみせている。今まであった速さに力強さが加わり、スーパーGTではレースの流れを作る上で重要な前半スティントでライバルにプレッシャーをかける走りをみせている。

 第1戦岡山では1周目でポジションを上げ、接近戦となったトップ争いで遅れをとることなく先行するライバルに食らいついていった。これがピットストップでの逆転を可能にした要因のひとつでもあった。

 第2戦富士でも60kgのサクセスウェイトを背負い、劣勢の展開にはなったのだが、その中でもポイントを獲得しようと粘り強いドラビングを披露。7位入賞を果たし、ランキング首位を守った。

次ページは : ■GT500クラス進出へむけて2021年は結果にこだわる