2期連続赤字の日産は立ち直れるのか!? その起死回生のカギになる新車は?


■新型エクストレイルへの期待

 日産としては、「リーフ」「アリア」で培った、電動化関連技術を新世代e-POWERとして各種モデルに横展開することが、黒字化に向けた新商品の中核になることは明らかだ。

 「キックス」、「ノート」ときて、日本でこれから期待が高まるのはもちろん「エクストレイル」だ。

2021年4月19日に上海モーターショーで発表された新型『エクストレイル』。日本発売は2022年か?

 アメリカでは「ローグ」として先行発売され、2021年1~3月期の販売台数は北米日産ブランド17モデルのうち最も多い8万6720台を記録した。これは、北米日産ブランド全体で32%を占める主力製品だ。

 またアメリカでの日産といえば、前世代のローグを含めて車歴が長いことで販売店向けのインセンティブ(販売奨励金)が高く、実質的な叩き売りで販売台数を稼いでいたが、こうした負の連鎖を断ち切ったことを日産幹部は決算発表で公表している。

 そのため、新型ローグによる日産本社の収益性も大幅に改善する方向に向かっている。

 こうした北米でのローグ成功を受けて、日本でも新型エクストレイル登場を待ち望んでいる販売店とユーザーが多い。

 注目されるパワートレインについては、上海ショー2021で発表された、いわゆるe-POWERターボへの期待が高まる。また、三菱自動車工業とのアライアンスから次期アウトランダーとPHEVユニットを共有化するモデルがe-POWERターボと併売される可能性がある。

 エクストレイル(およびローグ)は日本を含めてグローバルで売上額が最も高い日産モデルとなることは明らかであり、日産の3期連続赤字回避のためにも、日本市場で今期中の可能な限り早い段階で発売する必要がある。

 アリアを新技術のシンボルとし、さらにエクストレイル(ローグ)を販売の中核に置いたうえで、日産ブランド全体を牽引するのは新型「フェアレディZ」となることが明白だ。量産型ワールドプレミアは、2021年8月17日の米ニューヨークショーが確定している。

 また、来期以降の日本市場向けにはセレナの進化を期待するのは当然だが、ミニバン全体で見れば商用車NV350のキャンプ・トランスポーター向けマーケティング戦略「車中HACK」を発展させた形を次期エルグランドに取り入れるようなサプライズを期待したいところだ。 

写真は現行型エルグランド。次期型は新たな要素を取り入れた新世代ミニバンへの発展に期待したい

【画像ギャラリー】日産ブランドの復活を頼んだぞ内田誠CEO!!「NISSAN NEXT」のクルマを写真でチェック!!