薄っぺらすぎ!? 低扁平タイヤなぜ増えた? きっかけの名車とその意義


車の安全を足元から支える重要部品ながら、一見すると同じようにみえるタイヤ。実は、時代とともに大きく変貌を遂げていて、最近、特に一般化したのが低扁平と呼ばれる薄っぺらいタイヤだ。

写真のシビックタイプRも「245/30 R20」という非常に薄いサイズのタイヤを履く。245はタイヤの幅、30は扁平率、R20はタイヤのインチを表わし、タイヤを横から見た時の「薄さ」に関わるのは扁平率の数値。この値が低ければ低いほどタイヤの側面は薄くなる。

今や、普通の大衆車でも、かつてのスポーツカーと同等の薄っぺらいタイヤを履く時代。低扁平タイヤ普及のきっかけとなったのは、1台のポルシェに搭載されたタイヤだった。

文:鈴木直也/写真:編集部、MAZDA、DAIHATSU


薄っぺらタイヤはあのポルシェから始まった!

ポルシェ911の2代目として1974年に発売した930型。当時としては低扁平の55タイヤを採用。1989年まで販売が続けられた
ポルシェ911の2代目として1974年に発売した930型。当時としては低扁平の55タイヤを採用。1989年まで販売が続けられた

最近は軽自動車でも165/55 R15なんていうタイヤを履いていて、50%くらいの扁平率はあたりまえになった。

あらためてこういった事例を見ると、ぼくのような旧世代のクルマ好きは隔世の感を新たにする。

超扁平タイヤの元祖といえば、言わずと知れたピレリ P7だ。

このタイヤは、ポルシェが930ターボを開発する時、その専用タイヤとして造られたものだが、フロント205/55 ZR16、リア225/50 ZR16というサイズ。

いまなら、プリウスだってグレードによっては215/45 R17を装着しているのに、昔は「あの」ポルシェ930ターボが225/50だったのだ!

もっとも、ピレリ P7が生まれた1970年台半ば、高性能タイヤでも扁平率は70%が基本だった。当時の代表的スーパーカーであるフェラーリ・デイトナ(215/70 VR15)やランボルギーニ・ミウラ(205/70 VR15)でも、足元はミシュラン XWXやピレリ CN36の70扁平タイヤ。P7登場以前は、スーパーカーといえどもタイヤはそんなサイズが常識だったのだ。

もちろん、これは国産車でも同じで、この頃デビューした初代RX-7やセリカXXが履いていたのは、ミシュランXVSの70扁平。今の感覚からすると、信じられないくらいしょぼいタイヤで頑張っていたのである。

鮮烈だった低扁平タイヤの高性能

930型ポルシェ911と同時代、1978年に初代サバンナRX-7が純正装着したのは185/70 HR13というタイヤ。
930型ポルシェ911と同時代、1978年に発売された初代サバンナRX-7は185/70 HR13タイヤを装着。現代では、なんとミライースと同じ扁平率だ

そんな状況で突然現れたピレリ P7の凄さは、いまでもぼくの記憶に鮮烈だ。

ぼくが初めてピレリ P7を本格的に試したのは、ポルシェ924ターボ VS RX-7という対決企画。筑波サーキットでこの2台を乗り比べた時のことだ。

まず驚いたのは、ブレーキングポイントの違いだ。ミシュラン XVS(185/70 R13)を履くRX-7でギリギリまで攻めたブレーキングポイントを、ピレリ P7(205/55 R16)は余裕で通過して奥まで突っ込める。

しかも、ブレーキング時のスタビリティも雲泥の差で、荷重の抜けた後輪が接地性を失って激しいスキール音とともにテールスライドするRX-7に対し、924ターボはピタッと地面に張り付いたような安定感をキープ。そこからのコーナリング、立ち上がり加速でも、ずんずんその差を広げてゆくのだ。

もちろん、車の違いもあるのだけれど、「これが50タイヤの威力か!」と、目からうろこがポロポロこぼれたのをよく覚えている。

次ページは : なぜ昔は普及しなかった? 低扁平タイヤの長短